閉じる


<<最初から読む

23 / 25ページ

Ⅳ-建築設計事務所クカニアの特徴

設計事務所クカニアは、建築の専門的な知識を必要とする人の「建築の専門知識を持つ代理人」として、最も望ましい解を見出す役割を担います。我々は、自然の木や無垢材を扱うことに得意とする設計事務所です。100軒以上の設計実例を持ち、大工職人とコラボレーションし、素材に明るく、建築の目的に相応しい建築づくりを設計の立場からお手伝いします。 15年以上に渡って京町家の改修・再生を行ってきました。日本の伝統的な木造様式から数多くの手法や技術を学びました。京町家から学んだ日本の木造技術は、汲めども尽きせぬ技と知恵の宝庫です。この技術を活かして、日本の新しい無垢材の使い方に取り組んでいます。 RC構造物や鉄骨構造物と無垢木材との混淆もこの流れから生まれてきました。 自然の素材を使うことによって、空間の豊かさが変わります。人間の環境として「温もり感」が生まれます。日本の空間美意識が生まれ、心が和みます。そして、建築空間に「質的な美しさ」が生まれます。RC造や鉄骨造が「乾いた建築」から、日本の温帯モンスーンに相応しい自然感のある空間に変わります。日本人のDNAがYESと言う空間が生まれます。そうした空間づくりを目指しています。

§「空間視覚心理学」に基づいた空間づくり

  空間は、心理学的に延び縮みします。   空間は、人の心を変化させます。   空間は、人の心を豊かにします。   豊かな空間に居ると、イメージが湧き上がり世界が広がります。

   【例;折れ曲がり】  日本の空間美意識には、目的に対して直接アプローチせずに、目的に対するプロセスを大切にする感性が潜んでいます。銀閣寺の「折れ曲がり」は、銀閣寺の神聖さを高める空間視覚心理学的手法と解釈することができます。「離れて繋がっている2つの空間を直線では無く、折れ曲がった直線で結ぶ」この手法は、喧噪な世俗と隔絶するために3つ空間視覚心理学の組合せによって独自の美学を生み出しています。

《1.目的を暗示する》 目的物を直接に見せることをせずに、目的物のイメージを描くように精神的な集中をあたえます。均質で抽象的な形状の高生垣などが用いられます。

《2.強い方向性を持たせる》 動線を長い直線とすることによって、辿り着きたいと言う期待感を高めます。目的にたどり着きたいと言う心理は、心の中での期待感が高まることになります。

《3.視界を遮蔽する》 高生垣によって視界から周囲の景色を除き均質な空間とすることで、同じ景色から何かにたどり着きたい気持ちを増幅させることになります。

これらの空間視覚心理学の組み合わせた「折れ曲がりの手法」は、極めて日本的な手法として様々な場で応用されています。

空間視覚空間心理学を応用した手法は、日本独自の手法として数多く伝わっています。設計事務所クカニアはこの空間手法の研究をおこない、現代的な応用によって、人の心を豊かにする技術を蓄積しています。 西欧の自然に対する美学と日本のそれとは、大きく異なります。その源は、日本の温帯モンスーンによる四季の変化と密接な関係があります。日本には、自然の変化を生活に取り込んで自然と同化しようとする感性が空間美意識の根底にあるのです。建築設計事務所クカニアは、この空間美意識を磨いて、視覚空間心理学を現代生活に活かすことを空間構成のテーマにしています。日本の自然感に相応しい空間づくりを考えていま.

 

 §クカニア電子出版本

 今までの出版本を電子出版化しました。アマゾンで販売しています。

 

「京都北山の木でつくる癒しの家」

「家づくりのDIYはどこまで可能か?」

「レトロ感=素材感のある家づくり読本」

 「ちょいさんのレトロな家を古材とDIYでつくる奮戦記

「癒しの家づくり読本」

〒604-0963 京都市中京区麩屋町通二条上る布袋屋町516番地2

 建築設計事務所 株式会社 クカニア  

TEL:075-241-3454 FAX:075-253-2698

http://www.cucania.com

 

 


この本の内容は以上です。


読者登録

西巻 優さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について