閉じる


<<最初から読む

14 / 15ページ

自分の出番はいつか きっとある

間違っているかもなあ。

だから言うのはやめよう。


指摘されるの嫌だからなあ。

だから言うのはやめよう。


あのヒトに言うとどうなるのかなあ。

だから言うのはやめよう。




いつでも相談に乗るよ。

頼って欲しいなあ。


ずっと応援してるからさ。

折角言っているのになあ。


なんでも言って来ていいよ。

こっちから言っているのになあ。




その時の状況で

その時の感覚で

その時のキモチで


言いたい相手はチガウ

聞いて欲しい相手はチガウ

受け止めて欲しい相手はチガウ



自分のことを

考えてみよう


そうじゃないかな




その時 ダレかを選んでくれればいい

その時 ダレかに話

してくれればいい

その時 ダレかが聞いてくれればいい



自分の出番はいつか きっとある





そうすると もっと幸せになれるかも

もお ホントにまた

もお またいい加減なんだから

もお また迷惑をかけちゃったじゃないの


もお 私にちゃんと言わないから

もお ちゃんと言うと約束したくせに

もお 約束したってあてにならないんだから 


私が居ないとだめなんだから

私ならちゃんと問題なくするのに

私に言ってくれさえすればいいのに




幸せなヒトだなあ

これだけ面倒みてもらえるって


幸せなヒトだなあ

こんなに甘えることができるって


幸せなんだろうなあ

これだけ出番が多いことって


幸せなんだろうなあ

これだけ甘えさせることができるって




イライラしなくていいさ

イライラする必要は無いさ

イライラする理由がみつからないさ




そのままでいいさ

だって両方幸せなんだもの



戸惑うのは周りだけ

ちょっとそこだけご配慮を



そうすると

もっと幸せになれるかも



この本の内容は以上です。


読者登録

中川淳一郎さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について