閉じる


<<最初から読む

7 / 15ページ

きっと あなたの中の凄いが見える

人に惚れ込む

人の考えに惚れ込む

人の凄さに惚れ込む


熱中する

真っすぐ熱中する

巻き込むことに熱中する


熱心だ

確かに熱心だ

巻き込まれる熱心さだ


この熱意に人は動く

この熱意が人をほだす

この熱意に引き込まれる



多くの人が引き込まれる


しかし本人は壁に当たると


次の凄いを探す

次の凄いに出会う

そしてさらに熱中する


凄いを見つけ出す私が凄いでしょ 


ひとにすがる

誰かにすがる

凄いにすがる


 ・

 ・

 ・


これだけの


熱意

熱心

熱中


自分に向けてみないか


きっと


あなたの中の凄いが見える



残念だいいひとなのに

残念だ いいひとなのに

残念だ キモチのあるひとなのに


一線を越えてくる

一線を跨いでくる


不愉快な気持ちを感じる

不愉快な感情が出てくる


踏み留まればいいのに

踏み込まなければいいのに


毎回越えてくる

誰にでも越えてくる


いいひとだけに

なかなか言えない


それぞれ自然と

微妙に距離を置くようになる


本人は何か違うと感じている

だが何が原因はわかっていない


いいひとだから言いにくい


このままでは

訳がわからないうちに

人が離れ苦しむのが見える


やっぱりちゃんと伝えるか


本人のキモチを汲んで

本人の目を真っ直ぐに見て


一線を越えてしまうココロを感じて



トライしてみないか エラーしてみないか

ヒトの意見が鬱陶しかった

ヒトの意見は聞きたくなかった


自己主張 だけがしたかった

自己主張 が出来る場があった


そこで


自己主張 できるものは何かを考えた

自己主張 したいものは何かを考えた


気付いた


本当に自己主張 できるものは何も無いことを

本当に自己主張 したいものは何も無いことを


その場で自己主張はできなかった



そこでは


自分を見つめるていた

苦しかったが自分をみつめていた


終わったあと


ヒトの意見が素直に聴けた

ヒトの意見を受け入れてみた


解決できていないことに行動を起こせた



振り返ってみれば


自己主張したいと行動を起こしたこと 


それが解決の始まり


トライしてみないか

エラーしてみないか


何かが動きだすかもしれないさ


自分のコトバで伝えて欲しいな みんなそれを待ってくれているよ

自分は偉人と対等に話せる

自分は偉人に認められている

自分の魅力を偉人は認めている


自分は見聞が広い

自分は勉強を怠らない

自分の言うことは正しい


君たちには

わからないだろう私の魅力は


自分は常に偉人に

認められる努力をしているんだよ


だから聞きなさい

だから聞きなさい

だから聞きなさい


 ・

 ・

 ・


自分には魅力が足りない 

自分には実力が足りない 


自分の存在を認めて欲しい

自分のことに関心を持って欲しい


虎の衣を


着なければ

着なければ

着なければ



自分を大きく見せることだけに

力を注いでいないかい


自分を引き立ててくれるヒトだけに

努力をしていないかい


それは


苦しくないかい


それは


自転車操業になっていないかい



一度立ち止まってみないかい

自分のことをしっかり見てみないかい


知らないうちに


偉人達がお裾分けをくれているよ

もう十分に身になり血になっているよ


それは

偉人達に認められようとしてきた自分の努力の結果さ



自分のコトバで伝えて欲しいな

みんなそれを待ってくれているよ





だって それを待っていてくれているのだから

なぜ 他人に委ねるのですか

なぜ 直にぶつかってくれないのですか


ずるい

するい

ずるい


自分の 体裁が悪いからですか

自分が 傷つくのが怖いからですか


いやだ

いやだ

いやだ


自分では 無理とどうして思うのですか

自分では 無理となぜ決めつけるのですか


待っているのに

待っているのに

待っているのに


  ・

  ・

  ・


言えない悲鳴


あなたには


聞こえているはず


素直に 耳を向けてみてないか

素直に キモチを向けてみないか


素直に 身体を向けててみないか


自分で 動けば必ず変わる

自分が 動けば必ず変わる


だって


それを待っていてくれているのだから


さあ


行こうか









読者登録

中川淳一郎さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について