閉じる


奥付

あとがき

一年間に渡って書き続けたこの作品ですが、ようやく完結させる事が出来ました。
作中でも触れられている事ですが、この作品のテーマは日々の積み重ねです。
作者自身も主人公達と一緒になって毎日を一生懸命生きて、ふと振り返った時に浮かび上がって来る走馬灯のような作品を目指しました。
その為に普通だったらカットしてしまうような日常的な描写や、仲間達との関わり合いを遠回りしながらもしっかり描き、一見他愛も無いような場面にこそ重要なヒントを散りばめて来ました。
後半は伏線でがんじがらめになり、自由な発想が出来なくなって辛い事もありましたが、最後の戦いや日常の場面で今まで巻いて来た種が華をさかせた瞬間は嬉しくてたまりませんでした。
そして、書き終わった時にどんな景色が見れるのかなぁ、と楽しみにしていたんですけども、実際には疲れから放心状態になって振り返る余裕すらありませんでした。
それから数日間が経過し、ようやく落ち着きを取り戻して来たので、後書きを書いている次第です。
そして、今まで見る余裕が無かった、頂きからの景色も見えて来ました。
それは、また新しい頂きを目指して旅立つ事…、そうこれからも小説を書き続けようって事です。
次回作は1979年の東京を舞台にした作品にしようかと思います。
1997年はガンダム、ヤマト、スタートレック、銀河鉄道999,ズームイン朝、西武警察、金八先生、ドラえもん、ウォークマンなど伝説級の作品が大量にリリースされた年で、 その時代背景を活かした作品を作れるように頑張って行きます。
では、本当に長くなりましたが、最後まで付き合い頂きありがとうございます。
次回作も是非とも宜しくお願いします。
よろしかったら、このパブーのコメント欄や、Twitter等でご感想を頂けると嬉しい限りであります。

« 前の章 次の章 »