閉じる


<<最初から読む

15 / 15ページ

第十五夜


お月さまがかくれると

星たちはまた、キラキラとよろこびました

まっくらなお月さまはおもいます

星たちがぼくをキライでも

ぼくは星たちをスキでいよう

ぼくにはたくさんの友だちがいる

ぼくがみんなを大スキでいれば

大スキはどんどんひろがって大きな輪になる

ぼくはみんなが大スキ、みんなありがとう

するとどうでしょう

お月さまの光りは輪になって夜空に広がりました

みんなはうっとりと、星たちもいっしょに

なかよく手をつないぎ

いつまでもお月さまをみつめましたとさ






                            おしまい

この本の内容は以上です。


読者登録

真月乃さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について