閉じる


<<最初から読む

42 / 155ページ

 恋愛について、どうも自分はあまりに臆病というか怠惰になりすぎてしまったらしい。

  実里はまた大きな息をついた。ワイパーの音が相変わらず耳障りだ。昨夜は結局、あまり眠れず朝を迎えた。更に今日は新規プロジェクトに参加するメンバー全員がほぼ顔を揃え、初めての企画会議を行った。実里はパネルやフィルムなどを駆使して企画の全容を参加者に詳しく説明し、質問者からの鋭く的確な質問に一人で対応しなければならなかった。  

 この企画のチーフ、主任は本社の編集部の部長が兼ねるが、副主任は何と企画発案者の実里が任命された。 ―入倉君。私はあくまでも飾り物の主任だから、責任者はこの企画を考え出した君自身だということは忘れないでくれたまえよ。  

 会議後、部長から直々に申し渡された言葉は、良く取れば実里を頼りにして立てているということでもあり、逆に取れば、この企画が失敗に終われば、実里に全責任が来るという風にも取れる。


 今、実里は、これ以上はないというほど、疲れ切っていた。潤平とのことは、どうしたら良いのか判らない。ここらで別れるべきだと囁く冷静な自分がいる傍ら、今、彼と別れたら、もう二度と自分は誰とも結婚できないのではないかと怖れる自分がいた。

  新規プロジェクトは漸く動き出したばかりで、果たして未熟で経験もない自分に副主任、事実上の責任者だなとどいう重い役が果たせおおせるのか自信もない。

 失敗すれば、夢が潰えるどころか、会社にも居られなくなるだろう。こんなときこそ慰め側にいて支えて欲しい恋人は、自分の仕事のことしか頭になく、新規プロジェクトか結婚かどちらかを選べと迫っている。

  実里は、ふいに眼をしばたたいた。精神的な重圧が高じたのか、あまりに深い疲労のせいか、眼の前が一瞬、霞んだのである。ハンドルから片手を離し、慌てて眼をこすっている中に、視界のブレは治まった。


 ホッとしたその瞬間、数メートル前方に白い影が揺れているのが映じた。刹那、ゾワリと背筋を寒気が走った。しかし、自らを叱咤して落ち着かせる。

 ここら界隈は閑静な住宅地が続いていて、幽霊が出るなどという話はついぞ聞いたことがない。ありったけの自制心をかき集めると、グッとハンドルを握る手に力を込めた。  

 と、あろうことか、白い影はふらふらと頼りなげに浮遊するように揺れながら、こっちへ向かって来るではないか。

 実里は焦った。このままでは、あの白い影にぶつかる。慌てて急ブレーキをかけるも、間に合うはずはなかった。やがてドスンと鈍い音がして車のボンネットに少なからぬ衝撃が加わった。 ―人を、轢いて、しまった。

  実里はひたすら茫然としていた。車はとうに停止していたが、彼女はハンドルを異常なほどの力で握りしめたまま、しばらく凍り付いたように動かなかった。やがて永遠にも思える時間が途切れ、実里はハッと我に返った。


 随分と長い時が経ったようだけれど、恐らくものの数秒ほどであったろう。実里は狂ったような勢いで軽自動車のドアを開け、路上に転がり出た。

 やはり―。世にも不幸な予感は的中した。急停車した車の真ん前に一人の女性が倒れていた。白い影のように見えたのは、女性がアイボリーの丈長のワンピースを着ていたからだろう。  長く茶色い髪が雨に濡れて細い身体に張り付いている。その周りに飛散した血飛沫が見え、雨に濡れたアスファルトを不吉な血の色に染めているのが夜目にも判った。

 女性はうち伏した格好で倒れている。実里は女性の身体に手をかけて揺さぶろうとして、思いとどまった。こんな場合には、下手に動かさない方が良い。

 「しっかりして下さい。大丈夫ですか?」

 女性に自分の声が聞こえているかどうか判らなかったけれど、実里は声を限りに呼んだ。


 と、女性がわずかに身体を動かした。

 ―良かった、生きている!

 神に感謝しながら、実里は女性の顔許に近寄った。女性が顔を少し動かし、持ち上げたからだ。

 「大丈夫ですか? 私の声が聞こえますか?」  

実里が問うと、女性はかすかに頷いた―ように見えた。

 「お腹に、お腹に」

 か細い声で呟くので、なかなか聞き取れなかったが、やっと何回めかに聞き取れた。

 「お腹に―赤ちゃんが」  実里は愕然として、女性の細すぎる身体を見つめた。そう、確かに彼女は妊娠していた。これ以上は細くならないのではと思えるほど細い肢体の腹部だけがこんもりと大きく突き出ている。明らかに妊婦の体型だ。  自分は身重の女性を撥ねてしまったのか?

 実里は蒼褪め、倒れ伏した女性を見つめた。



読者登録

megumi33さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について