閉じる


ようこそレッドカーペットへ

ようこそレッドカーペットへ

「ようこそレッドカーペットへ」〜ご挨拶に代えて〜

僕は映画になんぞ全く関心がなかった。
映画の魅力を伝えてみたい。そう思うようになったのは、ふとしたきっかけからだった。
2004年のある日、ネットで偶然、映画の予告編を見た。
トランペットをくるくる回す女子高生達。
女子高生とジャズ?!
思わず惹き込まれた。
「スウィングガールズ」という邦画である。監督は矢口史靖という人だった。
何回も予告編を見た。
 ここまで虜になってはしょうがない。
僕は何十年か振りに重い腰を上げた。
映画館という場所へ行く事にした。
行ったのはシネコンという巨大な映画集合施設。
ポップコーンの臭い。人の行列。チケット売り場はどこだ?
まるで初めて飛行場に行ったように右往左往する。
チケットを買い求め、劇場の椅子に座る。
ふかふかだ。座り心地がいい。悪くないな、と思っていたら予告編が始まった。

大きなスクリーン。巨大な画像と臨場感溢れる大音響に圧倒される。
「おお、これが最新の映画館なのか」とそれだけで感動した。
やがて本編が始まる。スクリーンで何十年か振りに見る映画。
僕は夢中になった。
そのあと、ぼくは「スウィングガールズ」を劇場で14回観るハメに陥る。
14回目を観た時には、既に僕は「映画」そのもののファンになっていた。
そして映画を劇場で鑑賞する事は「映画と観客の一期一会」である事を知った。
僕は「スウィングガールズ」という映画を14回観た。
結果、14回共に全く違った観客の反応があったのである。
劇場の雰囲気、まさに「空気感」は、同じ映画を観ているはずなのに毎回違う。
それを自分の眼とカラダで正に体感したのである。
だから映画はぜひ劇場で観るべきだと僕は思う。
それ以降「いい」と思った作品は、複数回、劇場で観る事にしている。
やがて僕は、観た映画の感動を、せっかくなので何か記録にとどめたいと思うようになった。そこで始めたのが、ネットでの映画レビュー投稿である。
2004年から始まり、現在に至るまで約380本程度の映画レビューを書いた。
それら過去の映画レビューも順次この「パブー」で公開してゆこうと思っている。
まずはもっとも、ホットな今年2013年、
僕が「ついさっき観て来たばかり」の映画レビューを順次連載してゆこうと思う。

これは僕にとって正に「映画に宛てたラブレター」であり、拙い文章を読んで下さる読者の皆様への「レッドカーペット」への「ご招待状」でもある。
では、映画の世界をごゆっくりお楽しみ下さい。

ご案内役 天見谷行人

« 前の章