閉じる


プロローグ



そこは まだ エジプトが二つの国とよばれいたころ。

 緑に囲まれていた ナイル川のほとり。

 いろいろな神が いろいろな場所でまつられていた。
 その中の一つ。 

 ブバスティスの地に 
 大理石でできた 月の神殿と よばれる場所があった。

 音楽と笑い声。 甘い匂い。

 そこには 月の巫女 とか 月の天使 とよばれるものたちがくらしていた。 


 東西南北 
それぞれに 上弦、下弦、満月、新月の部屋があり 
 囲まれた 真ん中には 大きな噴水が いつも水をたたえていた。  

新月の部屋には  生まれた日が新月に祝福された巫女たち と いうように 
住まい それぞれ 月が その周期の時には そのグループが祈りをささげていた。 




 乙女たちの姿 以外に 何十匹という猫が そこには住んでいた。

いろいろな猫がいる中で 霊的なパワーをもつ猫として 
乙女たちに かわいがられていた 
『夜』となづけられた猫。 

 左右の目の色がちがう。
その目の色は 濃紺と金。  
 昼と夜
 満月と新月 
光と闇  まるですべてをみとおすように感じられていた。 
 そう、それが私。 
グレーの猫の多い中でひときわ 深い闇のようなグレーの毛。 

まるで 夜の闇の 新月や 満月のようだと 彼女たちは 言った。

それが わたしの はじまりの姿。



清らかな乙女たちに 愛され 彼女たちを見守ってきた 
私の魂の生まれた 前世。

 乙女たちも ここが はじまりのものばかり。 

ここから いく世 時を重ねようと ここを 忘れることはない。 

 語りつくせぬ 魅力的な巫女たちの 記憶。 
いつか また 会える日を 信じて ここに書きしるしましょう。 









 そして もう一つの物語。 
彼女たちが 祈りを捧げる 月。 

月にも もう一つの 神殿があると いわれていた。 
そこにも また 月の巫女たちがいて 青い地球に祈りをささげているのだと。

 そこは 鏡のように ここと 同じで非なるものなのか。 
それとも まったく 逆のものなのか。
 誰も まだ その姿を知らない。 
 『夜』は 空に浮かぶ 月にむかって ないてみた。 
 もう一人の『夜』もそこにいるように 思えて。 









 そして 魂の続く物語。 

生まれ変わっても 
きっと 『夜』は 彼女たちと であう。 

すれちがうだけかもしれない。 
声をきくだけかもしれない。 
 それでも 彼女たちによばれるように。 
そばによりそう。 
話をきこう。 
 彼女たちが あの月を思い出すように。

 月は いつも あなたのそばにいる。 
 光いっぱいのときも 闇に包まれるときも あなたは 一人じゃない。 
笑顔のあなたも 涙のあなたも すばらしいのだと 伝えよう。 



生まれ変わっても 月は いつも あなたのそばに。 

語りつくせぬ 魅力的な巫女たちの 記憶。 

いつか また 会える日を 信じて ここに書きしるしましょう。

この本の内容は以上です。


読者登録

haru-no-yoruさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について