twitterとfacebookアカウントでログイン

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格480円(税込)
カテゴリー ビジネス・教育・社会 政治・社会 , 雑誌 作者 genshi-magazine
価格 480円(税込)
タグ
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

1,467 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 65ページ (Web閲覧)
205ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
言志 Vol.8-日本を主語とした電子マガジン

コメント一覧

コメント作成中にパソコンの誤動作?で途中で送信されしまったようですので、 再度簡単に提案を指せて頂きます。 ①特に第三国人の取り締まりを強化し、不法滞在者を強制送還する。 ②民間国防組織の結成:できる範囲で近所の中国人の居住者数を把握する。 ③放送法第64条の廃止:NHKを視聴したい人のみ契約をし、解約も双方自由。 以上です。
recovery2013 : 2013-03-15 23:00:22

水島社長の考えは、僭越ですが私も大変に共感しております。 兎に角、日本の現状を考えると、改革することが多過ぎて、どこから手を付けたら良いのか、優先順位を何にしたらよいのか。でも現状は行動を起こす時です。もうすぐ68歳になる私ですが、時間が許す限り、ビラ配り、デモに参加したく存じまうす。 さて、私の提案ですが、①不法滞在外国人(特に三国人)の摘発及び国外退去。 ②民間防衛団を創設(町内会組織でも可能)、各戸にビラを配り、その行動と共に近隣の外国人情報も出来るだけ入手する。警察の協力が得られればなおよい。③放送法第64条を廃止しNHKの番組視聴は完全契約制にし、解約は双方自由。④国会議員、地方議員を問わず、差当り中国系、朝鮮系の代理人は落選させる。(ほんとうh
recovery2013 : 2013-03-15 22:40:37

私が学校を卒業した(昭和45年)頃は高度成長真っ只中で、会社の新人教育は「根性一筋」的な、所謂 体育会系的な、猪突猛進することを叩き込また。その根性教育は北海道の北端にある北見市の近くの「端野町」と云う所の農家で約40日間行われた。 季節は5月、畑にツルハシを打ち込んでもシバレテ(土が凍っている)ので、2センチも土中に食いこまない。端野町は、辺りがまだ原始林で覆われていた地を馬を使って開拓された。耕地面積はかなり広く、豪農が多いヽ。そこで朝早く起きて、夕方5時頃までみっちりと働いた。 馬を使って畑に鋤をいれたり、田植えをしたり、ビートを植えたり、男爵種のジャガイモを植えたり、いやはや私がこれから東京に帰ってする仕事とは殆ど関係のないことをやらされ、開拓民の苦労の100分の1にも及ばないが、厳しい作業をした。 だから農家の大変さはよく判る。この北海道の畑にも化学肥料がふんだんに使用されており、土地が痩せるばかりだ。だから時々は馬の排泄物が混じった馬草をサイロ内で発酵させた後に畑に入れるそうだ。 さて、6月初旬になると白樺の木がいっせいに青い葉を輝かせ、黄色いタンポポが畦道に咲きほこり、親指大のクマン蜂が辺りを飛び回り、桜が咲き、兎に角全ての植物が同時に咲き乱れ、春が出番を待ってましたとばかりに押し寄せてくる。 この瞬間に、厳しい労働も忘れ、自然の逞しい息吹を感じる;Oh! what a beautiful is it ? そして、ふと思う。 都会でファッショナブルな服を着こなし、化粧を上手にした女性(都会の消費者)と、薄化粧をし農作業服を着た女性との違いを。 情報に振回され、ウワサに振り回されて生活している都会の女性と、地面に足をつけて生活している女性との違いを。  私の提案ですが、人間一度は農作業を経験した方がよいと思う。食物の大切なことを肌で感じてほしい。食物を生産する苦労を、四季折々の田畑と周りの美しさを、理屈ではなく、観念的ではなく、直接肌で感じれば環境問題とか農業問題など一発で判る。  以上長くなりましたがこれで失礼いたします。
recovery2013 : 2013-03-15 22:15:49

私は3月16日で満68歳になる.昭和20年(1945年)生まれです。 私の父親世代は学校で国の成り立ちである神話の世界からの天皇家の系図を教わったそうだが、私が通ったのは尋常小学校という名の学校ではなく、ただの小学校という名の学校だ。勿論GHQ推薦の戦後教育を受けて洗脳されたので、それが完全に抜け切っていない、いや理屈では洗脳されていたことは判るが、どこか潜在意識の奥底には洗脳が完全に解けていない部分があるかもしれない。教育はつくずく怖いと思う。結論を正直に申すと、国の成り立ちなどあまり深く考えたことはない。しかし、私の孫には近現代史だけはしっかりと教えて行きたいと考えている。水間政憲氏の資料とか、菅沼光弘氏、西尾幹二氏、金文学氏、水島総氏他沢山の人たちの書籍や執筆文を後世の人に残してやりたいと衷心から思う。今現在その種の書籍を小遣いからセッセ購入している。
recovery2013 : 2013-03-15 20:43:17

日本もまた左翼ユダヤ人のひきいる言論、情報戦の中に巻き込まれてきた。しかしそれに対する、内なる日本人の抵抗を、今後、言論に載せていかねばならない。
hidetana227 : 2013-03-14 02:15:38

facebook コメント一覧