閉じる


<<最初から読む

5 / 22ページ

ちいさな勇者


時にはだまって、一人になる勇気。

小さな勇者。
大きなハート。



自分を守るエゴなのか
本当に愛しているのか。

結局一生
答えはでないんだろう。

それでも
愛おしいと思う気持ちは
本物。

時間切れ

「タイミングがわるかったね。」

「別にわたしじゃなくてもいいじゃん」

「どうして分かってくれないの?」

別れる理由なんて、いくらでもある。


結局それらは全て
「自分の弱さ」からくる「言い訳」だった。

自分<誰か


「もう少し、自分の生きる意味でいて欲しい」

そう言われたあの日。
あなたがココにいてくれる以上の
何もいらなかった。

折り返し地点


例えば

お金がなくても
仕事がなくても
夢がなくても

「一緒にいよう」

そう思える幸せ。


読者登録

yumix0513さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について