閉じる


<<最初から読む

16 / 25ページ

Ⅱ-自然材・無垢材で快適な「建物と環境」を創ります。

§「自然石」や「加工石」

 無垢の石は数百年単位で長く使えます。自然の石は使うほどに味が生まれます。自然の石は自由な加工が可能です。日本の石の使い方は、ヨーロッパに比べると活用度は低いですが、独自の風合いを生み出す手法を持っています。石の味を建物づくりに生かして、持続できる建物を創ります。

§ロートアイアインやステンレスの質感

 鉄はもともと硬くて冷たい無機質な雰囲気を持っています。しかし手作りによるロートアイアンはハンマーで叩いたり型で曲げたりすることで、暖かみのある鉄を表現することが可能です。逆にステンレスはソレッド感を出すことに適しています。無垢の鉄を調和や対比をしながら使います。

§ガラス・土・紙の調和

 ガラスは、加工の方法で、柔らかな光を取込むことができます。「障子」は伝統的な間接光の取り込みには最適です。光の透過する量が生活の時間帯の変化と共に変化する様は美しいシルエットと生むことができます。土の温かみは壁として用いると、自然度の高い建物となります。

 


Ⅲ-光が変化し、爽やかな風が抜ける「建築」を創ります。

§伸びやかな空間」の広がり

 我々は、建築を立体的な空間として、如何に伸びやかに使うかを考えています。屋外と屋内は繋がりを持たなくてはいけません。自然の恵みを受け取る空間の仕掛けが必要です。縦の高さ方向にも広がりが必要です。視覚的な見えの変化も重要です。そうした演出によって、広々とした豊かな空間を生みだしています。我々は出来るだけ「引き戸(スライディングドア)」を用います。これは、引き戸が広がりをコントロールする「仕切り機能」を持っているからです。

§「光」と「影」の空間装置

 光は、夏と冬では全く異なる影響を住宅に与えます。朝と夕方でも異なる環境を創り出します。昼と夜も又異なる雰囲気を醸し出します。この時間的な変化を縦横に楽しむ空間創りを考えています。建物で過ごす全ての時間を生き生きと過ごすことが出来るよう配慮しています。

§「建物」と「景」の一体化

 建物の内からの「景」は、建物の利用者にとての楽しみの一つです。日本の伝統的な空間方式である「生け取り」、「借景」、「地窓」、「坪庭」などは良く使われる手法です。狭い敷地を有効に活用したり、密度の高い設計を行うことによってこうした楽しみを得る手法を数多く創っています。「四季を楽しむ」ことは、日本文化に脈々と継がれた手法です。この文化を現代生活様式に合わせて生き生きとした「景」づくりを行います。造園家と連携し、新しい「庭」づくりも行っています。

§自然の「風」

 緑豊かな「庭」を通った「風」は葉ついた水分の気化熱によって温度が下がっています。この庭からの「風」は、心地よい居住環境を作り出します。暑い時の「風」は、心地良い生活環境を作り出します。出来るだけ自然の変化を利用した建築環境を作り出すことを重要に考えています。

§豊かな「吹抜け」空間

「吹抜け」を設けると施工費は上がりますが、建築の豊かさは向上します。予算と快適さの狭間で、いつもギリギリの設計を行っています。階段室と廊下を一体化して縦動線を吹き抜けとする手法や、居室の天井高さを一部高くして上部からの採光を確保します。 暗い廊下には、トップライトを設けて光のシャワーを設けます。天井変化とそこからの光は、建築に豊かさと変化をもたらし、自然との一体感を創りだします。そして、多くの人の集まる空間では、天井の高さは音の響きに影響します。そして壁や天井に無垢木材を用いると音質が大変良くなります。無垢材の持つ「音まろやか機能」です。この効果は天井高さと相まって質の高い空間づくりができます。人を優しく包みこみ空間は、音の響きまで大切にしなかればなりません。   



読者登録

西巻 優さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について