目次
はじめに
はじめに
本書の使い方
勘定科目の一覧(収益・費用に属する勘定)
勘定科目の一覧(資産・負債・資本に属する勘定/特殊な勘定)
目次
目次(資産・負債)
目次(資産・負債/ 純資産/収益・費用/決算)
目次( 決算)
資産・負債
現金(通貨と通貨代用証券)
現金(取引例)
小口現金(小口現金とは何か)
小口現金(取引例)
現金過不足(※未決算勘定:過不足が発生したとき)
【現金過不足勘定と現金勘定との関連図】
現金過不足(※未決算勘定:原因が判明したとき)
当座預金(当座預金と小切手の仕組み)
当座預金(不渡りと銀行取引停止処分)
当座預金(入出金の処理と取引例)
当座借越(当座借越契約とは何か/二勘定制)
当座借越(二勘定制の取引例)
当座(※混合勘定:一勘定制)
当座(※混合勘定:一勘定制の取引例)
売掛金/買掛金
商品券
他店商品券
受取手形/支払手形(手形とは何か)
受取手形/支払手形(約束手形の取引例)
受取手形/支払手形(為替手形とは何か)
受取手形/支払手形(為替手形の振出時の仕訳 )
受取手形/支払手形(為替手形の取引例)
受取手形(手形の裏書)
受取手形(手形の割引)/手形売却損(※費用)
売買目的有価証券
建物/車両運搬具/備品/土地
【資本的支出】
貸付金/借入金
手形貸付金/手形借入金
未収金/未払金
前払金/前受金
立替金
預り金
仮払金
仮受金
純資産(資本)
資本金(資本の元入と引出)/租税公課(※費用)
引出金(※評価勘定:資本の引出)
収益・費用
売上/仕入/繰越商品(※資産)
売上/仕入(返品・値引きがあったときの処理)
発送費(販売に伴う諸掛の処理)
仕入(仕入に伴う諸掛の処理 )
【商品売買に伴う諸掛のまとめ】
商品(※資産)/商品売買益
有価証券売却益/有価証券売却損/支払手数料
固定資産売却益/固定資産売却損
減価償却費(期中売却時の減価償却)
貸倒損失/貸倒引当金(※評価勘定)
償却債権取立益
消耗品費/消耗品(※資産)
修繕費
【その他の収益・費用に属する勘定】
決算
繰越商品(資産:棚卸・売上原価・売上総利益)
繰越商品(資産:勘定記入例 )
現金過不足(未決算勘定)/雑損(費用)/雑益(収益)
減価償却費(費用:減価償却とは何か)
減価償却費(費用:定額法による減価償却費の計算例)
減価償却累計額(評価勘定)
【収益および費用の見越し・繰延べ】
未収収益(資産)
未払費用(負債)
前受収益(負債)
前払費用(資産)
貸倒引当金繰入(費用)/貸倒引当金(評価勘定)
有価証券評価益(収益)/有価証券評価損(費用)
損益(集合勘定:収益および費用の損益勘定への振替え)
損益(集合勘定:当期純損益の資本金勘定への振替え)
あとがき
あとがき
奥付
奥付

閉じる


試し読みできます

はじめに

 日商簿記検定3級は、簿記の資格として最初に挑戦する最も代表的なものですが、その下地にある商取引や銀行取引などの知識も必要となっています。

 これらの知識の大部分を占めるのが勘定科目についての知識であり、3級の勉強の大半は、勘定科目の内容を理解することであると言っても過言ではありません。

 本書は、日商簿記3級の受験を考えている方を対象に、その出題範囲の勘定科目を仕訳や図を使ってわかりやすく解説するものですが、サブテキストとして使用することにも適しています。


試し読みできます

本書の使い方

仕訳、勘定、勘定科目とは何か

 取引を原因と結果に分解し、帳簿による集計ができる記入形式にすることを、仕訳(しわけ)と言います。

 仕訳によって分解された原因や結果を分類して記入し、分類ごとに集計することにより、もうけや財産の状態を計算するためのデータを得ることができます。

 分類された原因や結果を記入・集計する場所となるものを、勘定(かんじょう)と言います。

 勘定に原因や結果のおおよその内容がわかるような簡潔な名称をつけたものが、勘定科目(かんじょうかもく)です。

 取引の原因とされるものの多くは、収益または費用に属する勘定になり、取引の結果となるものは、資産、負債、資本に属する勘定になります。

 勘定のほとんどは、資産、負債、資本、収益、費用の5つのいずれか1つに属するものですが、これら5つの属性のうち2つの属性を併せ持つものやそのいずれにも属さない特殊な勘定もあります。 

 

本書の読み方

 本書は、「資産・負債」、「純資産(資本)」、「収益・費用」、「決算」の4つの章を設け、勘定科目を関連する章で説明しています。

 「決算」の章にある勘定は、決算のときに使用するものをまとめていますが、そのほとんどは、5つの属性のいずれかに属するものです。
 説明の関係から章の区分どおりになっていない箇所がありますが、そのような箇所については、例えば「商品(資産)」のように、その箇所のタイトルと本文中に、かっこ書きで勘定の属性を付記しています。

 また、特殊な勘定の場合には、例えば「現金過不足(未決算勘定)」のように、その箇所のタイトルと本文中に、かっこ書きで特殊な属性を付記するとともに、その特殊性について説明しています。

 特殊な勘定は、簿記の学習の中でも理解しにくいものの1つです。
 初めて簿記を学ばれる方は、ひととおり資産、負債、資本、収益、費用に属する勘定の説明を読んだあとに、特殊な勘定の説明を読まれるとよいでしょう。


試し読みできます

勘定科目の一覧(収益・費用に属する勘定)

 日商簿記検定3級で出題される収益および費用に属する主な勘定科目は、次のとおりです。


試し読みできます

勘定科目の一覧(資産・負債・資本に属する勘定/特殊な勘定)

 日商簿記検定3級で出題される資産、負債、資本に属する主な勘定科目は、次のとおりです。

 


試し読みできます

目次(資産・負債)

目  次

  はじめに
   はじめに
   本書の使い方
   勘定科目の一覧(収益・費用に属する勘定)
   勘定科目の一覧(資産・負債・資本に属する勘定/特殊な勘定)

                     
  資産・負債
   現金(通貨と通貨代用証券)
   現金(取引例)
   小口現金(小口現金とは何か)
     小口現金(取引例)
   現金過不足(※未決算勘定:過不足が発生したとき)
   【現金過不足勘定と現金勘定との関連図】
   現金過不足(※未決算勘定:原因が判明したとき)
   当座預金(当座預金と小切手の仕組み)
   当座預金(不渡りと銀行取引停止処分)
     当座預金(入出金の処理と取引例)
       当座借越(当座借越契約とは何か/二勘定制)
     当座借越(二勘定制の取引例)
     当座(※混合勘定:一勘定制)
     当座(※混合勘定:一勘定制の取引例)
     売掛金/買掛金
     商品券
     他店商品券
     受取手形/支払手形(手形とは何か)
     受取手形/支払手形(約束手形の取引例)
     受取手形/支払手形(為替手形とは何か)
     受取手形/支払手形(為替手形の振出時の仕訳 )
     受取手形/支払手形(為替手形の取引例)
     受取手形(手形の裏書)
     受取手形(手形の割引)/手形売却損(※費用)
     売買目的有価証券
     建物/車両運搬具/備品/土地
   【資本的支出】



読者登録

荒川和実さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について