目次
はじめに
目次
本の内容
2012年
詩的スケッチ(2012~)
白夜
ひと思案
海風
それ
愛着
おぎなう
無題 2
安心
お守り
やさしさ
智慧
うれしさ
無題 1
愛を知ること
ある
ぬけ殻
葉っぱ
防人
雨と思い出
はれたよる
あるひと
しずけさ
ある夜
部屋
鍋の会話
鐘のない鐘
狼と季節の変わり目
連関
独楽
竜と土砂降りあるいは死
だらしなさと愛おしさ
偶数月のキツツキは
生活が壊れるという事
静かなオルガン弾き
愛と怖れ
たったひとつ
空間と共有
ぼよん
戦争の扉
軌跡
獲得と喪失
共鳴
お湯のテクスチャー
小石
うそぶく人
2011年
詩的軸索(2011~)
色んな狼
繕いと移ろい
抽象エビフライと具象エビフライ
風花一輪
ラクダのドロップキック
解脱
飢えと骸とピアノ
ビンの中の空間概念
言の葉の芽を摘むもの
翼とクジラ、特に円周上のもの
オクトパス
いつかのピアノ
うたたねのなかで
なみだ
皮膚感覚
たましいの帰るところ
ワニ
言葉を踏みにじらないように
自分の文化を愛するということ
認識の強度および修復へ
枝豆の上の守り人は
心の寄り辺
人は花
軸索
2010年
詩的雑記から(2010~)
裂け目
スカンク
もしも世の中がパレードなら
のんびりしている人
悲しい心には
疑った心は
疑われた心は
雨乞いについて
口ぐせの始まりに
アルパカ
空隙
詩的些事、自分の言葉について
みんな芸術家
新しいものは
雨の日は
コモドドラゴン2
コモドドラゴン1
吾輩
その怒りや憂鬱は
発熱とメール
オペロン
シャープペンシルの使い方
化石の作り方
もしもそこがWeb上なら
カレー屋の述懐
詩のための詩の死に関して
詩のテーマを考えるにあたって
楽しいことや面白いこと
アウトサイダーアート1
優秀なシャープペンシル
お弁当
Cow’s hip
詩的雑記1
現代音楽
メキシコ
様々な歌
断片連用1
存在の抽象化について
おわりに

閉じる


はじめに

この詩集は、私が2010年から2012年の間に書き溜めた詩をまとめたものです。読んでみてふわっとした気持ちになってもらえれば嬉しいです。

Yuki

1
最終更新日 : 2013-03-14 23:26:25

本の内容

はじめに
本の内容
詩的スケッチ(2012)
詩的軸索(2011)
詩的雑記から(2010)
おわりに

2
最終更新日 : 2013-03-14 23:33:32

詩的スケッチ(2012~)

白夜
ひと思案
海風
それ
愛着
おぎなう
無題2
安心
お守り
やさしさ
智慧
うれしさ
無題1
愛を知ること
ある
ぬけ殻
葉っぱ
防人
雨と思い出
はれたよる
あるひと
しずけさ
ある夜
部屋
鍋の会話

鐘のない鐘

狼と季節の変わり目

連関

独楽

流と土砂降りあるいは死

だらしなさと愛おしさ

偶数月のキツツキは

生活が壊れるという事

静かなオルガン弾き

愛と怖れ

たったひとつ

空間と共有

ぼよん

戦争の扉

軌跡

獲得と喪失

共鳴

お湯のテクスチャー

小石

うそぶく人


3
最終更新日 : 2013-03-14 22:39:12

白夜

光がみえるような
歌を歌えば
夜であっても
曇っていても
いまここには
光が溢れている
やせ細った大地の上で
ひたすら歩き続けて
歩き疲れていても
心のなかにある
自分が持っている光を
信じることが出来れば
そこはあたたかい
嵐の中で
ずぶぬれになって
大切な人と子供達を
守るものがない
そう思えるときも、
光がみえるように
光が包むように
そう願い続けることが出来れば
大切な人の心は
守ることが出来る
暗くじめっとした
苦しい環境でも
いまここにある
光に目をつぶらずに
暖められている自分に
気づくことが出来たなら
朝も昼も夜も
どんなひどい境遇でも
己を愛してくれる人
己が愛する人のことを
気にかけながら
生きていくことが出来る
そういう
心の中の白夜を
みいだすことが出来るなら
未来へと
いつでも、
いつまでも
歩き続けていける

4
最終更新日 : 2013-03-14 13:55:56

ひと思案

生き物は勝手に
死んでいってしまうから
大切にするものが
多いだけ損でしょう?
そう言いながら
微笑む人の周りには
色んな人が
集まっている
縁は
自分勝手に生まれて
自分勝手に失われていく
縁側に身を投げ出して
夜風にさらしながら
失われたものを思い返して
新しく生まれるものの
嬉しさを思う
始末のつけられない
どうしようもないことが
案外楽しいのは
難儀なことだ

5
最終更新日 : 2013-03-14 13:55:56


読者登録

SongofYukiさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について