閉じる







映像制作入門 

~映画で世界を変える8つのステップ~


映像制作入門 ~映画で世界を変える8つのステップ~

はじめに

 

この冊子を手にされた皆様へ―

我々には解決すべき大きな課題があります。

『渾身の力作なのに、なぜ自分の作品は売れないのか』

『最高のアイディアなのに、なぜ誰も採用してくれないのか』

 映像コンテンツ業界に身を置く方々の中には、このように感じたことがある方も多いのではないでしょうか。皆、自信をもってものづくりをしているのにも関わらず、売れる映画はごく僅かであり、その他の多くは上映会で関係者が盛り上がった後は、そのまま消えていってしまうことが大半です。いったいなぜなのでしょうか。

 

また芸大や美大、専門学校等でスキルを磨いてきたのに、いざ作品を作り始めると、どうすれば「人々の心に響く作品」になるのか不明瞭で、結果的に多くの方々が曖昧な判断の下、我流でものづくりをしてしまっているのが現状であります。

実はあなたの映画がヒットしないのは、あなたの責任ではありません。今まであなたが売れる映画を作るための『体系的な知識』を教わる環境にいなかったこと、良い先生と出会えなかったことに原因があるのです。


―――十数年前 12月早朝。

私は下北沢の外れにある小さな公園の水道で身体を洗っていました。人影の無い寂れた公園はとても寒く、蛇口から出る水は氷のような冷たさで、すぐに手の感覚が無くなりました。とある映画関係者から電話があったのはその2日前でした。「現場で見習いをさせてやる」と召集され、その日の夜に財布だけ握り締めて夜行バスで上京したところでした。


翌朝、新宿の書店で購入した地図を頼りに原宿の雑居ビルを訪ねると、神経質そうな助監督が現れて無言で台本を渡されました。暫くスタッフルームで黙読していると、「邪魔だ、帰れ」と追い出されてしまい、仕方なく東京の町を徘徊した挙句に辿り着いたのが冒頭の公園でした。


それから暫くの年月が過ぎ、次第に仲間や師匠にも恵まれ環境も良くなり、現場の仕事以外でも、業界の第一線で活躍するプロデューサーや映画監督から「売れる映画の秘訣」「企画開発の大切さ」「プレゼンテーションの技術」について幾度も教わることができました。


一方、私の周りでは、大学や専門学校で映画を学んでから社会に出た仲間が、大変苦労しているという現状がありました。特に数百万円もの自己資金を投じて完成させた自主映画の資金回収ができず、その後、作品作りを辞めてしまった仲間が大勢いることを知ったときは、非常に残念な気持ちになりました。


この数年間、講演など色々な活動をさせていただく中で、そのような仲間を含む多くの方々の相談を受けてきました。映像作家や脚本家、また町工場の開発担当者や工業デザイナーなど分野は多岐に渡ります。彼らの話に耳を傾けていて、確かに彼らのアイディアはとても面白いのに、なぜヒットする企画へと育たないのか疑問を持ちました。そして私は彼らに共通する、ある根源的な原因があることに気付いたのです。


それは『企画開発』と『プレゼンテーション』に関する体系的な知識が全く無いという事でした。そこで、今まで私が影響を受けてきた諸先輩や仲間達との実体験に基づき、自然と身に付いた守破離をここで体系的にまとめてみようと考えました。

 

 特にこの冊子では、売れる映画を作るために最低限必要な『企画開発』と『プレゼンテーション』という2大柱をメインテーマに執筆いたしました。この2つの体系的な知識は、映像業界に身を置く方に限らず、あらゆるクリエイティブ産業に携わる方々に大きな影響を与えるに違いないと確信しております。


この冊子のタイトルに、『世界を変える』と書いてあることに興味を覚えた方がいらっしゃるかもしれません。全ての映画は『周りに大きな影響を与えられる作品』もしくは『自己満足で終わる作品』のどちらかに必ず分類できます。そもそもクリエイティブ業界というのは、農業や工業と違い、我々が作品を世に送り出さなくても特に誰も困らない業界です。


そのような中で我々が作品作りをする意味はどこにあるのでしょうか?私は、やる以上は、「良くも悪くも世の中に波紋を起こせるものでなければ意味が無い」と考えています。人々の価値観や、意思決定に影響を与えられるような作品こそが必要とされているのです。ただの自己満足で終わるのならば、趣味として一人でやっていれば良いのです。個人の趣味を批判しているわけではありませんが、この冊子に関しては、世の中に大きな影響を与えられる作品作りを目指す方々に向けて執筆いたしました。


マイケルジャクソンが音楽で世界を一つにしたように、映画でも世界を一つにすることができます。映画は世界を動かす魔法の力を持っているのです。

この冊子の内容を実際に生かし、私やその仲間たちは多くの作品を世に送り出してきました。この冊子が、あなたのものづくりに対する認識や、仕事に対する考え方に良い影響を与えられるきっかけになれば、これ以上の喜びはありません。







              

                                                             



目次

 

  映像制作入門 ~映画で世界を変える8つのステップ~

  はじめに

 

第一章     なぜあなたの映画がヒットしないのか

普通の人がヒットメーカーになれない5つの理由

           .今まで企画開発について真剣に考えたことが無い

           .自分の失敗のパターンに気付いていない

           .ヒットメーカーに必要な知識を習得していない

           .必要な行動を先延ばしにしている

           .ヒットメーカーへと導いてくれる先生がいない

 

 

第二章     「ヒットメーカー」7つの特徴

.「気付き」に敏感である

.アイディアを生み出す方法を知っている

.アイディアが生まれる場所を知っている

.大勢を巻き込むことに積極的である

.「企画力」「訴求力」「スピード」を常に高めている

.ブレないコンセプトを導き出す公式を知っている

.納得できる結果へ導いている



読者登録

CINEMA INFERNOさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について