twitterアカウントでログイン

カテゴリー 小説・ノンフィクション SF 作者 犬子蓮木
価格 無料
タグ ロボット未来不死電脳BNSK文才ないけど小説書く
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

31 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 4ページ (Web閲覧)
14ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
ライトウェイトなSF掌編が3作品はいっています。

幸せの青い鳥 -cyberbird-
 数十年先の未来。ある男は服役を終え街に出る。
この時代では飛び交う情報を可視化することができた。
人々は皆、平和そうな青い鳥を飛ばして生きている。なのに、この男の鳥は赤かった。
 
千年想
 ずっとずっと先の未来。人々は不死を手に入れて生きていた。
何万年も生きた者とまだ二十年しか生きていない者。
そして今となにもかわらないような観覧車が出てくるお話。

ばいばい
 さらにさらに先の未来。月面基地のマスドライバーで働く1体のロボットがいました。
彼はいつでも歌いながら、ゴミをとおいとおい宇宙の果てに捨てています。

39文字 × 18文字換算で合計26ページと短い作品たちの収録となっています。
気軽にさっと読んでもらう、そんなSF作品集です。

表紙を更新しました。(2013/8/25)
新しい表紙は主にKDPで活躍されている個人出版作者の鳥居とりさんに作成して頂きました。
素晴らしい表紙をありがとうございます。

コメント一覧

この本へのコメントはまだありません。

facebook コメント一覧