閉じる


<<最初から読む

144 / 155ページ

「柊路さん?」

 うわ言のように呼ぶと、相手が息を呑む気配がした。

  またひときわ烈しい痛みが直撃した。実里は痛みに顔を歪めながら、必死で訴える。

 「お願いです、助けて。赤ちゃんが、赤ちゃんが生まれそうなんです」

 既に意識は朦朧としていた。

 「おい、しっかりしろ、眼を開けろ。眼を開けてくれ」  

 声は若い男のものだった。この人が親切な人ならば良い。もしそうなら、病院まで連れていってくれるだろう―。     そこまで考えて、実里の意識は完全に闇に飲み込まれた。

 時間はこれより少し前に遡る。

 悠理はこの日、実里に遅れることわずかで墓地に辿り着いた。ここは海沿いで眺めも良い場所だし、陽当たりも良い。わずか十九歳で逝った早妃が永久(とわ)の眠りにつくにはふさわしい場所だ。  

 悠理自身は無宗教で、父は小さな仏壇を祀っていたから、実家は仏教なのだろう。だが、短い人生で色々ありすぎたせいか、神仏に頼るという思考など、とうに棄てた。  

 早妃は個人的にキリスト教を信奉していたし、時には近くの教会の礼拝にも参加することもあった。それなら、彼女の望むやり方で葬式をしてやれば良いと思った。

 早妃の墓の手前まで来た時、彼は墓前に先客がいることに気づいた。相手は悠理の存在には気づいてはおらず、一心に祈っている。

 悠理は他の墓の影から、ずっとその様子を見ていた。しばらくして墓参者が立ち上がり、漸くその横顔が見えた。  そのときの彼の愕きは生半ではなかった。

 何と墓参に訪れていたのは入倉実里だったのである。三週間ほど前に見たときより、お腹は更に大きくなっている。あの中に我が子がいるのだ―と思うと、感無量で胸が熱くなった。

  実里には完全に拒絶されたが、こうして遠くから我が子を見守るくらいは許されるだろう。

  彼は今更ながらに気づいた。早妃が亡くなってからというもの、彼は月命日には必ずこうして墓参りに来た。不思議なことに、大抵、先客があったらしく、まだ咲き誇る百合の花束が供えられていた。

 早妃の両親だとは到底、思えなかった。悠理と違って彼女の義父と母親はまだ健在ではあるものの、葬式の日時を知らせても顔も見せなかったような両親である。  

 誰か友達か知り合いと考えるのが妥当であったが、キャバクラを辞めてから早妃はキャバ嬢時代の友達には逢いたがらなくなった。  

 だとすれば、友達関係というのもあまり考えられない。早妃の好きだった百合の花を持って毎月必ず律儀に訪れる人、その人がそも誰なのか。

 悠理はずっと知りたいと願っていた。逢って、その心優しい人に心から礼を言いたいと思っていたのだ。それが、よもや実里であったとは!  

 声をかけようかどうしようか迷った。また、あんな恐怖と怯えを宿した眼で見られるかと思うと、このまま顔を合わせない方が良いのかもしれないと思えてくる。  彼が思いあぐねていたその時、小さなうめき声が耳を打った。


 ハッと顔を上げると、実里が墓の前に倒れていた。腹が痛むらしく、片手でお腹を押さえている。その表情から相当の痛みを堪えているのだろうと察せられた。

 迷ってなどいられない。悠理はすぐに実里の側に走った。

 「大丈夫か?」  

 抱え起こして声をかけると、実里はうっすらと眼を開いた。その苦しげな表情に、かすかに安堵が滲んだ。 「柊路さん?」  刹那、悠理の胸を軽い衝撃が駆け抜けた。  

 実里は柊路に心を寄せ始めているのだ。  

 当然のなりゆきにも思えた。男の悠理が見ても、柊路は男気のある男らしい男だ。

  柊路は十一月のある日、ホストクラブを辞めた。同じホスト仲間から聞いたところによると、自動車の整備工場で見習いとして働いているらしい。見習いをしながら、将来は本格的な整備士になるのを目指しているのだという。

 自らの目的を持ち、それに向かって邁進している柊路。その毅然とした生きる姿勢は、実里にも共通するものだ。そして、柊路の方も実里にベタ惚れだ。  

 あの二人なら、似合いだろう。  柊路なら実里を幸せにしてくれるし、柊路自身も言っていたように、生まれてくる赤ん坊を我が子同然に慈しむに違いない。

  二人を託すのに柊路ならば、何の愁いもない。なのに、悠理の心は晴れなかった。  

 その瞬間、彼は悟ったのだ。  俺はいつからか実里に惹かれ始めていたんだ。

  始まりがいつからかは判らない。実里を執拗につけ回していた頃では断じてないし、レイプしてやろうと思い立ったときであるはずがない。いずれにしろ、彼女につきまとっている中に彼女という人間を知るにつれ、実里という女の人間性に強く惹かれるものは感じていた、それは確かだ。

 脆そうなのに、頑固で、ひたむきで真っすぐで、優しくて。上っ面だけ友達面をして、その実、相手を蹴落とすことしか頭にないホスト仲間の中にあって、たった一人、心を許せた親友柊路と実里はとてもよく似ている。  

 外見とかいうのではなくて、魂の奥底の深い部分で似ている。だからこそ、余計に悠理は実里に惹かれたのかもしれない。

 彼女が早妃を轢いたと知りながら、悠理は次第に実里の人柄に魅せられていった。実里が彼の子を宿したと知った時、もしかしたら、親子三人で暮らせるかもしれないなどと馬鹿げた空想を夢見てしまったほどに。  

 むろん、これは、まだ愛とか恋と呼べる段階のものではない。しかし、芽生えたこの感情が少しずつ育っていけば、いずれは恋になり得る可能性のあるものではあった。  苦しげな声が聞こえて、彼は首を振った。

 今は女々しい物想いに浸っているときではない。

  冬だというのに、実里は脂汗をかいている。これはただ事ではない。

 「お願いです、助けて。赤ちゃんが、赤ちゃんが生まれそうなんです」

  息も止まりそうな苦しみに喘いでいるのに、お腹の赤ん坊のことばかりを気にしている。それがいじらしくもあり、哀れでもあった。

 意識は朦朧としているのか、実里の眼は虚ろだ。

 「おい、しっかりしろ、眼を開けろ。眼を開けてくれ」

 悠理の叫びも空しく、実里はついにそれきり意識を失った。


 悠理は意識を失った実里を苦労して背負った。実里の下半身はしとどに濡れている。ズボンがぐっしょりと濡れていた。やはり、これは尋常ではなさそうだ。実里の言うように、赤ん坊が生まれてこようとしているのかもしれない。

  とりあえず墓地を出て住宅街の見える坂まで戻ると、携帯で救急車を呼んだ。

  緊急を要すると判断した救急隊員は実里をI町の総合病院に運んだ。

 ストレッチャーに乗せて運ばれていく実里は、死んだように顔色が悪い。そのやつれ果てた顔は、やはり同じように病院のストレッチャーに乗っていた早妃の死に顔と重なった。

  刹那、悠理の中に烈しい感情が湧き起こった。

「失礼ですが、どういうご関係の方ですか?」

 看護士に訊ねられ、悠理は即答した。

 「赤ん坊の父親です」

  流石に〝夫〟とは言えなかった。

 「先生、お願いします、俺の子どもを助けて下さい」

  ストレッチャーについて分娩室に入る白衣姿の医師に、悠理は取り縋った。

 「お産がもう始まっているようです。破水もしていますので、今夜中には生まれるでしょう」

 まだ若い医師は事務的な口調で告げると、慌ただしく分娩室に消えた。

 しかし、事態はそう簡単には進まなかった。

  悠理にとって、その夜は二十二年の生涯で最も長い夜となった。

 彼は分娩室の前の椅子に座り、耳を澄ませて産声が聞こえてくるのを今か今かと待ち続けたが、聞こえてくるのは実里のうめき声と悲鳴だけだ。 

  まるで、どのような酷い折檻を受けているのではないかと心配しそうになるほど、すさまじい声がひっきりなしに聞こえる。

 「頑張ってね、もう少しよ」

 付きそう看護士たちの励ます声も混じっている。

  分娩室に入ってから数時間経過した頃、医師が一度、出てきた。その深刻な表情から、悠理は実里の出産が順調ではないのだと悟った。

 「先生、どんな様子ですか?」

 待ちかねたように問えば、医師は難しい顔で首を傾げた。

 「どうも赤ちゃんが逆子のようです。それで、陣痛の波は来ても、途中で引っかかって上手く出てこられないんでしょう。もう少し様子を見ますが、生まれる気配がなければ、途中で帝王切開に切り替えます」

 「帝王切開―」

 悠理は息を呑んだ。

  医師はそのまま、また分娩室に戻った。その間も実里の痛々しい声は絶えない。

 一時間ほど経った。今度は分娩室がざわつき、数人の看護士が慌ただしく出入りを繰り返し始めた。  更に別のいかにもベテランといった銀髪の医師がどこからともなく現れ、分娩室に入る。どれもが良い兆候とは到底思えない。  

 悠理は忙しそうに行ったり来たりする看護士の一人に取り縋った。

 「一体、どうなってるんですか?」  

あれほど苦しげに聞こえていた実里のうめき声が聞こえないのも不吉な予感がした。

 まだ若い看護士は悠理に構う暇も勿体ないとばかりに早口で告げた。


 悠理は意識を失った実里を苦労して背負った。実里の下半身はしとどに濡れている。ズボンがぐっしょりと濡れていた。やはり、これは尋常ではなさそうだ。実里の言うように、赤ん坊が生まれてこようとしているのかもしれない。

  とりあえず墓地を出て住宅街の見える坂まで戻ると、携帯で救急車を呼んだ。

  緊急を要すると判断した救急隊員は実里をI町の総合病院に運んだ。

 ストレッチャーに乗せて運ばれていく実里は、死んだように顔色が悪い。そのやつれ果てた顔は、やはり同じように病院のストレッチャーに乗っていた早妃の死に顔と重なった。

  刹那、悠理の中に烈しい感情が湧き起こった。

「失礼ですが、どういうご関係の方ですか?」

 看護士に訊ねられ、悠理は即答した。

 「赤ん坊の父親です」

  流石に〝夫〟とは言えなかった。

 「先生、お願いします、俺の子どもを助けて下さい」

  ストレッチャーについて分娩室に入る白衣姿の医師に、悠理は取り縋った。

 「お産がもう始まっているようです。破水もしていますので、今夜中には生まれるでしょう」

 まだ若い医師は事務的な口調で告げると、慌ただしく分娩室に消えた。

 しかし、事態はそう簡単には進まなかった。

  悠理にとって、その夜は二十二年の生涯で最も長い夜となった。

 彼は分娩室の前の椅子に座り、耳を澄ませて産声が聞こえてくるのを今か今かと待ち続けたが、聞こえてくるのは実里のうめき声と悲鳴だけだ。 

  まるで、どのような酷い折檻を受けているのではないかと心配しそうになるほど、すさまじい声がひっきりなしに聞こえる。

 「頑張ってね、もう少しよ」

 付きそう看護士たちの励ます声も混じっている。

  分娩室に入ってから数時間経過した頃、医師が一度、出てきた。その深刻な表情から、悠理は実里の出産が順調ではないのだと悟った。

 「先生、どんな様子ですか?」

 待ちかねたように問えば、医師は難しい顔で首を傾げた。

 「どうも赤ちゃんが逆子のようです。それで、陣痛の波は来ても、途中で引っかかって上手く出てこられないんでしょう。もう少し様子を見ますが、生まれる気配がなければ、途中で帝王切開に切り替えます」

 「帝王切開―」

 悠理は息を呑んだ。

  医師はそのまま、また分娩室に戻った。その間も実里の痛々しい声は絶えない。

 一時間ほど経った。今度は分娩室がざわつき、数人の看護士が慌ただしく出入りを繰り返し始めた。  更に別のいかにもベテランといった銀髪の医師がどこからともなく現れ、分娩室に入る。どれもが良い兆候とは到底思えない。  

 悠理は忙しそうに行ったり来たりする看護士の一人に取り縋った。

 「一体、どうなってるんですか?」  

あれほど苦しげに聞こえていた実里のうめき声が聞こえないのも不吉な予感がした。

 まだ若い看護士は悠理に構う暇も勿体ないとばかりに早口で告げた。


「奥さんの血圧がかなり下がって、危険な状態です。出血量が多いので、これから輸血をします」  

 悠理の眼に涙が滲んだ。

 「お願いです、助けてやって下さい。二人とも助けてやってくれ」

 泣き崩れる悠理の肩を後から出てきた年配の看護士が叩いた。

 「大丈夫ですよ、お父さん。奥さんも赤ちゃんも今、頑張ってますからね」

 温かみのある声はしかし、悠理の不安を少しも和らげてはくれなかった。

 再び長い時が始まった。

 分娩室はあれほど騒々しかったのが嘘のように、しんと静まり返り物音一つない。  

 悠理は長椅子に座り込み、両手で頭を抱えた。

 こうしてただ一人、薄暗い病院の廊下にいると、嫌な想像ばかりしてしまう。  このまま実里は死ぬのではないか。いや、実里だけでなく、待ちわびている我が子まで、儚くなってしまうのではないだろうか。

 もしかしたら、自分は子どもに恵まれない星の下にあるのかもしれない。  俺の子どもを宿した女は皆、ことごとく死ぬ運命にあるのか!?  馬鹿げた考えだとは判っていても、どうしても思考はマイナス方向にばかり行ってしまう。  嫌だ、また、大切な人間が死ぬのなんて、耐えられない。

 神さま、どうか俺の子どもと子どもを生んでくれようとしている女を―実里を助けてくれ。

  けして信心深いどころか、全くの無信心であった自分がここまで神に真剣に祈ることがあるとは。彼は自分でも信じられなかった。  

 それからですら、随分と長い時間が流れたように思えた。  ピチュピュと気の早い雀のさえずりが聞こえ始めたかと思う頃、悠理はハッと弾かれたように顔を上げた。

 わずかな間、うとうとしていたらしい。

―実里は、実里はどうなったんだ?  

 慌てて立ち上がりかけたその時、静まり返った早朝の空気を底から震わせるように、力強い産声が響き渡った。 「や、やった」

 悠理は思わず叫び、ガッツポーズをした。

 再び分娩室が騒がしくなり、ほどなくして年配の看護士が白いおくるみにくるまれた赤ん坊を抱いて出てきた。  夜中に取り乱す悠理を励ましてくれたあの看護士だ。

「おめでとうございます。2,200グラムの可愛い女の子ですよ。少し早めに生まれたので保育器には入りますけど、元気に育ちますから、安心して」

 「―」

  声が出なかった。様々な想いが一挙に渦巻いて、ぴったりの言葉が見つからない。

 「ほら、新米お父さん、抱いてご覧なさい」

 赤児を渡され、悠理はおっかなびっくり危なげな手つきで抱いた。

 「ああ、そんなに力を込めなくても大丈夫、赤ちゃんは見かけ以上に力強いんですから」

 悠理は言葉もなく、無心に眼を瞑る我が子を見つめた。小さな小さな手に自分の人差し指を握らせると、存外に強い力で握りしめてくる。

 「本当ですね。結構、力が強いや、こいつ」  

 悠理の頬をひとすじの涙が流れ落ちた。

 「それで、母親の方はどうですか?」

 

 



読者登録

megumi33さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について