目次
プロローグ
前兆
カウントダウン
想定外
第一章 逃避
1‐1 炸裂
1‐2 サイレンの光の中で
1‐3 夢と現実のはざま
1‐4 あの日・・・・・
1‐5 あの日・・・・・2
1‐6 あの日・・・・・3
1‐7 あの日・・・・・4
1‐8 あの日・・・・・5
1‐9 夜の闇のむこうへ
第二章 籠の中の鳥
2‐1 真夜中の来訪者
2‐2 710号室
2‐3 鍵
2‐4 新入り
2‐5 澄んだ瞳の少女
2‐6 ドクター・バルダン
2‐7 体が狂喜していた
2‐8 外界
2‐9 治外法権
2‐10 鎮魂歌
第三章 苦しみの人々
3‐1 セシル
3‐2 スポーツクラブ
3‐3 告白
3‐4 奈落の底
3‐5 ばらばらのパズル
3‐6 あの時あの場所にいた人
3‐7 自己との闘い
3‐8 苦しみの人々
3‐9 沖へ、沖へ・・・
第四章 ひとりだちへ
4‐1 バカンス村
4‐2 覚悟
4‐3 苦肉の策
4‐4 ひとりだち
4‐5 ソシアルワーカー
4‐6 生活保護
4‐7 週末の憂鬱
4‐8 やさしの森通り21番地
4‐9 ゼロからの出発
第五章 会いたい
5‐1 第一報
5‐2 義母の動揺
5‐3 親族会議
5‐4 根回し
5‐5 ガエルの押し
5‐6 友の電話
5‐7 会いたい
5‐8 接点
5‐9 手紙
5‐10 おまもり
5‐11 身支度
5‐12 マニキュア
第六章 別離の通告
6‐1 同じ穴の狢
6‐2 混沌
6‐3 独房
6‐4 夢のまた夢
6‐5 廃人
6‐6 別離の通告
6‐7 プライド
6‐8 対面
6‐9 予期せぬ宣告
6‐10 豹変する男
6‐11 工作
6‐12 覚え書き
第七章 ソリダリティー
7‐1 ケリーの忠告
7‐2 取り戻す
7‐3 敵陣へ
7‐4 宣言
7‐5 濁流
7‐6 アイロニー
7‐7 弁護士を探す
7‐8 人から人へ
7‐9 提出されていた離婚裁判申請
7‐10 過酷な話し合い
7‐11 混乱
7‐12 ソリダリティー
第八章 戦いの準備
8‐1 再会
8‐2 皮肉なめぐりあわせ
8‐3 食うか食われるか
8‐4 無知
8‐5 とまどいとジレンマと
8‐6 底なし沼に落ちないために
8‐7 羽ばたく赤い鳥
8‐8 不気味なうねり
8‐9 ティファニーの証言書
8‐10 『自分の家』
8‐11 前日
第九章 決起 ~ 籠の外へ
9‐1 事情聴取
9‐2 手落ち
9‐3 二度目
9‐4 急がねば
9‐5 忘れていた人
9‐6 脱出の実現へ
9‐7 なにもしてやれない
9‐8 自分を非難する声
9‐9 もう 有耶無耶にはさせない
9‐10 無意味な要求
9‐11 不安
9‐12 目の前の現実
9‐13 高い代償を払っても
9‐14 一冊の本
9‐15 約束の証
9‐16 籠の外へ
あとがき
あとがき ~ 不完全なすべてのわたしたちへ
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

104 / 105ページ

試し読みできます

あとがき ~ 不完全なすべてのわたしたちへ

人生はまさに、予期せぬことの繰り返しだと思っています。

まさかあの夏、私は子供を置いて家を出るなど考えもしませんでした。

ましてや、精神病棟に3ヵ月も滞在するなど、

どうして想像できたでしょう。

今の時代、2組にひとつのカップルが離婚に至るといわれるなかで、

離婚というもの自体、もはや珍しいことでもなくなっています。

そして、精神病棟に逃げ込むという過激な形でしか元夫とは別離できなかった私の場合、

それに伴う傷の痛みはただならぬものでしたが、

それも、通るべき道だったのかとも思っています。

 

だとすれば、

あそこは私が入るべくして入った精神病棟ということになります。

しかし、その塀の中で見たのは、まさに驚きの現実でした。

この世に生きるすべての人が、

それぞれの悩みや問題を抱えているとはいえ、

あの病棟にたどり着いた人たちのそれぞれの現実、ドラマは、

とても ひとくくりにして語れるものではなかったからです。

しかも、中にいる彼らひとりひりと接すると、

みんな人間の暖かさを持っていました。

精神科の助けが必要になる理由は各人違っていても、

彼らは結局、それぞれの問題にうまく折り合いがつけられずに、

苦しんでいる人たちに見えました。

つまり、生きるのが少し不器用だというだけで、

何も特別の人ではなかったのです。

 

 

もう何十年も病棟にいて、

おそらくこれから社会に出ていくこともないだろうと思われるジャン・マルクというじいさんがいました。

ふだんは身なりもだらしなく、公共マナーなどひとかけらもない。

もちろん知的な話題もないし、大体言っていることが理解しかねるような感じの人でした。

ただこの人は、みんなに好かれていました。

彼のまわりには、たいてい人がいました。

たしかに憎めない不思議な雰囲気を持っている人でした。

なぜだろうと考えていて、ある時わかったのです。

ジャン・マルクは笑みをたやさないのです。

ボロボロに欠けた歯の間から
はにかんだような笑みを見せます。

その表情が、ともすれば暗くなりがちな病棟に

ほんの少しでも安らぎをもたらせてくれました。

むこうから歩いてくる時も、
食事をしている時も、
彼の口元にはいつもあの笑みがありました。
ジャン・マルクはたぶん
ほとんど学校も出ず、社会的な地位もないはずですが、
スマイルという大きな宝物を持っていたんですね。
私は彼に大切なことを教えてもらいました。
人間 スマイルを忘れないで生きていけば、
どこかで救われるんだと。

 

 

精神病棟というと、とかく世間は外の世界と隔絶して考えます。

実際の塀とは別に、

さらにもうひとつ、偏見という見えない塀があって、

中にいる人というのがまるで、

別次元の世界の人間のようにとらえられがちです。

ただ、それを仕方ないで済ませてしまってもいいのでしょうか。

自分が若い頃には、

人生をどれだけ完璧に生きられるかという方向に気がとられて、

そのレールに乗り切れない人には価値を見出せていなかった気がします。

年を重ねるにつれて私も、

人間はロボットではなくて、『不完全な生き物』なのだということが理解できるようになりました。

そして、病棟で出会った人ちも、そんな『不完全さ』に苦しんでいる人たちだとわかったのです。

人間それぞれに個性があって、

字が上手に書けないとか、音痴であるとかいうのと同じように、

彼らは生きるのが不器用だ、ということにすぎなかったのだと。

 

人間だから、不完全で当たり前。

それが見えてくると、そんな『不完全という人間らしさ』を取り繕う必要性も薄れてきます。

精神病棟には実務上の塀が張り巡らされていても、

見えない塀を心に構えるのが無意味なことに気がつくのです。

不完全なわたしたちは、明日にはその塀の中にいるのかもしれません。

生きるのが少し上手かそうでないかの違いで、

塀の中と外に 特別の距離があるわけではなかったのです。

 

病棟を出た私は、

どうやってこの真実を世の人に知ってもらえるのかを長いこと模索していました。

あの塀はそんなに高くないのだよということを、

どうしたら多くの人にわかってもらえるのかを考えていました。

そして今、こうした本の形に完成して、

ようやく発信スタートに立てたと思っています。

あの病棟での滞在中、

私自身も多くの出来事に出会っては開眼させられ、

ほかでは絶対にできなかった貴重な体験をしました。

ボロボロではあったけれど、

必ず解決の道はあるのだと信じられるパワーを

あの病棟でもらったのです。

そして今日私は生きています。

 

この本を読まれる方に伝えたいのは、そんなメッセージです。

重いテーマではありますが、

精神病棟のリアルタイムに目をとおして

それぞれの人がそれぞれの形で

それぞれの問題から這い上がろうとしているという現実を

読者の方には感じていただけるなら、

私の宿題のひとつがやっと終わるのだと思っています。

 

 

平成25年3月

 

 

 

 

 

追記 : この本は、あえて三人称を使った形で綴ってあります。

読者の方には、違和感を覚えられる方もいらっしゃるかもしれません。

なぜこうした形にしたかというと、自分の稀有な経験を書き出す過程で、

少し距離をおくことで、真実を客観的に見られること。そして、

それが自分の中にまだ蹲っていた苦悩を

多少でも緩和することができたからです。

(一部、後からの証言をもとに組み立てた部分があり、

多少フェイクが入っております。)

ご理解ください。

 

 


試し読みできます

奥付



精神病棟U22


書籍情報      http://p.booklog.jp/book/66080
ブログ        http://ameblo.jp/seishinbyoto22/


著者 : まにまに子



感想はこちらのコメントへ


ブクログ本棚へ入れる




電子書籍プラットフォーム : ブクログのパブー
運営会社:株式会社ブクログ



試し読みはここまでです。続きは購入後にお読みいただけます。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格480円(税込)

読者登録

まにまに子さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について