閉じる


試し読みできます

目次







〜目次〜


登場人物紹介

出逢い編

おるすにゃん

あとがき

奥付







試し読みできます

登場人物紹介


〜登場人物紹介〜

佐々木弘昌(ささき ひろまさ)
北海道出身で、大学のゼミでお世話になった先輩の斡旋により、東京の医療系会社に入社。
そこの研究所で研究員として働く、ごく普通のサラリーマンである。
20代で、もちろん独身。
身長は割と高めで、体格はまあまあいい方。
自分ボケ&ツッコミの激しいタイプだが、弱いものに対しては優しく、また気の利くタイプでもある。


ユキ(ゆき)
佐々木の自宅近くの神社に身を寄せていた仔猫。
神社関係者達にはとても可愛がられていたらしい。
瞳は綺麗な緑色をしており、洋猫と日本猫のミックスらしく、耳の先やしっぽがふわふわである。
人間の姿になっても、その耳としっぽはそのまま。
とても甘えん坊な猫で、一人になるのが大嫌い。
少々舌っ足らずな所もあるが、人間の言葉は結構上手に喋る事が出来る。
佐々木の事を「ごしゅじんしゃま」と呼ぶ。






試し読みできます

試し読みできます

1.


「ただいま~」

 仕事に疲れ、くたくたな状態で帰ってきた俺。鞄から何からを廊下に放り出して、玄関でバタリと倒れ込んだ。




 仕事を終え、一刻も早く家に帰りたいとウズウズしていた俺に、課長が余計な事を言い出しやがった。

「そうそう、明日は佐々木君の誕生日だったなぁ。誕生日当日は彼女とのお約束でもあってお忙しいだろうから、今日みんなで祝っちゃおうか!」

 課長という立場の人間が、なんでまた俺みたいな下っ端社員の誕生日なんてものを把握しているんだろうと、仰天した俺はその場に固まった。

 正月とかクリスマスといった特徴的な誕生日なら覚える可能性もあるが、俺のは別にどうという事もない日だ。そりゃ入社の時の履歴書などには記入しているが、それをわざわざ覚えているなんて、何だか背筋が寒い思いがする。

「えっ、マジですか! じゃあ行こうかなぁ」

 しかし気前のいい課長が言いだしたお陰で、皆はかなり乗り気になり、会社を出る頃にはいつの間にやら十五人近くにまでふくれあがっていた。とは言え、この中で俺の事を本当に祝おうという人間は、一人も居なかっただろう。いつもお世話になっている先輩を除いては。

「今日は寒いから、鍋がいいよねぇ」

 こんな人数、当日入れる店なんてあるわけないだろ、解散だ解散、と思っていた俺の期待は虚しく、課長はしっかりと自分のお気に入りの店を確保しやがった。


 逃げるなんて事は、出来なかった。



 お陰で帰ってきたのは夜中の二時近く。

 飯を食い、そのまま引きずられるようにしてカラオケにまで連れて行かれた。

 マジで、泣きそうだった。

「くそー、歌なんて歌いたくもねぇのに……日本のサラリーマンはきっついなぁ」

 玄関で仰向けに倒れたまま、俺はぼやいた。

 くそ、吐く息が酒臭くてたまんねぇ。文句ばかりが俺の口をついて出てくる。

「めんどくせぇから、このままここで寝ちまうか」

 今にも玄関で寝てしまいそうな俺の耳に、ちりちりと鈴の音が響いたかと思うと、大きな影が俺の頭上に出来上がった。

「……!」

 仰天して目を開くと、大きな碧色の瞳と目が合う。ドキドキするような可愛らしい顔が、俺の事をのぞき込んでいるじゃないか。

「ユ……ユキ!」

「おかえりにゃしゃぁい」

 たどたどしい言葉で挨拶をすると、ユキは俺の鼻の頭をぺろ、と舐めてくれた。

「ユキ、くすぐったいぞ」

 笑いながら、頭に手を乗せて顔をぐっと引き寄せる。

「ん……ふ」

 濡れたようなピンク色の唇が重なって、俺は夢中になってそいつを求めた。

 ふわふわとした髪の毛が、俺の顔をくすぐった。



     ◇



 ユキがうちにやって来たのは、約一週間前。大きな耳にふわふわのしっぽがついている、俺の可愛いペットだ。

 ペットなんて、子供の頃に亀や金魚、カブトムシくらいしか飼った事のない俺だったが、一週間前、ひょんな事から猫を飼う事になったのだった。


 しかも、その猫は「ただの猫」じゃない。


 猫の耳と猫のしっぽがついている、まるでアニメにでも出てきそうな可愛い顔をした「人間」の姿をした猫なのだ。

「ごしゅじんしゃまっ、ぺろぺろ……して」

 おまけに、あどけない少年のような姿をしているくせに、甘い甘い声色で俺の事を誘いやがる。

 俺は特にそんな趣味があった訳じゃないんだが、そうして大きな瞳でうるうるされて誘われりゃ、下半身が熱くなっても仕方ないじゃないか。

「にゃっ、んん……っ、ごしゅじんしゃまぁ……もっと、もっとして……っ」

 にゃんにゃん泣きながら、俺の腕の中で喘ぎ、よがるユキ。

 そんな可愛らしい魅力にすっかり虜となってしまった俺は、ペット以上の繋がりをユキとの間に求めてしまうのだった。




試し読みできます

奥付



あいつは俺様の可愛いペット「出逢い編・ぷらす」


http://p.booklog.jp/book/69169


小説・イラスト : 滝川勝之
著者プロフィール:http://p.booklog.jp/users/shonotakigawa55/profile


滝川勝之のサイト「滝之組」

感想はこちらのコメントへ
http://p.booklog.jp/book/69169

ブクログ本棚へ入れる
http://booklog.jp/item/3/69169




電子書籍プラットフォーム : ブクログのパブー(http://p.booklog.jp/
運営会社:株式会社ブクログ



試し読みはここまでです。続きは購入後にお読みいただけます。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格200円(税込)

読者登録

滝川勝之さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について