閉じる


<<最初から読む

14 / 50ページ

8月14日

 “オレノトモダチ”・・・何も出来ないし何も話せない彼女と暮らし始めてから、もう5ヶ月。俺は、ずっと一線を越えないできたつもりだった。彼女は、何の文句もなけりゃ、抵抗もしないんだから、好き勝手にやる事も出来たんだけど

俺には、そんな気はなかった。

ただ、こうして一緒に暮らしているだけで、そこに『繋がり』を感じてるだけで嬉しかった。このまま、笑わなくたって会話がなかったって構いやしない。俺は、ずっと二人で生きていきたかった。

 ──── 彼女を、愛してしまったから。

8月15日

 何とかして、コミュニケーションを図る事が出来ないか・・・まだ、俺は諦められなかった。だから、毎朝、ノートパソコンにメモを表示させたままにして彼女のそばに置いておいた。手をキーボードにかざしてね。可能性はゼロに等しかったかもしれない。でも、きっといつか何か『声』が入ってる事を信じて・・・俺は、待ち続けたんだ。


8月22日

 あれから一週間。やっぱり画面には、まだ何の文字もなかった。彼女の視線すら、ディスプレイとはまったく見当違いのほうを向いちまってるし、これ以上やっても仕方ないんじゃないんじゃないかって・・・ふとそんな気持ちにもなりかけた。俺だって、これまで何もしなかったわけじゃない。暇さえあれば彼女の手を持って、文字を打つ練習をさせたりしてたよ。『おはよう』、『いってらっしゃい』、『おかえり』、『おやすみ』・・・同じ言葉を何回も何回も。

 ──── まるで、幼い子供に教えるみたいに。

8月26日

 毎日毎日、バイトから帰っては画面を覗くのが習慣みたいになっていた。もうすぐ二週間になるけど、まだ何の成果もない。たまに何かあるとすれば

ののののののののののののののののののののののののののののののののののののののののののののののののののののののののののののののののののののののののののののののののののののののののののののののののののののののののののの

・・・こんな風に、同じ一文字で埋め尽くされていたりとか。案の定ずっと『の』を押さえ込んでて。

8月31日

 ついに、この日が。画面に『言葉』が表示されていたんだ。
 
す ち た せ さ は ん い
 
明らかに少ない文字。床に投げ出された腕を見ると、前みたいに滑ったまま押さえ続けてたんじゃないらしい。初めての『意思表示』、
 
「何て書いたの」
 
って聞いても、“いつもみたく”知らんぷり。
 
 ──── ・・・お前らしいな。


読者登録

紫峯蓮舞さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について