閉じる


<<最初から読む

11 / 15ページ

だって それを待っていてくれているのだから

なぜ 他人に委ねるのですか

なぜ 直にぶつかってくれないのですか


ずるい

するい

ずるい


自分の 体裁が悪いからですか

自分が 傷つくのが怖いからですか


いやだ

いやだ

いやだ


自分では 無理とどうして思うのですか

自分では 無理となぜ決めつけるのですか


待っているのに

待っているのに

待っているのに


  ・

  ・

  ・


言えない悲鳴


あなたには


聞こえているはず


素直に 耳を向けてみてないか

素直に キモチを向けてみないか


素直に 身体を向けててみないか


自分で 動けば必ず変わる

自分が 動けば必ず変わる


だって


それを待っていてくれているのだから


さあ


行こうか








きっと こどもたちがココロからの笑顔になる

得だな 弱い方が

得だな 弱く見せる方が

得だな 弱いふりをする方が


何にも出来ないと思って助けてくれる


私は 若いから

私は 可愛いから

私は きれいだから


人が寄ってくる

人が声をかけてくる

自分の思う通りになる


損だな 強いと

損だな 強く見えると

損だな 強いところを見せると


何でも一人できると思われてしまう


やっぱり


得だな 弱い方が

得だな 弱く見せる方が

得だな 弱いふりをする方が



人が寄ってくる

人が声をかけてくる

自分の思う通りになる


ちゃんと言ってくれるヒトいるよね


うっとうしいなあと避けているよね

めんどくさいなあと避けているよね

話をしないようにと避けているよね


他の人は

わかっていないと思うかい?


みんなもうわかっているさ

わかっていて行動しているのさ


何故だと思う?


その方が得だから

その方が都合がいいから

その方がめんどくさく無いから



自分らしく生きないかい


きっと


ココロが軽くなる


きっと


こどもたちがココロからの笑顔になる







ホントにいること

本気だ 怖い

本気だ 怖い

本気だ 怖い


本気で向かって来る


困った 怖い

困った 怖い

困った 怖い


本気で言ったつもりじゃない


逃げたい 怖い

逃げたい 怖い

逃げたい 怖い


どうしようどうしようどうしよう・・・


ただ 

苦しくなって言っただけなのに


どうしてそんなに 本気なの

どうしてそんなに 真剣なの


そんなに 真剣にならなくていいのに

そんなに 本気にならなくていいのに


ただ

かまって欲しくて言っただけなのに


どうしてそんなに 本気なれるの・・・

どうしてそんなに 真剣なれるの・・・



怖くていい


あなたのことを

本気で真剣に考えている


そんなヒトが

ホントにいることを

わかってくれればそれでいい







自分の出番はいつか きっとある

間違っているかもなあ。

だから言うのはやめよう。


指摘されるの嫌だからなあ。

だから言うのはやめよう。


あのヒトに言うとどうなるのかなあ。

だから言うのはやめよう。




いつでも相談に乗るよ。

頼って欲しいなあ。


ずっと応援してるからさ。

折角言っているのになあ。


なんでも言って来ていいよ。

こっちから言っているのになあ。




その時の状況で

その時の感覚で

その時のキモチで


言いたい相手はチガウ

聞いて欲しい相手はチガウ

受け止めて欲しい相手はチガウ



自分のことを

考えてみよう


そうじゃないかな




その時 ダレかを選んでくれればいい

その時 ダレかに話

してくれればいい

その時 ダレかが聞いてくれればいい



自分の出番はいつか きっとある





そうすると もっと幸せになれるかも

もお ホントにまた

もお またいい加減なんだから

もお また迷惑をかけちゃったじゃないの


もお 私にちゃんと言わないから

もお ちゃんと言うと約束したくせに

もお 約束したってあてにならないんだから 


私が居ないとだめなんだから

私ならちゃんと問題なくするのに

私に言ってくれさえすればいいのに




幸せなヒトだなあ

これだけ面倒みてもらえるって


幸せなヒトだなあ

こんなに甘えることができるって


幸せなんだろうなあ

これだけ出番が多いことって


幸せなんだろうなあ

これだけ甘えさせることができるって




イライラしなくていいさ

イライラする必要は無いさ

イライラする理由がみつからないさ




そのままでいいさ

だって両方幸せなんだもの



戸惑うのは周りだけ

ちょっとそこだけご配慮を



そうすると

もっと幸せになれるかも



この本の内容は以上です。


読者登録

中川淳一郎さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について