閉じる


<<最初から読む

19 / 41ページ

その19

悲しむ / 腕輪 / 皇帝(エンペラー)

「そんな事言ってる場合じゃないでしょ?」腕輪と何の関係があるのよと言いかけて、彼の悲しげな瞳に気づく。春哉に妬いてるんだ。この石、どうやら梅干の種の謝礼ではなかったらしい。自分の鈍感さに腹が立つ。いくら皇帝を辞めたからって由緒ある宝石を簡単に手放すわけがないのに。

抱きしめる / ボタン / 隠者(ハーミット)

しょんぼり垂れた皇帝の耳。抱きしめてやりたい気持ちになる。「ごめん」私は謝った。「でも、私には石よりもあなたの命の方が大切なの。命を狙われてちゃ、安心して隠者にもなれないよ」「それもそうじゃのう」彼の顔に大輪の牡丹のような笑みが広がる。最初からこう言えばよかった。

笑う / 季節行事 / 残酷(アクゼリュス)

腕輪の事を春哉に知られてしまった。でも彼は気にも留めない様子で笑ってる。そっちには未練はないんだろうけど、その笑顔は残酷すぎるよ。「じゃあ『門』を開くのに石を使っても構わないね」春哉はさっさと話題を元に戻した。季節行事を待ちわびる子供みたいに瞳をきらきらさせて。

不安 / シトリン / 拒絶(シェリダー)

春哉が首を傾げた。「もし『皇帝の証』がなければどうなるの?」「『門』は開きませぬ」「……つまり、皇帝を抹殺できなければ戻ってくるなという意味だよね」ポンパーが凍りついた。シトリンの瞳に拒絶の色が浮かぶ。「いえ、そんなはずはありませぬ」だが彼の声はか細く不安げだ。

痛む / 蝋燭 / 悪魔(デビル)

「でも『皇帝の証』がないと戻れない。そうだね?」追い討ちをかけるように春哉が言う。ポンパーの教皇への忠誠心を蝋燭の炎のように吹き消そうとしているのだ。こんな時、春哉は悪魔のように冷酷になれる。「我が君が私をお見捨てにはなるはずが……」苦しげな表情に胸が痛んだ。

足輪 / / 朝顔

ポンパーはぼんやりとベランダの朝顔を見つめている。春哉が黙って足のテープを剥がし始めたが、それにも気づかないみたい。この人、信用してもいいのかな? 彼の足輪に彫られた美しい模様は殺し屋には似つかわしくない。「今日はここまでにしよう」静かな声で春哉が言った。


その20

/ アコーディオン / オリーブ

春哉はポンパーを脱衣所に連れて行き、浴室の使い方を説明し始めた。彼の面倒見のよさには頭が下がる。「余の寝巻きを使うがよいぞ」私は皇帝が選んだ派手な紫色のパジャマとオリーブ色のバスタオルを手渡した。ポンパーは沈んだ顔で礼を言うと、アコーディオンカーテンを閉めた。

/ 鉱物 /

浴室からは水音が聞こえてくる。鉱物オタクでもある春哉は『皇帝の証』を熱心に調べ始めた。「とりあえず、この石があればポンパーを送り返してやれるわけだ」「『対の石』じゃ駄目?」「全く違う石じゃからの。教皇は余が死んだ証が欲しいのじゃ」皇帝は窓の外の夜空を見上げた。

/ 絹糸 / 天秤

やっぱり故郷に戻りたいよね。でも皇帝が帰っちゃったら退屈だな。彼の幸せと私情を天秤にかけちゃいけないんだけど。って、私、彼にここにいて欲しいと思ってる? その時、脱衣所からポンパーが現れた。絹糸のような金髪に肌を桜色に上気させた彼は目の覚めるような美青年だった。

縫う / 時計 / 教皇(ハイエロファント)

皇帝と春哉も呆気にとられてポンパーを見ている。この人、どんだけ汚れてたのよ? 教皇の裏切りを嘆いていたのか目が赤いが、尻尾は真っ白だし皇帝よりも品があるんじゃない? 紫色のパジャマはブカブカだ。後ですそだけ縫ってやろう。春哉が時計を見上げた。「もう帰らなきゃ」

休む / 言葉 / 星(スター)

私は春哉について玄関に出た。明日も仕事を休んで来てくれるという。言葉では表せないほど感謝していると伝えると彼は笑った。「俺は『門』が開くのを見たいだけさ」靴を履きながら意味ありげに私を見る。「フーカーが招子に出会えたのは星の導きだと言ってた。意味は分かるよね?」

カフェオレ / ドレス /

当然、春哉も皇帝の気持ちに気づいてるか。「そうなの。どうしたらいいと思う?」春哉は答えず、私のカフェオレ色のサマードレスを指差した。「それ、海に行った時に着てたね。懐かしいな」「汚れたから部屋着にしちゃった」唐突に彼が聞いた。「招子はまだ俺のこと好き?」ひっ!


その21

ハイヒール / / 諦める

春哉は玄関のハイヒールに目をやった。「もし、俺が彼女と別れたって言ったら? よりを戻してくれる?」私の顔を見て彼がにやりとする。「ごめん、今のは冗談だよ」ううん、彼は嘘をついてはいなかった。なのに言葉が出てこない。どうしても彼のこと、諦められなかったはずなのに。

首筋 / スーツ / 悲しむ

悲しい気持ちで春哉の汚れたスーツを見つめる。さっきは会社から飛んできてくれたんだ。あなたが大好き。なのになんで戻りたいって言えないの? 「招子はフーカーが好きだから」私の心の疑問が聞こえたかのように春哉が答えた。いや、それはないって。それだけは。首筋が熱くなる。

泣く / 煙草 / 恋人たち(ラヴァーズ)

「でもあの人、耳生えてるし、不法入国者だし」「だから嫌い?」そういう事じゃなくて。私はいらいらと彼を睨み、そして泣きたくなった。いつもの喧嘩のパターン。煙草の匂いはしないけど彼も私も変わっていない。同じ過ちを繰り返すから、恋人たちには戻れない。戻らない方がいい。

/ 公爵 / びびる

「あの刀、見ただろう? 俺ならびびって招子を守れなかったと思うよ」春哉が続ける。「フーカーの事はこれからも相談に乗る。褒美にこれ、貰っちゃったから」彼はにやりと笑うとポケットから飴玉を出して見せた。「万が一、彼が帝国に戻ることがあれば、公爵にでもして貰おうかな」

舐める / レース / 知識(ダアト)

「招子だって彼のために必死だったね。拷問なんて言い出すから驚いた。彼の助け舟がなかったらヤバかったけどさ」皇帝が泣き出した事? あれは芝居だったっていうの? 「皇帝をなめちゃいけない。ああ見えてもたいした知識人だ。王位継承レースを勝ち抜いてきたのかもしれないよ」

抱きしめる / 感触 / 星(スター)

「本当は昨日の晩、招子の気持ちを確かめに来たんだ。おかげでこんな事に巻き込まれちゃった。俺も星に導かれたのかもね」春哉は突然に私を抱きしめた。「じゃあ、明日ね」懐かしい感触に胸が高鳴る。でも私には分かった。これは春哉の別離の儀式なんだ。明日から二人はただの友達。


その22

叱る / / 知識(ダアト)

「ハルヤは帰ったのか?」部屋に戻ると皇帝が尋ねた。「せめて余に術の知識があればそちを守れたのにのう」疲れたのか青い瞳が菫色に見える。「そちに恐ろしい思いをさせてしまい、ハルヤに申し訳が立たぬのじゃ」「春哉は関係ないでしょ?」叱りつけるような声に自分でも驚いた。

泳ぐ / アイスクリーム / 美(ティファレト)

皇帝は食べかけのアイスクリームを置いた。「どうしたのじゃ? ハルヤと何かあったのか?」私は黙って皇帝を見つめた。美しい顔を曇らせて心から案じているのが分かる。春哉なら一人で勝手に気持ちの整理つけて帰っちゃったわよ。あの日泳ぎに行ってから、私の人生、どうなっちゃった?

/ 包帯 / 吸う

「大丈夫、気にしないで」私は笑って見せた。皇帝の手首の包帯が緩んでいる。結び直そうとかがんだら、彼に肩をつかまれた。見上げればそっと唇を吸われる。ふんわりと春の匂い。「そちに触れてしもうた。余は尻尾を切り落とされてしまうのかのう?」思いつめたような声で彼が尋ねた。

放す / 沈丁花 / 拒絶(シェリダー)

情けないウサギ男など断固として拒絶すべし。なのに体は固まったまま、彼を突き放すことができない。「ハルヤの方がよいのじゃろう?」皇帝が尋ねる。そう、私は春哉が好きなの。あなたなんて……。沈丁花の香りが私を包み込む。彼に抱き寄せられて私はいつしかキスを返していた。

鬱屈 / お菓子 / 不安定(アィーアツブス)

皇帝は驚いたように動きを止め、私の顔を覗き込んだ。恥ずかしいからやめてよね。嬉しそうに笑い、再び私に口付ける。彼のキスはお菓子のように甘い。これが不安定な関係だと分かってるのに、鬱屈した気分が嘘のように晴れていく。まるでこうなる事をずっと望んでいたみたいに。

快楽 / ルビー / 技(アーツ)

「今宵は余の物となれ。技をつくし考えうる限りの快楽をそちに与えてやろうぞ」そう来ると思ったけどね。「それは駄目だって」なぜって、ポンパーがルビーみたいに真っ赤になって見てるから。「わたくしの事は気になさらずに」「そう申しておるが」だからって私が気になるでしょう?


その23

恨む / 真珠 / 女教皇(プリエステス)

「いいから包帯結ばせなさいよ」「厳しいのう。余の祖母であった女教皇のようじゃ」恨みがましく皇帝が言う。婆ちゃんと一緒にしないで。念のため傷を見たら、あれ、治ってる? うっすら真珠色の傷跡が残っているが、それももう消えそうだ。「どういう事?」「余にも分からぬのじゃ」

縫う / 瑪瑙 / 宇宙(ユニバース)

ポンパーも首をひねる。「手ごたえはありました。陛下は不死身でございますか?」縫わずに済んだのは助かったけどどうなってるの? 皇帝が膝を打った。「そうか。梅干の効用じゃ」「なんと、宇宙を統べる神々の瑪瑙と呼ばれるあの梅干でございますね?」スーパーの梅干、恐るべし。

/ /

ホットミルクを一杯飲んだポンパーの目には霧がかかっている。机にもたれて今にも眠ってしまいそうだ。彼は押し入れに寝かせよう。念のため引き戸に防犯ブザーをテープで貼り付ける。開けたらブザーが鳴る仕組みだ。術をかけたから開けたら雷が落ちると言い聞かせ、引き戸を閉めた。

不満 / / 剛毅(ストレングス)

私達も寝支度を済ませる。明かりを消したとたん、皇帝にベッドに押し倒されたが、耳をねじって退けた。「ポンパーが帰るまで待ちなさいよ」「剛毅な女じゃ。嘘ではあるまいのう」彼が不満に頬を膨らませる。ポンパーが帰る……? そうか。どうしてそれを思いつかなかったんだろう。

笑う / / 知恵(コクマー)

ポンパーの事にばかり気を取られて知恵が回らなかった。私は皇帝を見た。「ええと……」彼がにやりと笑って手を伸ばしてくる。「なんじゃ、急にその気になりおって」違うけど。やっぱり言いにくい。でも言わなくっちゃ。「ポンパーと一緒に『門』を通ってあっちには戻れないの?」

哀しむ / 鳥籠 / 表現(アッシャー)

「招子は余を送り返したいのか?」彼の目に浮かんだ哀しみに私は慌てて首を振った。「ううん、あなたとは別れたくない」でも、どう表現すればいいのか分からないが、皇帝はここにいてはいけない気がするのだ。森に棲む鳥を鳥籠に押し込めてしまうのが、間違っているのと同じように。



読者登録

モギイさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について