twitterアカウントでログイン

カテゴリー 趣味・生活・芸術 アート 作者 西巻 優
価格 無料
タグ 癒しクカニア温もり木の建築町家京町家店舗設計こだわり建築設計
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

20 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 25ページ (Web閲覧)
31ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
木の家には癒し効果がある」との見解に辿りついた時、目の前の地平が開けました。「木の空間」に入ると何となく落ち着く理由が解明されました。「現在の木の空間とは、日本人がアジアのモンスーン地域のなかで、風土に培われ、建築の歴史の上に立っている文化の継承なのです。」これが長年木に携わった結輪です。日本の風土を形成している樹木を使った建物は、「木の癒し効果がある」ことが前提になっています。人は、風土性と、歴史性という環境に育てられて、その中で感性を磨かれます。RC造や鉄骨造でも木を使えます。日本の建築には、木を用いるのが自然の流れです。

この本は無料です

この本を開く

旧バージョンで読みたい方はこちら 

パブーのおすすめ

この本を開く

人は神さまに逆らって色のついた羊を造りはじめる・・・「バイバイひつじ」はアルファポリスの絵本ひろばに...

この本を開く

2018年3月に発行された沖縄ローカル釣り漫画「ラッキーキャッツルアーフィッシングスクール」最新作!...

この本を開く

へんてこ地方の紙の野に、おっとり絵描きが住んでいました。名前はミオリ、色のないひと。(2018年1月...

この本を開く

本書はFBなどネットに投稿された台湾に関するいろいろな情報をまとめたものです。タイトルは村上春樹の造...

もっとみる