twitterアカウントでログイン

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格500円(税込)
カテゴリー ビジネス・教育・社会 ビジネス , 学習・研究 作者 大倉朗寛
価格 500円(税込)
タグ 生活文化産業最新動向方向性ハードウェアソフトウェア新たな視点衣食住知働集国内展開海外展開永続展開ケーススタディコモン・センス宮城気仙沼アメリカイギリス奈良環境人財日本経済再生脳内ホルモン神経伝達物質地域活性化担い手農林漁業地域プロデューサー地域リーダー
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

14 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 35ページ (Web閲覧)
45ページ (PDF)
試し読み:4ページ
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
 2011年4月に京都市内で開講した市民大学院(文化政策・まちづくり大学校)の生活文化産業学の
講義録/2012年度版です。わが国の基幹産業の一つとして見直されつつある生活文化産業について
理解を深めて頂けるように作成しました。いま私たちは、仕事や生活の便利さではなく、心の豊かさが
実感できて安心して生活できるような社会をつくってゆかなければならないと考えています。
そのために必要な視点や考え方についてまとめました。

 「農林漁業で成長戦略が本当に描けるのか?」
 「各地域に固有の生活文化から本当に仕事が起こせるのか?」
 「新たな産業を創造して一人ひとりが本当に幸せになれるのか?」

 そういった疑問に自信をもって応えられるような内容となっています。この内容を読んで頂き、
市民大学院・生活文化産業学の講義を聞いて頂ければ、新たな産業と、わが国の将来について
より明確なイメージを描けるようになることでしょう。

 引き続き、2013年度も月2回(第1・3木曜日)に京都市内で講義を開催させて頂いております。
その内容についてホームページやフェイスブック上に掲載し、新たな通信教育システムとして整備
しています。気軽にコメントや質問などを返信してもらえれば幸いです。よろしくお願いいたします。

1.はじめに
2.生活文化産業におけるハードウェア
3.生活文化産業におけるソフトウェア
4.生活文化産業の国内展開
5.生活文化産業の海外展開
6.生活文化産業の永続展開
7.各地域におけるケーススタディ
8.ケーススタディ1/宮城・気仙沼での取り組み
9.ケーススタディ2/アメリカでの取り組み
10. ケーススタディ3/イギリスでの取り組み
11. ケーススタディ4/奈良での取り組み
12.地域を再生する「コモン・センス(より高次な共通認識)」
13.まとめ

この本には試し読みが 4 ページあります

試し読みを開く

旧バージョンで読みたい方はこちら 

パブーのおすすめ

この本を開く

tovo が発行するポストカードサイズの小さなフリーペーパーです。311以降の青森県に住むごくごく普...

この本を開く

日々の中で、人はさまざまな想いをいたします。しかし、想いは想いでそのままにしておけば、初冬の風に吹か...

この本を開く

青年海外協力隊、モザンビークボランティア隊員による機関紙3号です。

この本を開く

平成時代に台湾に住んでいたからこそ縁があって知り合えた人たちによる文集です。皆さんから台湾に対する思...

この本を開く

1971年から1990年までの20年間にテレビ放映された日本の特撮ヒーロー番組に登場する「悪の組織」...

もっとみる