閉じる


<<最初から読む

1 / 2ページ

試し読みできます

算命学余話 #U1 (page 1)

算命学が古代中国で体系づけられた頃、この学問は専ら戦争に使われたと言われている。つまり勝敗がにわかに決しそうにない互角の戦いである場合、天に祈るという手もあるけれど、もっと現実的にどういう人物をどこに配したら、そうでない場合より勝機を呼び寄せられるか、ということを気にして人事に用いたわけである。適材適所が集団を強くすることは今更論じるまでもなく、戦力になる人材を前線に送るのは現代の軍隊でも企業でも同じだ。集団が他の集団と競い対決する場合、物理的な戦力も地の利も互角であるとするなら、その集団を率いるリーダーや上層部、つまり頭脳が優れている方が勝利を得る。というわけで、今日はリーダーの素質の話を十二大従星から考えてみる。


1
最終更新日 : 2013-02-13 14:02:11

試し読みはここまでです。続きは購入後にお読みいただけます。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格200円(税込)

読者登録

十條実さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について