閉じる


序章

赤く色づいた木の葉が、くるくると宙を舞って落ちた。
真紅の絨毯がひかれた、朝日が差し込む森の中に、悠然と佇むログキャビン
ルギとラシェルは、朝食後、ルークに、枯れ葉の散り積もった空中庭園に呼び出された。

「今日は、二人合同で、遺跡探索訓練を受けてもらいます」

ルークのその言葉に、ルギはポカンと口を開けて絶句し、ラシェルはそんなルギの態度に、あからさまに不機嫌になった。

「…異議はないですね、ラシェル?」
「わ、私はないんですけど…それよりもこっちの人のほうが、何か言いたげぽいですよ?」

そのラシェルの言葉に、ルークはルギを半目でジロッと睨んだ。

「………俺は………」

ルギが呟いたが、その後に話す暇を与えず、ルークはルギに言った。

「貴方は、腕は一流ですが、こちらの盗賊団では新人です。つまりは、4ヶ月前に入団したばかりの、ラシェルの後輩にあたります。今回は、新人同士の能力向上を図るため、既出の遺跡の調査を行っていただきます」

文句を言うな、といわんばかりのルークの眼力に、ルギは黙った。
どうせ、こいつに何を言っても無駄だと悟ったのだ。

オホン、と一つ咳払いをして、ルークは続けた。

「…調査内容は、アジトから少々離れたところにある、修行場として使っていた遺跡―通称『雨の遺跡』―です。先日の台風で起きた土砂崩れで、今まで発見されていなかった新たな通路が発見されました。貴方達は、その通路の奥を調査してきてください」

ルークは、そこで手元にある資料をぱらっとめくり、自分の眼鏡に触れた。

「…通路の先は、未だ未知数です。危険を感じたら…調査を中止し、帰還してください。最終報告期限は三日以内。…以上です」

そういって、ルークはアジト内に立ち去った。

後に残されて立ちすくむ二人を、木々の間から差し込むやわらかい斜光が包み込む。
ラシェルは小さく身震いすると、ルギに向かって言った。

「……別に、私と一緒が嫌なら、断ればよかったじゃない」

ムスッとした顔で、秋風になびく千草色の長い髪の先をいじくる。
最近、ラシェルは、あからさまにルギに避けられているのを感じており、正直、仕事上ペアを組まされても、やりづらいだけだと思っていた。

「あ……いや、そんなことはない」

慌ててルギが否定する。
嫌ではないが、やりづらいと思っていたのは、ルギも一緒だった。

「そう? ならいいけど。じゃあ、九時に現地集合ね」

そう言って、ラシェルは準備をするため、自室に駆けていった。
ルギは、現在の状況が把握できずに、呆然とその場に立ちつくした。

「……どうしてこうなった…?」

最終更新日 : 2013-04-02 22:24:20

« 前の章