目次
目次
目次
目次
目次
目次
はじめに
はじめに
はじめに
題字(聖書論歴史編)
聖書論〔心理編〕
Ⅰ. 純真無知氏
Ⅰ. 純真無知氏
Ⅰ. 純真無知氏
page 3
Ⅱ. 汝の隣人を愛せ
Ⅱ. 汝の隣人を愛せ
Ⅱ. 汝の隣人を愛せ; 誤解の可能性
Ⅱ. 汝の隣人を愛せ; 「愛」って何?
Ⅱ. 汝の隣人を愛せ; 「愛」って何?
Ⅱ. 汝の隣人を愛せ; 「愛」って何?
Ⅱ. 汝の隣人を愛せ; 愛を定義する
Ⅱ. 汝の隣人を愛せ; 目に見えるものとの比較
Ⅱ. 汝の隣人を愛せ; 目に見えるものとの比較
Ⅱ. 汝の隣人を愛せ; 愛の実験
Ⅱ. 汝の隣人を愛せ; 愛を命令されて
Ⅱ. 汝の隣人を愛せ; 愛を命令されて; 相手を変える①
Ⅱ. 汝の隣人を愛せ; 愛を命令されて; 誤解が生まれる場合
Ⅲ. 愛の命令が生む錯覚
Ⅲ. 愛の命令が生む錯覚
Ⅲ. 愛の命令が生む錯覚; 錯覚の芽生え
Ⅲ. 愛の命令が生む錯覚; 錯覚の成長
Ⅲ. 愛の命令が生む錯覚; 錯覚の成長
Ⅲ. 愛の命令が生む錯覚; 錯覚の成長; 愛と善悪
Ⅲ. 愛の命令が生む錯覚; 錯覚の成長; 愛と善悪; 聖書の中の処罰例
Ⅲ. 愛の命令が生む錯覚; 錯覚の成長; 愛と善悪
Ⅲ. 愛の命令が生む錯覚; 怯える/逃げる/踏む
Ⅲ. 愛の命令が生む錯覚; 怯える
Ⅲ. 愛の命令が生む錯覚; 怯える
Ⅲ. 愛の命令が生む錯覚; 逃げる
Ⅲ. 愛の命令が生む錯覚; 逃げる; 嘘をつく
Ⅲ. 愛の命令が生む錯覚; 逃げる; 嘘をつく
Ⅲ. 愛の命令が生む錯覚; 逃げる; 嘘をつく
Ⅲ. 愛の命令が生む錯覚; 逃げる; 言葉の意味を変える
Ⅲ. 愛の命令が生む錯覚; 逃げる; 言葉の意味を変える
Ⅲ. 愛の命令が生む錯覚; 逃げる; 心を麻痺させる
Ⅲ. 愛の命令が生む錯覚; 逃げる; 心を麻痺させる
Ⅲ. 愛の命令が生む錯覚; 逃げる; 相手を変える②
Ⅲ. 愛の命令が生む錯覚; 逃げる; 相手を変える②
Ⅲ. 愛の命令が生む錯覚; 踏む
Ⅳ. 純真無知氏たちの世界
Ⅳ. 純真無知氏たちの世界
Ⅳ. 純真無知氏たちの世界; 憎しみの放置
Ⅳ. 純真無知氏たちの世界; 憎しみの放置
Ⅳ. 純真無知氏たちの世界; 憎しみの放置
Ⅳ. 純真無知氏たちの世界; 憎しみの放置; 悪い感情
Ⅳ. 純真無知氏たちの世界; 憎しみの放置; 悪い感情
Ⅳ. 純真無知氏たちの世界; 嫌いな人と関わる
Ⅳ. 純真無知氏たちの世界; 嫌いな人と関わる
Ⅳ. 純真無知氏たちの世界; 嫌いな人と関わる
Ⅳ. 純真無知氏たちの世界; 相手を変える③ - 永続的に
Ⅳ. 純真無知氏たちの世界; 相手を変える③ - 永続的に
Ⅳ. 純真無知氏たちの世界; 相手を変える③ - 永続的に
Ⅳ. 純真無知氏たちの世界; 相手を変える④ - 正しく
Ⅳ. 純真無知氏たちの世界; 相手を変える④ - 正しく
Ⅳ. 純真無知氏たちの世界; 相手を変える④ - 正しく
Ⅳ. 純真無知氏たちの世界; 相手を変える④ - 正しく
Ⅳ. 純真無知氏たちの世界; 愛されたければ
Ⅳ. 純真無知氏たちの世界; 愛されたければ
Ⅳ. 純真無知氏たちの世界; 愛されたければ
Ⅳ. 純真無知氏たちの世界; 愛されたければ
Ⅳ. 純真無知氏たちの世界; 愛されたければ
Ⅳ. 純真無知氏たちの世界; 虚像を作る②
Ⅳ. 純真無知氏たちの世界; 虚像を作る②
Ⅳ. 純真無知氏たちの世界; 虚像を作る②; <補足説明> 愛が目に見えないことについて
Ⅳ. 純真無知氏たちの世界; 力への信仰と競争主義
Ⅳ. 純真無知氏たちの世界; 守銭奴などの発生
Ⅳ. 純真無知氏たちの世界; 守銭奴などの発生
Ⅳ. 純真無知氏たちの世界; 守銭奴などの発生
Ⅳ. 純真無知氏たちの世界; 守銭奴などの発生
Ⅳ. 純真無知氏たちの世界; 修羅の世界
Ⅳ. 純真無知氏たちの世界; 修羅の世界; 男女関係
Ⅳ. 純真無知氏たちの世界; 修羅の世界; 家庭
Ⅳ. 純真無知氏たちの世界; 修羅の世界; 社会
Ⅴ. 当事者の混同
Ⅴ. 当事者の混同
Ⅴ. 当事者の混同; 借金を誰に返すか
Ⅴ. 当事者の混同; 借金を誰に返すか
Ⅴ. 当事者の混同; 借金を誰に返すか
Ⅴ. 当事者の混同; 借金を誰に返すか
Ⅴ. 当事者の混同; 借金を誰に返すか
Ⅴ. 当事者の混同; 借金を誰に返すか
Ⅴ. 当事者の混同; 借金を誰に返すか
Ⅴ. 当事者の混同; 借金を誰に返すか; <事例> 空爆したパイロット
Ⅴ. 当事者の混同; 混同の固定化
Ⅴ. 当事者の混同; 混同の固定化
Ⅴ. 当事者の混同; 人形と虚像
Ⅴ. 当事者の混同; 人形と虚像
Ⅴ. 当事者の混同; 人形と虚像
Ⅴ. 当事者の混同
Ⅵ. 深まる闇
Ⅵ. 深まる闇
Ⅵ. 深まる闇; 複雑化する心理
Ⅵ. 深まる闇; 心を感じる
Ⅵ. 深まる闇; 心を感じる
Ⅵ. 深まる闇; 心を感じる
Ⅵ. 深まる闇; 心を感じる
Ⅵ. 深まる闇; 心を感じる
Ⅵ. 深まる闇; 心の病
Ⅵ. 深まる闇; 心の病
Ⅵ. 深まる闇; 心の病; 心の分裂
Ⅵ. 深まる闇; 心の病; 心の分裂
Ⅵ. 深まる闇; 心の病; 悪への居直り
Ⅵ. 深まる闇; 心の病
Ⅵ. 深まる闇; 心の病
Ⅵ. 深まる闇; アドバイス
Ⅵ. 深まる闇; アドバイス; 霊能力者から
Ⅵ. 深まる闇; アドバイス; 異教徒から
Ⅶ. 愛と信頼
Ⅶ. 愛と信頼
Ⅶ. 愛と信頼; 扉を閉じる; <ストーリー1> 手術
Ⅶ. 愛と信頼; 扉を閉じる; <ストーリー2> 招からざる客
Ⅶ. 愛と信頼; 扉を開ける
Ⅶ. 愛と信頼; 扉を開ける; <ストーリー3> 鹿の餌付け
Ⅶ. 愛と信頼; 開かずの扉
Ⅶ. 愛と信頼; 開かずの扉
Ⅷ. 凶暴化
Ⅷ. 凶暴化
Ⅷ. 凶暴化; 愛の錯覚から
Ⅷ. 凶暴化; 愛の錯覚から
Ⅷ. 凶暴化; 愛の錯覚から
Ⅷ. 凶暴化; 愛の錯覚から
Ⅷ. 凶暴化; 当事者の錯覚から
Ⅷ. 凶暴化; 当事者の錯覚から
Ⅷ. 凶暴化; 当事者の錯覚から
Ⅷ. 凶暴化; 当事者の錯覚から; 空想の巨大化
Ⅷ. 凶暴化; 当事者の錯覚から; 空想の巨大化
Ⅷ. 凶暴化; 当事者の錯覚から; 空想の巨大化
Ⅷ. 凶暴化; 当事者の錯覚から; 空想の巨大化
Ⅷ. 凶暴化; 当事者の錯覚から; 空想の巨大化
Ⅷ. 凶暴化; 当事者の錯覚から; 空想の巨大化
Ⅷ. 凶暴化; 当事者の錯覚から; 空想の現実回帰
Ⅷ. 凶暴化; 当事者の錯覚から; 空想の現実回帰
Ⅷ. 凶暴化; 当事者の錯覚から; 空想の現実回帰
Ⅷ. 凶暴化; 当事者の錯覚から; 空想の現実回帰
Ⅷ. 凶暴化; 当事者の錯覚から; 空想の現実回帰
Ⅷ. 凶暴化; 当事者の錯覚から; 空想の現実回帰
Ⅷ. 凶暴化; 当事者の錯覚から; 空想の現実回帰
Ⅷ. 凶暴化; 世代を超えて
Ⅷ. 凶暴化; 世代を超えて
Ⅷ. 凶暴化; 世代を超えて
Ⅷ. 凶暴化; グローバル化
Ⅷ. 凶暴化; 信頼の回復
Ⅷ. 凶暴化; 信頼の回復
Ⅷ. 凶暴化; 快楽殺人と戦争
Ⅷ. 凶暴化; 快楽殺人と戦争
Ⅷ. 凶暴化; 快楽殺人と戦争
Ⅸ. 祈りと罪
Ⅸ. 祈りと罪
Ⅸ. 祈りと罪; 暗示と言葉
Ⅸ. 祈りと罪; 祈りと罪
Ⅸ. 祈りと罪; 祈りと罪
Ⅸ. 祈りと罪; 祈りと罪
Ⅸ. 祈りと罪; 祈りと罪
Ⅸ. 祈りと罪; 祈りと罪
Ⅹ. 世界を変えよう
Ⅹ. 世界を変えよう
Ⅹ. 世界を変えよう
Ⅹ. 世界を変えよう
Ⅹ. 世界を変えよう
Ⅹ. 世界を変えよう

閉じる


試し読みできます

目次

はじめに

Ⅰ. 純真無知氏

Ⅱ. 汝の隣人を愛せ
誤解の可能性
「愛」って何?
愛を定義する
目に見えるものとの比較
愛の実験
愛を命令されて
誤解しない場合
相手を変える①
誤解が生まれる場合

Ⅲ. 愛の命令が生む錯覚
錯覚の芽生え
錯覚の成長
愛と善悪
怯える/逃げる/踏む
怯える
逃げる
嘘をつく
言葉の意味を変える
心を麻痺させる
相手を変える②
虚像を作る①
踏む


1
最終更新日 : 2013-02-22 13:46:57

試し読みできます

目次

Ⅳ. 純真無知氏たちの世界
憎しみの放置
悪い感情
嫌いな人と関わる
相手を変える③ -永続的に
相手を変える④ -正しく
1)男は男らしく
2)正しい動物愛護?
3)正しい信仰?
4)正しい制度?
愛されたければ
虚像を作る②
<補足説明愛が目に見えないことについて
力への信仰と競争主義
守銭奴などの発生
<事例上昇志向の心理パターン
<事例イジメや虐待の反復行動
修羅の世界
男女関係
家庭
社会
国際関係

Ⅴ. 当事者の混同
借金を誰に返すか
<事例> 空爆したパイロット
混同の固定化
人形と虚像

2
最終更新日 : 2013-02-22 13:46:57

試し読みできます

目次

VI. 深まる闇
複雑化する心理
心を感じる
心の病
悪なる自分を罰する
心の分裂
悪への居直り
アドバイス
霊能力者から
異教徒から
家族から

VII. 愛と信頼
扉を閉じる
<ストーリー1> 手術
<ストーリー2> 招からざる客
扉を開ける
<ストーリー3> 鹿の餌付け
開かずの扉

VIII. 凶暴化
愛の錯覚から
当事者の錯覚から
空想の巨大化
空想の現実回帰
世代を超えて
グローバル化
信頼の回復
快楽殺人と戦争


3
最終更新日 : 2013-02-22 13:46:57

試し読みできます

目次

IX. 祈りと罪
暗示と言葉
祈りと罪

X. 世界を変えよう

4
最終更新日 : 2013-02-22 13:46:57

試し読みできます

はじめに



 時として、人は矛盾し残虐だ。
 いじめ、ストーカー、幼児虐待、家庭内暴力、サディズム、快楽殺人・・・ 人は自分が愛しているはずの人々さえをも攻撃し、傷つけ、殺してしまうことがある。




 そしてこれらの矛盾・残虐性は、異常心理を持つ個人に限った話では無い。
 人々は力を合わせ、神や自由や民主主義や共産主義といった輝く理想のために他の人々を攻撃する。人は「人権のために人を殺す」ことさえある。

 なぜそんなにバカなのか?
 ―答えは心理的な錯覚の積み重ねにある。本書は聖書の誤読を切り口に、錯覚が錯覚を呼び凶行にまで発展して行く人間心理の流れを、段階を踏んで分析するものだ。

 さて人の矛盾・残虐性を目の当たりにした人々が、自身が属する人類という種への強い不信感を持つことは、ごく自然な帰結だと思われる。「人間など信じるに足りない。俺は、誰も信じない!」と・・・
 そしてその不信感は人の成長の可能性を奪い取り、さらなる歪みの原因をも作り出すだろう。「どうせ人類は矛盾し残虐だ。平和で幸福な世界など、いくら努力したところで出来るはずがない。そんなことより、俺だけが良ければそれでいい」と・・・

 また人類への強い不信感は、他の人々を強制しコントロールする手段・力への欲求を高める方向に働くだろう。「人類という種は欠陥品だ。放っておけば何をしでかすか分からない。だから少しでも安心して暮らすために、他人を厳しく監視し命令しコントロールしよう」と・・・ 

5
最終更新日 : 2013-02-22 13:46:57


読者登録

東郷 潤さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について