閉じる


<<最初から読む

26 / 27ページ

仮想干潟案内図


注記等

注記

  • 小説の舞台は、荒川下流の某所です。荒川の特性を概ねふまえる形で書いておりますが、事実と異なる記述もございます。ご了承ください。
  • ある程度、現実味を出すため、実際にある場所や施設を参考にしております。
  • 登場人物および居住地等は架空のものです。人物の氏名は、荒川流域等の学校名(当て字)の他、旧地名、現存地名を織り交ぜて設定しております。(読みは実際と異なる場合があります。) あわせてお楽しみください。
  • 2007~2008年の同月同日の天候や潮位をある程度考慮していますが、多少誇張した表現になっている場合があります。
  • 街、鉄道、アーティスト、イベントは実在のものです。漂着ゴミについても実際に近い描写としています。

*「~月の巻」と「~月の巻 おまけ」について

 調査型クリーンアップを中心に繰り広げられる場面を本論とし、「巻」扱いにしています。巻=巻物、と捉えることもできますが、果たしてその心は? (読み進んでいくとどこかで出てくると思います。)

 主にクリーンアップや漂着物に関する話題は、「巻」。そこから派生する諸々のストーリーは、「おまけ」と一応分けていますが、あくまで便宜上の区分です。通してお読みいただくことで、読本としての楽しみが拡がると思います。


この本の内容は以上です。


読者登録

冨田行一さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について