閉じる


序章

サクサクと、枯れ葉の上を歩く足音だけが聞こえる。
静けさに包まれた森の中、凛と研ぎ澄まされた空気が、肌に突き刺さる。

とある寒い早朝。
何だか寝付けず朝になってしまい、ルギはアジトの周りを、トレーニングがてら散歩していた。

だいぶ見慣れてきた山道。
アジト近くの、吸い込まれそうな湖。
初めて来た時とは、全然違う風景が目に入る。

四季―を目の当たりに感じたのは、人生で初めてだった。
木が眠り、水が凍り、動物達の姿が消える―。
冬が来たのだと、改めて感じた。

吐いた息が、襟巻きの隙間から白くこぼれた。
ふと見上げると、遠い灰色の空から、ちらほらと、白いものが舞い降りてきた。

「雪…」

ルギが盗賊団に来てから、1ヶ月半が、過ぎようとしていた。


最初にアジトに来た時。
打倒ネオス―それしか考えていなかった。
単身で乗り込んで来て、頭領との一騎打ちを受け入れてもらえなければ、通常なら団員によって制裁を受けていたのだろう。
後で思い返せば、無茶な行為だったと、改めて思う。

しかし、最初の一騎打ちに敗北し、団員としての残留を命じられた後は、ネオスを倒すために―と、自分の力を向上させる訓練や依頼、仕事は積極的にこなした。
その後…だんだんと、自分の気持ちや、アジトの団員達の態度に疑問が生じてきた。

団員は、最初は「頭領を倒しに来た」というルギに対してぎこちなかった。
しかし、毎日を共に生活しているうちに、気さくに接してくるようになってきた。
顔を見れば挨拶をし、食事もみんなでとり、訓練や仕事中も、指導や助言、サポートを行ってくれた。
ルギは、団員と馴れ合う気など、さらさらなかった―なのに、なぜか回りはやたらと世話を焼いてくる。
それが、今までに経験したことのないことだったので、なんだか居心地が悪かった。

ネオスは、ルギには自分から特に接触しようとはせず、訓練等の報告だけを受けていた。
食事の時は、ダイニングで顔を合わせることもあったが、ネオスは他の団員たちと談笑し、いたって普段どおりだった。
そんな毎日を送っているうちに、このままでいいのだろうか、という疑問が、ルギの胸の中に沸いて来た。

……俺は、本当にネオスを倒せれば満足なのか…?
……そして、もし倒せたら、その後どうするんだ…?

立ち止まって雪を見上げながら、そんなことを思う。
曇天の雲を見上げ、ハァ、と息を吐く。
白い吐息が、空に昇っていった。

そして、思い出す。
愛しい、大切な妹。
ネオスが来た夜に見せた、最初で最後の、日の光がこぼれ落ちるような笑顔。


……もし、ネオスを倒したら、お前は笑ってくれるのか…?
……もし、あのときに薬が間に合っていたら…、その後病気が治ったら…。

…お前は、笑ってくれたのか…?


いくら考えても答えが出ない。
そんな葛藤に押し潰されそうになり、ルギは俯き、硬く目を閉じた。

「…ユイリ…」

最終更新日 : 2013-04-21 03:23:49

« 前の章