twitterアカウントでログイン

カテゴリー 小説・ノンフィクション SF 作者 犬子蓮木
価格 無料
タグ ロボット未来不死電脳BNSK文才ないけど小説書く
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

32 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 4ページ (Web閲覧)
14ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
ライトウェイトなSF掌編が3作品はいっています。

幸せの青い鳥 -cyberbird-
 数十年先の未来。ある男は服役を終え街に出る。
この時代では飛び交う情報を可視化することができた。
人々は皆、平和そうな青い鳥を飛ばして生きている。なのに、この男の鳥は赤かった。
 
千年想
 ずっとずっと先の未来。人々は不死を手に入れて生きていた。
何万年も生きた者とまだ二十年しか生きていない者。
そして今となにもかわらないような観覧車が出てくるお話。

ばいばい
 さらにさらに先の未来。月面基地のマスドライバーで働く1体のロボットがいました。
彼はいつでも歌いながら、ゴミをとおいとおい宇宙の果てに捨てています。

39文字 × 18文字換算で合計26ページと短い作品たちの収録となっています。
気軽にさっと読んでもらう、そんなSF作品集です。

表紙を更新しました。(2013/8/25)
新しい表紙は主にKDPで活躍されている個人出版作者の鳥居とりさんに作成して頂きました。
素晴らしい表紙をありがとうございます。

この本は無料です

この本を開く

旧バージョンで読みたい方はこちら 

パブーのおすすめ

100円
泣き虫ボッチ2 第十二歩目「小さなお姫様」

この本を開く

甘やかされて育った糖尿病のジェンヌちゃん。食事制限もお注射も、ジェンヌちゃんがイヤなことは一切したく...

この本を開く

幼児向け絵本ですが、大人もどうぞ。ジンベエザメのジンベは海より広いのは何だろうと思いました。コバンザ...
300円
こんなことできるよ2010

この本を開く

仮説実験授業研究会会員によるたのしい授業カタログin特別支援教育。特別支援学級・特別支援学校で実践で...

この本を開く

日本のお城の探訪記。壮大な天守閣を持つお城から、今は城址公園や記念公園となっている城郭・城館、その土...

この本を開く

 あまり記憶には薄いかもしれないが、とある地方の事件としてこんな記事が新聞に躍った。2017年7月、...

もっとみる