閉じる


『世界最速のインディアン』 ~God of Speed~

『世界最速のインディアン』2005年 ニュージランド・アメリカ

監督)ロジャー・ドナルドソン 出演)アンソニー・ホプキンス クリストファー・ローフォード ダイアン・ラッド

 

あらすじ)ニュージランドで暮らす男 バード・マンローの夢は、アメリカ ボンヌヴィルで行われる競技会に行き、愛車インディアンで世界最速記録に挑むこと。老年にいたり夢果たせずにいたが、先が長くないことを悟り、一念奮起して貨物船に乗り込み渡米する。

 金もない、右も左も分からぬアメリカでの旅。
 しかし、バードは初めて出会う人々に助けられながら、憧れの地ボンヌヴィルに辿りつく。
 見渡す限りの塩平原ー
 地球の裏側からやってきたバードに、スピードの神様は微笑むのか?


 1000cc以下のオートバイ 最速記録保持者バード・マンローの実話に基づいた作品


God of Speed
 映画好きライダーM氏から借りて観た作品。

 

 アンソニー・ホプキンズ主演のロード・ムービーである。ニュージランドの田舎街で暮らす男が、バイクのスピード記録に挑むため、遠くアメリカはボンヌヴィルの塩平原を目指す。レクター博士(『羊たちの沈黙』)の強烈なイメージがあるアンソニー・ホプキンスが、一転して、愛すべきバイクキチガイを演じている。

 


 こんなふうに書くと、バイクやスピードに興味がない人は、楽しめるかいささか不安になるかもしれない。けれども、アンソニー・ホプキンス扮するバード・マンローは情熱と人情味にあふれ、周囲の人々を惹きつけるチャーミングな男。オカマ、寡婦、休暇中の兵士・・・旅先で出会う様々な人をバードは愛したように、きっと観る人すべてに温かいメッセージを伝えてくれるだろう。老若男女問わずおススメの一作だ。

 


  クリック!1920年製インディアンのレプリカの画像が見れます。

 

 自分のためとバイクに詳しくない人のために、バードが乗った1920製インディアンについて少し触れておく。

 

 インディアンというと、バイク好きの人にはとても懐かしいもののようだ。インディアンとは、かつてはハーレー・ダビットソンと競合していたインディアン・モトサイクル社が世に送り出したバイクで、1921年には世界最速の176km/hという記録を出す。当時インディアンというと高性能、高品質の代名詞となっていたそうだ。この頃の代表的なモデルはSCOUT(スカウト)とCHIEF(チーフ)で、バード・マンローが乗っていたのはインディアン・スカウト。ノーマルでは80km/h程度しか出ないこのバイクをバードは改良を重ね、200km/h出るようにしてしまう。非公式の速度記録はなんと331km/h!! 作中、雪のように白い塩平原を赤い流線形のインディアンが駆けてゆく光景は圧倒的。そのスピード、迫力の姿はロケットというべきか、魚雷というべきか。想像がつくと思うが、そんな高速を出せばメカも熱くなって火を吹く。バードは脚を火傷する。
 
 ちなみに、インディアン・モトサイクル社は世界大恐慌や第2次世界大戦の煽りを受け、1953年にはインディアンの工場を閉鎖している。今となっては、幻の名車なのだ。

 

 

 バードは若い頃に惚れ込んだこの名車とともに夢を追う。年金をもらう年齢になっても果敢に記録に挑むバードの姿は、夢を追うのに年齢は関係ないことを思い出させてくれる。それと同時に、夢は自らの力だけではなく、周囲の人々の力によって叶えられてゆくのがよく分かる。バードは人々を愛す。ゆえに、人々はバードを愛す。バードの人生には夢がある。夢があるから、バードの人生はパワフルに人々を巻き込んでゆく。

 


「夢を追わない人間は野菜と同じだ」

 

「(レース中の)5分は一生にまさる。
 一生より充実した5分間だ」

 

「人間の一生は草に似ている。
 春が来ると元気に伸びて
 中年を迎えて実り、 
 秋風が吹くと枯れ尽きて
 もう生き返らない。
 死んだらそれで終わり。
 昔からそう思っている…」

 


 いずれも作中の台詞だが、本物のバード・マンローが語った言葉をそのまま使っている。もし、DVDを買おうという人がいれば、特別版DVDの付いたゴット・オブ・スピードエディションをおススメする。バード・マンロー本人のインタビューが収録されており、映画には脚色があるとはいえ、実際のバード・マンローがいかに個性的で自由に生きた、稀有な人物であるかを見ることができるだろう。そして、俳優に負けない魅力的な風貌。作中のバードは女によくもてるが、実際のバードもどうやらそうだったようだ。しかし、もてるのはあたりまえ。彼はただの飛ばし屋じゃない。バイクを通して人生哲学を実践した唯一無二のライダーなのだから。

 


 God of Speedに命を捧げた夢追い人。
 予備知識があっても、心熱くなることまちがいなしの一作。
 そして、笑えます!

 

 

*1920年製インディアンについては Indian Motocycle Co.Japanを参考に記述しました。 


『スクール・オブ・ロック』 ~ロックな人生~

『スクール・オブ・ロック』2003年 アメリカ

監督)リチャード・リンクレーター  出演)ジャック・ブラック ジョーン・キューザック マイク・ホワイト

 

あらすじ)デューイは昔のロック仲間ルイのアパートに居候しながら、ロックフェスティバルを目指すギタリスト。しかし人気はなく、ステージから観衆にダイブしても、誰にも受けとめられずに床へ激突。そのあげく、自分が作ったバンドからも解雇されるありさま。

そんなある日、金に窮したデューイは、教員免許を持っているルイになりすまし、名門小学校へもぐりこむ。初めは給料が目当てだったデューイだが、子供たちの音楽の才能を発見し、子供たちとバンドを結成してロックフェスティバルに出場することをもくろむ。だが、こんなことが学校にバレないわけがなく、デューイは窮地に追いつめられるが…


 ロックな人生

 映画好きライダーM氏から借りて観た一作。M氏は英米のロックにも相当詳しく、ピンクフロイドやエイジアのCDと一緒に快く貸してくれました。

 今だにロック?ハードロック?ヘビメタ?等々の違いがよく分からない??私ですが、そんなこととは関係なく楽しめました。ロック史の授業とかあるので、へえ~、と勉強にもなります。

 ちなみに、子供の潜在的な才能が花開くストーリーには、ジェシカ・アルバ主演の『ハニー』を思い出します。これはジェシカ・アルバ演ずるダンサーが、スラム街の子供たちとともにダンスイベントを成功させる話で、『スクール・オブ・ロック』も『ハニー』も、アメリカの明るい面が出ていて前向きな気持ちになれます。

 

 『スクール・オブ・ロック』は、ジャック・ブラック扮するデューイの、いかれロックオヤジぶりがちょっと怖いくらいに凄い。エリート教育課程にいるご子息、ご令嬢たちにむかってデューイは言う。

「規則を破り、大物を怒らせることがロックだ!」と。

シャウト、シャウト、シャウト! 教室でギター片手に狂ったようにシャウトするデューイ。教室の防音対策まで、頭のよい子供たちにやらせてしまうから立派だ。

 

 クラッシックピアノ、ビオラやフルートしか扱ったことのない子供たちの変身ぶりも楽しい。ついには、デユーイの指示なしでも「ロックしようぜ!」と叫び出すから、頼もしい子供たち。

 

「ロックしようぜ!」

 気持ちいいい叫び~

 

 子供たちを取り囲む大人たちの姿も、案外リアルに描かれています。

 じつはロックが好きな、お堅い校長先生。ロックを禁じる保護者たち。自分の思春期のことを思い出すと、子供の心って大人が思うより鬱屈があるんですよね。「そうだ、ロックやれ、やれ!大人に屈するな!」と子供たちを応援する気持ちで観てました。

 偽物教師ながら、デューイのいかれた目にも先生らしい光が宿ってゆくのも微笑ましかったです。

 

 子供たちも白人も黒人もいれば、中国系アメリカ人もいて人種が様々なせいでしょうか、とても親近感が持てました。はちゃめちゃな、ありえないストーリなのに、今でも放課後に子供たちがロックしているような気がしてきます。

 

 あの子供たちは、もうロックな人生から逃れられないでしょう。

 きっとこれを読んでいるあなたも、私の知らないところで、ロックな人生を生きていることでしょう。

 あるいは、ロックしたくなった?

 私も、人知れず、ロックな人生送っています。

 みんな、ロックしようぜ~♪

 


『月の輝く夜に』 ~情熱が巨大な月を連れてきた~

『月の輝く夜に』 1987年 アメリカ
 監督)ノーマン・ジェイソン 出演)シェリー ニコラス・ケイジ

 

あらすじ)月は女に恋の魔法をかける、月の光には魔力がひそんでいるー

ロレッタは愛する夫を事故で亡くして以来、白髪も染めず、独りですごしていたが、死んだ夫の友人であるジョニーからプロポーズをうけ、再婚することに。
ところが、ジョニーには絶縁状態の弟ロニーがいて、巨大な月が夜空に輝く夜、ロレッタはロニーと突然の恋に落ちるのだった。そして、美しく変身してゆく…!

ニューヨークを舞台にイタリア系アメリカ人たちが繰りひろげる、ロマンチック・ラブコメディ。


情熱が巨大な月を連れてやってきた

 これを書いているのが2011年だから、四半世紀前の作品ということになる。これまで何度も女性雑誌でおススメ作品として取り上げられているのを見たが、こんな楽しい内容とは想像もせず、観ずに過していた。若き日のニコラス・ケイジがかなりワイルドかつセクシーで、ファンでなくとも素敵だと思うだろう。一方で、眼をひく顔立ち(奇抜という表現は失礼か)の主演女優は誰だろうと思って調べてみると、1998年に“Believe”でグラミー賞を受賞した歌手であり女優であるシェール。なお、本作でもシェールはアカデミー主演女優賞を受賞していて、Wikipediaで彼女の活動歴を読むとパワフルでサクセスに満ちていて、なんと恵まれた人なのだろうと驚いてしまうほどだ。そんなシェールが本作では「ツキがなかったの」と言い、夫に先立たれて以来、愛する男性に巡りあうことをあきらめて生きていた女性を演じているから面白い。

 

 

 ロレッタの祖父は墓場で「月は女に魔法をかける」と言うが、ロレッタの叔父の語るコズモの月の話もロマンがある。男の情熱が巨大な月を空に出現させるのか?

 コズモというのはロレッタの父親で、営業上手な配管工でそれなりの財を成しているが、死への恐怖から妻ローズをないがしろにして浮気をしている。そんなコズモだが、ずっと昔には、一日中空を見上げ、ローズを情熱的に求めた若い日があった。ある晩、やはりまだ若かった叔父が眩しい光に照らされて目を覚ますと、窓の外には家ぐらいの大きさの巨大な月が浮かんでいた。家を潰されそうな気がして怖いくらいだった。そして、外には窓の方を見上げているコズモの姿があり、叔父は腹が立ったというのだ。コズモの恋の情熱が巨大な月を連れてきたのだと妬けてきた。そして、眠りを妨げられた、と。

 

 

 巨大な月に狂喜し、愛犬たちと空に向かってオオーンと吠える祖父の姿はこの上なく可笑しい。「コズモの月だ」だと言って興奮し、若い日に戻って睦み合う叔父夫婦は微笑ましい。夫婦たるものかくありたい。先に眠ったコズモを背にして、独り窓から月を眺めるローズは寂しげだ。そして、ロレッタは美しい!恋をした女は生まれ変わる。ベッドをともにした後で、月を窓辺からロニ―とともに見つめるロレッタは、ロニーいわく「きみは月の天使だ」

 

 物語はロレッタとロニーの恋ばかりではなく、その家族たちの人間模様も描き出していて、あくまで軽いノリだが、見ごたえがある。潮の満ち引きと月の関わりは科学的な裏付けがあるが、月と人間の恋の本能には本当はどれだけ関係あるのだろう?わたし、月夜に血が騒いだことがあったっけ?……そんなことをちらっと考えながら、しかし、これが映画なのだ、映画の楽しさなのだ、と巨大な月の懐に抱かれた人間たちのドラマを堪能していた。

 

 

 婚約者の弟と肉体関係を持って、懺悔するロレッタ。兄のせいで片手を失ったのだと憎悪し、その兄の婚約者を愛してしまう義手のロニー。こんな設定の話がなぜ笑えるの?と不思議だが、脚本と音楽の素晴らしさはもちろん、シェリーとニコラス・ケイジのシリアスかつコミカルな演技が最初から最後まで笑いをさそってくれる。おそらく、恋という人間の本能を描いた作品であるから、100年後も笑える作品にちがいない。

 

“恋せよ。人生を楽しめ。そして愛しあいなさい”

 

 ピザのような丸く巨大な月からのメッセージが詰まった作品だ。

 


 


『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイヤ』 ~強く、美しく、後悔せず~

『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』 1994年 アメリカ

監督)ニール・ジョーダン 出演)トム・クルーズ ブラッド・ピット アントニオ・バンデラス

あらすじ:事の発端は1971年ニューオーリンズ。一帯の農場主だったルイは、妻をお産で亡くして以来、死を望むばかりの絶望の日々の中にいた。自暴自棄で盛り場をうろついていたルイを、美しきヴァンパイア(吸血鬼)レスタトが自らの仲間へと誘い込む。人間としての肉体は滅び、ルイは「不死」のヴァンパイアとして生まれ変わる。

人間の生き血を吸わずには、生きてはいけぬヴァンパイア。
だが、ルイは人間を殺すことをためらい、ネズミや鳥の血を吸って生き延びるが、ある日とうとう少女の生き血を吸ってしまう。そして、その少女はルイの生きがいともいえる存在になるのだった。

ヴァンパイアに変わり果てても、なおも人間の心を捨てきれず苦しみ続けるルイの姿が、200年もの長い歳月にわたって描かれる。現代のサンフランシスコにルイが現れ、記者のインタビューに応じるという形で、定説を覆すヴァンパイアの姿が明かされるファンタジーホラー。


強く、美しく、後悔せず
 400年生きているヴァンパイアのアーモンドは、人間の心を捨て切れないルイに言う。

 

「人間の魂を持ったヴァンパイア。
 死の情熱を持った不死。
 つまり、君は美しいんだな」

 

 人を殺すことをためらわず、ルイに「何も考えるな」と言うレスタトとはちがい、ルイは200年経っても、人を殺さずには生きていけない己の身を嘆き、永遠の命の中を彷徨いつづける。そしてルイは、放浪の末に再会したレスタトからも言われるのだ。「美しいな」と。

 

 この話、ヴァンパイア、すなわち吸血鬼物だが、人間の欲望が妖怪化したのがヴァンパイアと考えるべきか、ヴァンパイアたちが実に人間的で、親近感が持てる。軽薄で、残忍で、どこか陽気ともいえるヴァンパイアのレスタトも、極道に生まれ落ちた人間のようだし、200年懊悩し続けるルイも、やっぱり人間に戻ったとしても悩み続ける男でしかありえない。

 

 ルイが「美しい」と言われるのは、嘆いたり、罪悪感を持つ高尚な魂を持つゆえにだが(ブラッド・ピットの美貌のせいもあるだろう)、その美しさは彼を200年もの間苦しめ続けている原因であり、痛快ともいえるラストによって、ルイの悲痛な美しさはかき消される。ラスト、夜のサンフランシスコには、レスタトの、不気味さより陽気さの勝る笑い声が響く。
 ルイはもちろんいい奴なんだけれど、最後はレスタトが憎めず、こいつもそう悪い奴じゃないと思ったのは私くらいか。このファンタジーホラー、気楽に観れる娯楽作(血が苦手な人は楽しめません)だが、案外、人間社会に置き換えることもできて、深いといえば、深い。

 


 そして、特筆すべきなのが、レスタト役のトム・クルーズの演技。ルイを演ずるブラッド・ピッドもよかったけれど、完全に頭があちらの世界(すなわちヴァンパイアの世界)に“いっちゃっている”感じのトムの演技には感激しました。ファンとしては、こんな演技が見たかったっ!!  

 


『マグノリア』でも、カリスマAV男優を演じ、ふだんの爽やかトムとは違う一面を見せてはいましたが、レスタト役はトム以外には考えられないほど素晴らしくハマっていました。『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』の原作者が、当初レスタト役にトム・クルーズというのを聞いて、アイドル上がりの俳優なんて嫌だと言っていたのが、仕上がった映画を観て、トムのレスタト役に大満足したとか。

 

 実は、長年のファンとしては、近年の主演作『ワルキューレ』『大いなる陰謀』における、いまひとつのトムの姿を観て、ちょっと心配してました。政治がらみのものって、雰囲気を出すのが難しいんでしょうね。。。『ワルキューレ』の軍人シュタウフェンブルクは、興味深い役どころだと思うのだけれど、『コラテラル』の殺し屋役の時と同じく、クールに徹するばかりで何か物足りなかった。ファンとしては、宗教がらみのゴシップや、近年の常軌を逸した行動を聞くにつけても、「トムは大丈夫なんだろうか」と。。。。(余計な心配をするという意味でも、ファン心のとは親ごころみたいなもんです)

 

 でも、トム・クルーズはやっぱり大丈夫だ~!!

 

と改めて感じさせてくれた、『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』。なんで、こんな傑作を今まで観ずに平気でいたのだろうか? ファンとして、反省、反省である。
 トムはますます俳優として成熟し、いつかオスカーも受賞することでしょう。どんどん役の幅を広げて、どんどん後世に残る作品をプロデュースしてほしい!
 私はおばあちゃんになっても、本人が死んでも、トム・クルーズを応援し続けると思います。

 アーモンドが口にした「ヴァンパイアとは、強く、美しく、後悔せず」という言葉、ルイは否定しますが、トム・クルーズなら、ぴったりじゃないですか。
「トム・クルーズとは、強く、美しく、後悔せず」

 来日時、小泉元首相に参考書をプレゼントした、あのフレンドリーさ、熱心さがたまりません!!
 トム・クルーズ、私の心のヒマワリ・・・(ファンじゃない人は読まなかったことにしましょう) 
 私もトムのように、悔いなく生きよう、そう心に誓った一作でした。


『コットンクラブ』 ~俺のために踊れ~

『コットンクラブ』 1984年 アメリカ
監督)フランシス・フォード・コッポラ 出演)リチャード・ギア ダイアン・レイン グレゴリー・ハインズ

あらすじ)1929年ニューヨークのハーレム街。ジャズクラブで演奏していたミュージシャンのディキシー・ドワイヤーは、ギャングのボス ダッチの命を偶然救ったことから、心ならずもダッチの下で働く羽目になる。ピアノ演奏を頼まれたパーティで、ダッチが抗争相手のボスを刺殺するのを目撃、またディキシーは、居あわせた美しい歌手ヴェラがダッチの愛人であることを知り、呆然とする。

ヴェラへの想いとダッチへの憎しみの間で身動きが取れず泥沼にはまったかのようなディキシー。しかし、コットン・クラブのオーナー オニー・マドゥンから映画の仕事を持ちかけられる。これをきっかけにディキシーはダッチの元を去り、映画スターへの道を歩みはじめるのだった。


俺のために踊れ
 1984年作というと、30年近く前の作品となるが、古びた印象が少しもなく、何度観ても主演のリチャード・ギアのチャーミングなこと、悪女役といっていいダイアン・レインの小さな顔が魅惑的で美しいことにはうっとりとしてしまう。舞台はハーレム街に実在し、デューク・エリントンなどを輩出した高級クラブである cotton club 。1930年前後の話で、あからさまな人種差別のあった時代だ。白人ギャングがオーナーであるクラブでは、ダンサーやミュージシャンはすべて黒人だが、客は白人のみで黒人は入店禁止。ギャングたちの縄張り争いの舞台であるクラブに、成功への野心を抱いて出演する黒人ダンサーたち。そこで生まれる肌の色を超えた愛。ひょんなことからギャングの世界に巻き込まれたディキシー・ドワイヤーも、成功と愛する女を手に入れられるのか?

 

 映画の見どころとしては、ディキシーの成功と愛の行方、ギャングたちの抗争、そして黒人たちの音楽やダンスの圧倒的なパワーだ。


 ギャングの抗争ということで血なまぐさいシーンはもちろんあるが、ジャズのリズムと陽気なタップの靴音、華やかなショーシーンに観る人は心は踊らせることだろう。とりわけタップダンサーとして有名になっていくサンドマンのダンスシーンは、物語の展開に効果的に取り込まれていて印象深い。最後のソロ『靴の旅』は、それまでの陽気な靴音とは異なるが、ダッチの最期を静かに彩どり、タップダンスの魅力を十分に味わうことができる。音楽の力もさることながら、超人的な脚さばき、靴音がこれほど繊細に喜びや悲しみをあらわせるものかと感動してしまう。

 このサンドマンを演じるのが、今は亡き、俳優でありダンサーであり振り付け師であった多才なグレゴリー・ハインズ。アフリカ系アメリカ人であるグレゴリ―・ハインズも、作中にあるような肌の色からくる困難に直面することは多かったのだろうか?

 

 サンドマンの『靴の旅』とともに、印象深いダンスシーンがある。ディキシ―とヴェラがダンスフロアで踊るシーンだ。

 主人公ディキシ―は白人であり、音楽の才と端正で甘いマスクによって見出され、やがて映画界の新星になってゆく。一方のヴェラはまだ二十歳にもならない若い女だが、その美貌を武器にギャングのボス ダッチの愛人となる。自分のクラブを持つという目的のためだ。ディキシーはヴェラに惹かれながらも、妻のある男、しかも冷酷なギャングと寝ているヴェラが許しがたい。ヴェラはヴェラで、ダッチにあごで使われ、若い頃には自分と大して変わりないことをしていたディキシーを軽蔑する。
 たがいに惹かれながらも反発しあっている、そんな時のダンスシーンだ。

 

「俺のために踊れ」
 
 ディキシ―は思うままにならないヴェラを堪忍袋が切れた(!)という感じで平手打ちし、乱暴にヴェラを振りまわすように踊る。床に倒れたヴェラは、なおも引きづりまわされる。ドレスが破ける。立ち上がり、ディキシーを引っ叩こうとするヴェラ。ふたりを見つめる好奇の眼差し。

 このシーンは、後に続くベッドシーンよりある意味官能的に映る。私にSMの嗜好はないのだけれど・・・。男が女に手を上げてもいいのか?―9割のケースは許されないとしても、この場合は許されるんじゃない? 金と権力しか信じていない女には必要な薬?

 俺のために踊れ。そこにあるディキシーの激しい恋情。男のエゴとナルシシズムに満ちているようで、 しびれるようなセリフに響くのはさすがセクシーなリチャード・ギア。さすがハリウッド。(日本人じゃこうはいかない)そして、リチャード・ギア演じるディキシーはルックスがよく、楽器がうまいだけの男ではない。ふたりのロマンスの行方は伏せておくとして、ギャングのボスにも怯まず自分の女を守ろうとするディキシ―の姿は伊達じゃない。ヴェラが言うようにtough guyなのだ。

 

 フィクションだが、オニー・マドゥンやダッチ・シュルツら実在のギャングが登場するのは興味深い。また、ディキシ―・ドワイヤーはコルネット奏者のビックス・バイダーべッグを、サンドマンと恋に落ちるライラはジャズ歌手のレナ・ホーンをモデルにしている。当時のニューヨークハーレム街の活況を知る手がかりになるだろう。
 
 『コットンクラブ』タイトルそのままに、華やかでドラマティックなエンターテイメント作品だ。



読者登録

Sosianrayさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について