閉じる


なぜ書こうとしたのか

本来、こういったノウハウを出すべきか迷いましたが、
誰かの参考になれば幸いです。

私は、大卒ではありませんので、
いわゆる大企業には就職活動しませんでした。

そもそも外しました。

よって、中小企業向けの就職活動の仕方を説明します。
※あくまで私なりの方法です。

履歴書について

職歴の空白期間が気になるという人がいます。

私の場合は、2年、3年空白のところがあります。
その場合は正直に書いたほうがいいと思います。

コンビニバイトとか、家事手伝いとか…

ただし、その期間中の研究資料や、作品、企画書等を準備して下さい。
必ず「何やってたの?」って聞かれます。

英語の勉強でもいいです。
でも、やらないでしょ?私はやりませんでした(笑)

そこで、正直に面接官に話します。
三日坊主でした、と。

だいたいここでウケます。


ここでウケない会社は大抵ギクシャクした会社です。
※主観です。

職務経歴書について

職務経歴書はとても大切です。
しっかり書けているということに意義があります。

面接官は内容なんて見ていません。
※ほんとにしっかり見ている会社に出会ったことがありません。

ですので、社会性があることが伝われればいいわけです。

作成の仕方は、リクナビエージェント、マイナビ、エンジャパン等で、
担当者と一緒に作りましょう。

言葉の使い方が勉強できます。

フリーター期間→語学学習など、
やましい言葉が素晴らしい言葉に変化していきます。

しかし面接官もわかっていますので、
「うそでしょ?」って聞いてきます。

そこで、正直にフリーターでしたと言いましょう。

ウケます。

面接の服装

もうスーツで行きません。
私服で行きます。

大体、みなさんスーツですので、
自分だけ超目立ちます。

恥ずかしいです。

これはどうなんでしょうね、
人それぞれです。

笑顔とかしません

だって、明るくないんですもん。
自分の性格が。

みなさん笑顔とか無理に作ってると聞きます。
引きつりませんか?

「暗いね?」ってたまに聞かれます。

正直に答えます。
「私は暗いんです」と。

大体ウケます。


読者登録

takaseincさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について