目次
MUGA 第6号
目次
例外者たちの詩     那智タケシ
季節の詩     rita
「人間には、自分で自分を治す力がある」 菊地久幸×那智タケシ
世界中の人に自慢したいよ~忌野清志郎のうた
《無我的観照》第2回 『白痴』(ドストエフスキー著)から読み解く現代のキリスト像
アラスカ便り―北の果てに暮らす日々―
★編集後記
MUGA 第7号
目次
『例外者たちの詩』  那智タケシ
『季節の詩』  rita
歌うも舞うも法の声~「AKB48」に寄せて
《無我的観照第3回》 霊的女優・イレーヌ・ジャコブ論
アラスカ便り―北の果てに暮らす日々―
★編集後記
MUGA 第8号
目次
『例外者たちの詩』  那智タケシ
『季節の詩』    rita
編集会議 「AKBは無我的か否か」
川の流れのように~秋元康にみる「無我的表現」
アラスカ便り―北の果てに暮らす日々― 
★編集後記
MUGA 第9号
目次
例外者たちの詩     那智タケシ
『季節の詩』    rita
「何もしない時間の大切さ」 菊地クミユキ
無我表現としてのAKB前田敦子
無我的観照第4回 『マイネームイズハーン』に見る愚直な愛の表現
アラスカ便り―北の果てに暮らす日々― 
★編集後記
MUGA 第10号
目次
『例外者たちの詩』  那智タケシ
『季節の詩』     rita
「土も人間も健康にする内城菌の力」 瀧 芳人(ヤマイチシステムプロデュース代表)
AKB48仲谷明香『非選抜アイドル』にみる無我表現
アラスカ便り―北の果てに暮らす日々―
★編集後記
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

27 / 38ページ

無我表現としてのAKB前田敦子

無我表現としてのAKB前田敦子

 

            高橋ヒロヤス(翻訳家)

 

 

※ 毎回AKBのことばかりで申し訳ありません。ほかに今のこの国で(海外でも構いませんが)無我表現を実践し、かつ大衆に支持されている人(グループ)がいたら教えて下さい。

 

ご存じのとおり、2012年3月25日に前田敦子はAKB48を卒業することを発表した。このことについては後ほど触れるとして、3月25日以前の段階で書いた文章をいったん公表させていただきたい。

 

(以下貼り付け 註:3月25日以前の段階で書いた文章)

 

いまや押しも押されもしないAKBの「顔」であるといってよい前田敦子だが、さて彼女が一体どういう人物なのか、については「よくわからない」という人が多いのではないか。

 

たとえば、とっても男前なリーダーである高橋みなみの魅力は分かりやすい。2トップのもう一人である大島優子は、元気で機転がきいて演技がうまくて万人受けする資質を持っている。他の主要メンバー、篠田麻里子、小嶋陽菜、秋元才加、柏木由紀、渡辺麻友、板野友美、峯岸みなみ、指原莉乃、横山由依といった人たちも、それぞれにアイドル的、モデル的、トークが面白い、ひたむきに真面目等の分かりやすい魅力を持っている。もちろんわかったような気にさせられているというだけかもしれないが。

 

ところが、前田敦子だけは、何が彼女の魅力なのか、はっきりと指摘するのは意外と難しい。「スター性がある」とか「オーラがある」とかいうだけでは何も言っていることにならない。「ミステリアスな部分が魅力」というのは、要するに良く分からないと言っているだけだ。

 

本人曰く、「『何を考えているのかよくわからない』と4年間一緒にいるメンバーからもよく言われる」というくらいだから、前田敦子は確かによく言えば「ミステリアス」、もっと率直に言えば「よくわからない」存在といえるだろう。

 

「そういう時(よくわからないと言われる時)って、何か考えているんですか?」との問いに対して前田は、「何も考えてないのかもしれないです、もしかしたら(笑)。私は何も考えないでいっちゃうタイプなんですよ」と答えている。

 

確かによくわからない。なんで彼女がセンターなのか。何を考えているのか。やる気があるのかないのか。かわいいのかそうでないのか(おいおい)。とはいえ、魅力があるのかないのか、と問われれば、魅力的だろう。彼女を見ていて僕がなぜか連想するのは、若い頃のブリジット・バルドーで、人工的でない一種野性的な魅力がある。14歳で公演デビューして間もないころの彼女にそういう素質を感じ取り、センターに起用したスタッフ(秋元康)にはやはり見る目があると言わざるを得ない。

 

それから個人的に、前田敦子が従来のアイドルとまったく違うな、と感じたのは、彼女の「目」だ。彼女は、これまでのアイドルにはありえないような、醒めた目をしているときがある。それは虚空を見つめているかのような、目を開けたまま瞑想しているかのような目であり、彼女がしばしば「何を考えているのかわからない」と言われる理由になるのがその虚ろなまなざしである。

 

AKBは舞台裏でもしばしばカメラが回っているので、メンバーのオフショットの素顔がよく撮られる。カメラ目線ではない素のアイドルの顔は、もちろん決していつもにっこりしているわけではないし、決して愛想がいいわけではない。しかし、そんな中でも、前田敦子のような表情をしているメンバーはほかにいない。単に無愛想というのではない、何か一人だけ別次元にいるような感じがする。

 

僕はAKB自体が広い意味での無我表現であり「空っぽの器からの表現」だと思っているが、その中心に位置する前田敦子はその「空」の体現者といえるかもしれない。

誰かが彼女を「空っぽの絶対的エース」と評したのを見たときは、なるほどと思った。

 

(以下新聞記事(スポニチ)の引用)

 

AKB48の原点である東京・秋葉原のAKB48劇場が8日(2011年12月8日)にオープン6周年を迎える。劇場支配人・戸賀崎智信氏(38)に、この6年の軌跡をセンター・前田敦子(20)に焦点を絞って尋ねた。

 

 「前田は凄く暗かった」。

 

戸賀崎氏は2005年10月のオーディションを思い返す。

 

 「歌い終わった前田は暗かったが、質問されて最後にニコッと笑った顔が凄く可愛かった。その笑顔はみんなをキュンとさせるものだった。審査員の間で“暗いけれど最後の笑顔が凄かったね”という話になった。前田が通過した理由はそれだけだった」

 

 06年4月の劇場公演で総合プロデューサーの秋元康氏(55)は前田のソロ歌唱がある曲「渚のCHERRY」を作った。劇場オープンから約4カ月たって客足も伸び始めていたが、メンバーが多いため「誰が誰だか分からない」との声が上がっており、観客の目を引く存在が必要だった。

 

 芸能界を志す人なら誰でもスターに憧れるはずだ。AKB48の中にも、できるだけ目立ちたいと思うメンバーは少なくない。だが、前田は当初、自らのスター化計画に拒絶反応を示した。

 

 「もともと前田はソロで歌いたいと思ってなかった。人と違うことをするのを怖がるタイプだった。“渚のCHERRY”は一人だけ黄色い衣装を着て歌うが“なぜ私が一人で歌わなくちゃいけないの!?”とレコーディングスタジオに閉じこもってしまうほどだった」

 

 「秋元さんは前田が最もセンターっぽくないからセンターにしたのだろう。大島優子の魅力は分かりやすいが、前田はみんなが謎だと思う。握手会でも“あっちゃんは省エネ”と言われるが、それでも人気がある。イヌとネコに例えるならばネコのような存在で、だから人の興味を引く」

 

(記事引用おわり)

 

今年公開された映画『DOCUMENTARY of AKB48 Show must go on 少女たちは傷つきながら、夢を見る』の中で、この映画を見た誰もの印象に残る、西武ドーム公演の二日目のシーン。過呼吸で立っているのがやっとの状態から、「フライングゲット」での笑顔。あれは「倒れても倒れても立ち上がるホセ・メンドーサ戦での矢吹丈」を地で行く鳥肌もののシーンだった。

 

あそこで立ち上がる前田敦子の姿が「無我表現」だ。

 

ここで大島優子との対比について敢えて言ってしまえば、大島優子は「自我表現」という気がする。これは優劣の問題ではない。大島優子が、ある意味で前田敦子以上に才能豊かで魅力的な表現者であることは明らかだ。彼女にとって「自我表現」が悪いわけでもなんでもない。彼女は常にどんな場面でも自分がどう振る舞うべきか、自分なりに一所懸命考えて一所懸命意識的に演じている。それはそれで素晴らしい。

 

これに対し、前田敦子が意識して無我表現をやっているとは思わない。というか意識した時点で無我表現ではなくなってしまうだろう。結果的にそうなっているということ。それでいい。

 

さらに言えば、前田敦子の無我表現は「AKBイリュージョン」の一つかもしれない。つまり、AKBがあるからできているのかもしれないということだ。その意味で、前田敦子の存在はAKBに依存しているといえなくもない。そしてそれが「センター」の宿命なのだろう。ある意味で、AKB(アイドル)という仕事は、表現者に無我表現を強いる構造になっているのかもしれない。

 

(貼り付け終わり)

 

こう書いた直後に、前田敦子による「卒業発表」があった。今後の興味は、AKBという肩書きを失った前田敦子がどうなるのか、ということと、前田敦子という中心を失ったAKBがどうなるのか、ということだ。

 

後者について言えば、無責任な外野の目からは、ここで一気に世代交代するのがいいんじゃないだろうかと感じる。初期メンバーで、一人でやっていけるくらいの力量のある人は全員卒業させてもいいのではないか(上に名前を挙げたうち1期生、2期生にはみなそれくらいの力はある)。それくらいしないと下の世代が育っていかない。それで勢いを失わないならばAKBというグループはこれから日本の芸能界をほぼ席巻するくらいまで続いていくと思う。

 

前田敦子個人についていえば、卒業直後のブログがとてもふっきれたような爽やかな文章だったので、少なくとも芸能人である前に一人の人間としてはいい選択だったのかなという気がする。だがAKBを卒業しても「元AKB」の肩書きは避けられない。「元AKB」という肩書きなしに、たんに「前田敦子」として認知されるような存在になれるかどうかが彼女の女優としての成功のバロメーターになるだろう。これは前田に限らず卒業メンバーすべてに言えることだが。

 

前田敦子がこれからも「無我表現」を続けていけるのか、それとも「自我表現」になるのか、AKBを卒業した彼女の今後に注目していきたい。


無我的観照第4回 『マイネームイズハーン』に見る愚直な愛の表現

《無我的観照》第4回

 

 映画『マイネームイズハーン』に見る、愚直な愛の表現

 

       那智タケシ

 

 泥沼化する宗教対立、テロリズムの連鎖は、マスメディアの影響が拍車をかけていることは言うまでもない。911の事件によって、キリスト教とイスラム教の対立がアメリカで深刻になったことは記憶に新しい。だからと言って、インターネットという検閲精度のない大量の情報が人を啓蒙し、様々な矛盾、対立を乗り越えて新たな道を歩み出す場になっているかといえば、決してそうはなっていないのは明白な事実だ。

 

 今や、我々現代人にとって、情報はおやつのようなものなのである。人は、自分に都合の良い情報のみを摂取する。情報に絶対的価値の物差しは存在しない。飴とガムを選ぶように、人は好みの情報に飛びついているだけなのである。しかし、これらの人工的なおやつは、決して我々の肉とならないし、心を育てることもない。

 

 だが、情報の中には、我々の内部で肉化するものもたまにある。それが小説であれ、音楽であれ、映画であれ、自我の好みの範疇を超え、万人を感動させるような情報。色とりどりのおやつが並ぶ駄菓子屋の中に、黄金が一粒、混じっていたようなものだ。

 

 映画『マイネームイズハーン』は、911事件後のアメリカを舞台に、イスラム教徒で自閉症気味の主人公が、宗教対立を超えて愛を示す物語だ。ヒンドゥー教徒の女性と結婚した彼は、911のテロによって宗教差別が渦巻く中、血のつながっていない息子をいじめで殺されてしまう。妻に「自分はテロリストではないことを大統領に会って証明して」と無理強いされた主人公のハーンは、「マイネームイズハーン テロリストではない」ということを伝えるために旅に出る・・・

 

 映画の撮り方は特殊なわけではない。カットも、モンタージュも、美術的作りこみもテレビドラマ的だ。逆に言えば、あえて万人向けに作られているように見える。映画の主題から言って、その試みは成功している。これは映画評論家のために作られた映画ではないのである。映画の新たな方法論を探る作品ではない。にもかかわらず、この作品に新しさがあるように感じられるのはなぜだろうか?

 

 つまり、それはこういうことだ。リュミエールからブレッソン、ヌーベルバーグ、ゴダールと言った優れた映像作家たちが生み出してきた華麗で革新的な映像表現――それはそれでいい。それは「いかに」作るかの世界だ。近代絵画が印象派やキュービズムを生み出してきたように。だが、私はあえて凡俗とも言えるような普遍的方法で、「何を」撮るかを重視したのだ。そして、私は誰よりも「何を」撮るべきか知っている。だから恥ずべきことは何もないのだし、人類はそれほどまでにぎりぎりの局面にあるのだ。こんな風に監督のカラン・ジョハールは主張しているように見える。この覚悟こそが「新しさ」なのだ。

 

 詳細は映画を見ていただくとして、主人公のハーンがやったことは、端的に言うと、既成の宗教的枠組みを超えた愛の具体的表現だろう。具体的で、わかりやすく、なおかつ力強い。人間を変えるは宗教ではなく、人間だけだということを指示しているようだ。いや、より端的に言うと、一人の人間のエゴイズムを超えた行為、表現こそが、ありとあらゆる環境、伝統、歴史による条件付けを超えて、人々の心に届くのである。その信念を迷うことなく描き切ったのが、この稀有なる映画だろう。変化球など必要ないのだ、と。

 

 宗教を超える宗教なんて、我々は必要としていない。人類を変えるのは、スピリチュアルなムーブメントでも、信仰でもない。一人の人間が、この現代社会において、勇気をもって何かを表現しているかにかかっているのだ。行為しているかにかかっているのだ。他人と、その肉体で触れ合い、心を分かちあい、何かを表現して、はじめてその愛は本物なのである。なぜなら、我々の肉体は、今、この瞬間における愛を表現するために与えられたからである。しかし、ただそれだけのことができないゆえに、人は惑い、新たな情報に飛びつき、既成の古びた情報の中で自分を正当化する。

 

 個人的幸福は、今や存在しない。主人公ハーンの無我的精神構造は、ただ慈悲と愛によってのみ成立していた。誰かを愛し、救い、そのことによって彼自身も救われる。そして、そんな彼を見た人々の心に、新たな愛の可能性を発見させる。こんな映画をゴールデンタイムで流すべきなのになぁ、などと、安易に考えてしまうのである。

 

 愚直な直球勝負。その何と潔いことか。

 

《参照》

DVD『マイネームイズハーン』(20世紀フォックスホームエンターテイメントジャパン株式会社)・・・・アマゾンで新品を1000円以下で購入できます。興味を感じた方は是非。

 


アラスカ便り―北の果てに暮らす日々― 

アラスカ便り―北の果てに暮らす日々―

「春の空の下」

 長岡マチカ(文化人類学を学び、現在、アラスカ在住)

 

 あと三インチ(約八センチ)で記録史上最大の積雪と言われる今冬。三月も終わりに近づき日中零度を超える日も出てくる。日は一日一日と長くなり、夕飯を食べ終わる頃になってもまだ明るい。もうそこまで来ている春を前に時折ちらつく雪。冬の最中には「また雪か」と溜息をついていた街の人々も、空を仰ぎ「記録達成するかもね」と軽い口調で言い合っている。十三年近くアラスカに暮らし、今まで見たこともないほど高く積まれた道端の雪も少しずつ解け、道路にいくつもの水溜りができている。軒下のつららも透明さを増し日に日に短く、ところどころ顔を出した地肌もその面積を広げていく。雪解け水を照らす日差し、街は春に向け目を覚ましつつある。

 

 冬帽子も手袋も少し薄手のものに変え、眩しい空の下そりに出かけた。ところどころ積まれた雪のジャンプ台、真っ青な空に子供たちの身体が跳ねる。もうすぐ中学生になる男の子を連れたネイティブ・アラスカンの友人が、隣で目を細め見守っている。

「ママもいっしょにいこ」

 四歳の娘に手を引かれてそりに乗り込む。風を切る。解けかけた雪の表面がシャリシャリと音を立てる。白い隆起にぶつかる度浮き上がる身体。はるか遠くには海、浮き氷が輝いている。

 斜面の下で止まり、寝転んでみる。

「チキュウってまるいんだねえええ」

 くっついて空を見上げる娘のはしゃいだ声。

 上半身を起こすと坂の上で友人が手を振っている。大きく手を振り返し、坂を上る。雪に足を取られ汗がにじみ出る。普段慣れない動作に身体の眠っていた部分が動き始める。手の先からつま先まで熱を感じている。

 坂の上から子供たちの笑い声。友人の息子君が空っぽのそりの紐を耳にかけ引っ張っている。他の子たちも真似をする。今度は歯でひっぱり始める。可笑しそうに真似をする周りの子。しばらくすると、耳に紐をかけたまま、歯で紐を銜えたまま、どれだけ速く遠くまで進めるかの競争になる。引っ張られる空っぽのそりが雪の上を勢いよく跳ね宙を舞う。笑いながら歓声を上げる子供たち。

「エスキモー・オリンピック」友人が隣でクスクスと可笑しそうに言う。十年ほど前に一度だけ「ワールド・エスキモー・インディアン・オリンピック」を観たことがある。アラスカとは思えないほど暑い内陸部でのことだった。競技種目には「耳で綱引き」「歯で錘運び」などがあり、アラスカ中から集まったネイティブの「アスリート」達が耳を真っ赤にして綱を引き合い、かなりの重さのある鉄製の錘を銜え歩く。競技の間には各村ごとのダンスの見世物もあり、民芸品やスナックを売る店が並ぶ。春の日差しの中で、あのステディアムの熱気を思い出す。

「一昔前はね、こうやって競いながら身体の様々な部分を鍛えたのよ」

 ネイティブの文化歴史にも詳しい友人が教えてくれる。狩に頼らずともスーパーで購入できる食料、暖房のきいた家屋での生活。かつては厳しい自然環境を生き抜く身体を鍛えるためという目的を持っていた競技の数々も、今はスポーツという娯楽として、そしてネイティブとしての誇り結束を高めるためのものとなっている。ベンチに腰かけ子供たちの笑い声を聞きながら、友人とそんな話になる。

「確かに生活環境も一つ一つの行為の意味だってすっかり変わってしまったけれど」

 友人はそう言うと、「見て見て」と今度は紐を耳にかけそりに乗せた小さな子供を引っ張ろうとする息子君を指し示しながら腹を抱えて笑い始める。友人の突き抜けた明るさが春の陽気に溶け込む。友人はしばらく笑い続けると下を向いて大きく息を吐き、穏やかな表情で顔を上げ私の目を見つめてこう言った。

「でもね、身体に刻まれてるのよ。はるか遠く昔に生きた祖先と同じ身体の動きをしてみるといいわ。私達が誰なのか見えてくるから」

 友人は立ち上がると踊り始める。村に長い間受け継がれているという踊り。もう少しで母親の背丈を追い越すだろう友人の息子君が、そりを放り投げ駆け寄って母の隣でリズムを取り始める。友人の身体が春の空に揺れている。小刻みな動きに一回り大きく見える手が真っ青な空にいくつもの輪郭を描く。春の空の下で、変わり続けるものと変わらずあり続けるものを想った。


★編集後記

 最近、自宅にこもって一人で仕事をしているせいか、逆に人との「縁」を強く感じます。不思議とつながる人とそうでない人がいる。人間関係というのは、つながるかつながらないか、感じるか感じないか。生きていると様々な困難、トラブルもあるとありますが、結局のところ、自我を超えた共感の領域がある相手ならだいたい何とかなるのではないでしょうか。

 MUGAも来月で10号。基盤は作ってきたつもりなので、そろそろ新たな展開を試みたいと思っています。読者の皆様と交流できる場があると面白いかもしれませんね。(那智)


目次

MUGA 第10

「私」ではなく「世界=無我」からの表現を発信する

 

無我表現研究会発行 月刊メルマガ

 

◆目次

 

◇アート

 

・詩

『例外者たちの詩』  那智タケシ

 

『季節の詩』     rita

 

◇インタビュー

 

「土も人間も健康にする内城菌の力」 

瀧 芳人(ヤマイチシステムプロデュース代表)

 

◇評論

 

・評論

AKB48仲谷明香『非選抜アイドル』にみる無我表現

       高橋ヒロヤス

 

◇エッセイ

 

アラスカ便り―北の果てに暮らす日々― 

「『父』との思い出」  長岡マチカ



読者登録

mugakenさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について