twitterアカウントでログイン

カテゴリー 趣味・生活・芸術 雑誌 作者 足利市観光協会
価格 無料
タグ 温泉旅行JR伊豆急伊豆熱川足利新潟塩原びゅうスペーシア
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

114 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 19ページ (Web閲覧)
20ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
足利市観光協会 着×着 project 足利学校・論語の教えより  

私たちのまち足利の旅館・ホテル・施設にも…それぞれが持つ素敵な魅力があります。その魅力をお互いのまちで知っていただくのも良いのでは?と…そんな思いからスタートした「学び舎のまち足利着×着 プロジェクト」。

それぞれの持つ魅力には、学ぶことがたくさんあります。足利の象徴的存在である国指定史跡足利学校では、日本最古の孔子廟があり、孔子の弟子との問答をまとめた「論語」の素読をしています。その中には、皆様もご存じの「温故知新」という言葉があります。これは、「子曰く、故きを温ねて、新しきを知れば、以って師と為るべし」という論語の一文から生まれましたが、それぞれの地域や旅館・ホテル・施設にも独自の歴史があり、私たちもその歴史から新しい発見やまちな
みの重みに気づかされます。

学びは、固辞しない寛容な心から広がります。それは「足利人」の気質そのもの。足利は、このまちの歴史を守りながらも、ある時代は学びのまち、またある時代には先進工業で日本屈指の繊維工業のまちに変貌、そして今、足利氏や足利学校の歴史、伊万里鍋島の所蔵で名高い栗田美術館や映画・ドラマのロケ地として、数多くの作品に登場。さらに、あしかがフラワーパークの600畳敷の大藤棚や北関東随一の規模のイルミネーションを中心に「学び舎のまち」として観光でも脚光を浴びています。

足利市観光協会から、学びで得た、魅力を、楽しさを…より多くの皆様へお届けできれば幸いです。

この本は無料です

この本を開く

旧バージョンで読みたい方はこちら 

パブーのおすすめ

この本を開く

 あまり記憶には薄いかもしれないが、とある地方の事件としてこんな記事が新聞に躍った。2017年7月、...

この本を開く

誰もが知ってる桃太郎!でも、なんだか少し様子がおかしいようです。イヌもサルもキジもこんなんだったかな...

この本を開く

なまずくの耐震事件簿の第1.5話と第2話。耐震診断情報を整理して診断書を作成し報告に行きます。果たし...
300円
こんなことできるよ2010

この本を開く

仮説実験授業研究会会員によるたのしい授業カタログin特別支援教育。特別支援学級・特別支援学校で実践で...

この本を開く

1971年から1990年までの20年間にテレビ放映された日本の特撮ヒーロー番組に登場する「悪の組織」...

もっとみる