閉じる


試し読みできます

”証券化”ってなに?

※本出版物は、より多くの方にお楽しみいただけるように、難しい言葉・表現などは噛み砕いて説明しています。予め、ご了承願います。

 

”証券化”ってなに?

簡単にいうと「価値を分散する」ことです。

リーマンショックの時にアメリカでは「価値の分散化」がものすごく進んでいました。

例えば、住宅ローンなどが代表的だと思います。

住宅購入者①銀行からお金を借りて家を購入します。

銀行は、住宅購入者①からお金を返してもらう権利(債権)②があります。

その権利(債権)②を専門の機関③に売ります。

専門の機関③は、(債権)②を社会で消化しやすいように小刻みに分けます

小刻みに分けた債権を世界中の投資家に販売します。

結果、価値は分散されました。

 

証券化の利点は、一機関の負担、リスクを低く抑えつつ、需要側の要望に応えられることです。

上のケースでは、銀行の負担とリスクを減らせていますね。

  

 

 

 

→ go to next page!


試し読みはここまでです。続きは購入後にお読みいただけます。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格105円(税込)

読者登録

オシママサラさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について