目次
目次
目次
目次
目次
目次
はじめに
はじめに
はじめに
題字(聖書論歴史編)
聖書論〔心理編〕
Ⅰ. 純真無知氏
Ⅰ. 純真無知氏
Ⅰ. 純真無知氏
page 3
Ⅱ. 汝の隣人を愛せ
Ⅱ. 汝の隣人を愛せ
Ⅱ. 汝の隣人を愛せ; 誤解の可能性
Ⅱ. 汝の隣人を愛せ; 「愛」って何?
Ⅱ. 汝の隣人を愛せ; 「愛」って何?
Ⅱ. 汝の隣人を愛せ; 「愛」って何?
Ⅱ. 汝の隣人を愛せ; 愛を定義する
Ⅱ. 汝の隣人を愛せ; 目に見えるものとの比較
Ⅱ. 汝の隣人を愛せ; 目に見えるものとの比較
Ⅱ. 汝の隣人を愛せ; 愛の実験
Ⅱ. 汝の隣人を愛せ; 愛を命令されて
Ⅱ. 汝の隣人を愛せ; 愛を命令されて; 相手を変える①
Ⅱ. 汝の隣人を愛せ; 愛を命令されて; 誤解が生まれる場合
Ⅲ. 愛の命令が生む錯覚
Ⅲ. 愛の命令が生む錯覚
Ⅲ. 愛の命令が生む錯覚; 錯覚の芽生え
Ⅲ. 愛の命令が生む錯覚; 錯覚の成長
Ⅲ. 愛の命令が生む錯覚; 錯覚の成長
Ⅲ. 愛の命令が生む錯覚; 錯覚の成長; 愛と善悪
Ⅲ. 愛の命令が生む錯覚; 錯覚の成長; 愛と善悪; 聖書の中の処罰例
Ⅲ. 愛の命令が生む錯覚; 錯覚の成長; 愛と善悪
Ⅲ. 愛の命令が生む錯覚; 怯える/逃げる/踏む
Ⅲ. 愛の命令が生む錯覚; 怯える
Ⅲ. 愛の命令が生む錯覚; 怯える
Ⅲ. 愛の命令が生む錯覚; 逃げる
Ⅲ. 愛の命令が生む錯覚; 逃げる; 嘘をつく
Ⅲ. 愛の命令が生む錯覚; 逃げる; 嘘をつく
Ⅲ. 愛の命令が生む錯覚; 逃げる; 嘘をつく
Ⅲ. 愛の命令が生む錯覚; 逃げる; 言葉の意味を変える
Ⅲ. 愛の命令が生む錯覚; 逃げる; 言葉の意味を変える
Ⅲ. 愛の命令が生む錯覚; 逃げる; 心を麻痺させる
Ⅲ. 愛の命令が生む錯覚; 逃げる; 心を麻痺させる
Ⅲ. 愛の命令が生む錯覚; 逃げる; 相手を変える②
Ⅲ. 愛の命令が生む錯覚; 逃げる; 相手を変える②
Ⅲ. 愛の命令が生む錯覚; 踏む
Ⅳ. 純真無知氏たちの世界
Ⅳ. 純真無知氏たちの世界
Ⅳ. 純真無知氏たちの世界; 憎しみの放置
Ⅳ. 純真無知氏たちの世界; 憎しみの放置
Ⅳ. 純真無知氏たちの世界; 憎しみの放置
Ⅳ. 純真無知氏たちの世界; 憎しみの放置; 悪い感情
Ⅳ. 純真無知氏たちの世界; 憎しみの放置; 悪い感情
Ⅳ. 純真無知氏たちの世界; 嫌いな人と関わる
Ⅳ. 純真無知氏たちの世界; 嫌いな人と関わる
Ⅳ. 純真無知氏たちの世界; 嫌いな人と関わる
Ⅳ. 純真無知氏たちの世界; 相手を変える③ - 永続的に
Ⅳ. 純真無知氏たちの世界; 相手を変える③ - 永続的に
Ⅳ. 純真無知氏たちの世界; 相手を変える③ - 永続的に
Ⅳ. 純真無知氏たちの世界; 相手を変える④ - 正しく
Ⅳ. 純真無知氏たちの世界; 相手を変える④ - 正しく
Ⅳ. 純真無知氏たちの世界; 相手を変える④ - 正しく
Ⅳ. 純真無知氏たちの世界; 相手を変える④ - 正しく
Ⅳ. 純真無知氏たちの世界; 愛されたければ
Ⅳ. 純真無知氏たちの世界; 愛されたければ
Ⅳ. 純真無知氏たちの世界; 愛されたければ
Ⅳ. 純真無知氏たちの世界; 愛されたければ
Ⅳ. 純真無知氏たちの世界; 愛されたければ
Ⅳ. 純真無知氏たちの世界; 虚像を作る②
Ⅳ. 純真無知氏たちの世界; 虚像を作る②
Ⅳ. 純真無知氏たちの世界; 虚像を作る②; <補足説明> 愛が目に見えないことについて
Ⅳ. 純真無知氏たちの世界; 力への信仰と競争主義
Ⅳ. 純真無知氏たちの世界; 守銭奴などの発生
Ⅳ. 純真無知氏たちの世界; 守銭奴などの発生
Ⅳ. 純真無知氏たちの世界; 守銭奴などの発生
Ⅳ. 純真無知氏たちの世界; 守銭奴などの発生
Ⅳ. 純真無知氏たちの世界; 修羅の世界
Ⅳ. 純真無知氏たちの世界; 修羅の世界; 男女関係
Ⅳ. 純真無知氏たちの世界; 修羅の世界; 家庭
Ⅳ. 純真無知氏たちの世界; 修羅の世界; 社会
Ⅴ. 当事者の混同
Ⅴ. 当事者の混同
Ⅴ. 当事者の混同; 借金を誰に返すか
Ⅴ. 当事者の混同; 借金を誰に返すか
Ⅴ. 当事者の混同; 借金を誰に返すか
Ⅴ. 当事者の混同; 借金を誰に返すか
Ⅴ. 当事者の混同; 借金を誰に返すか
Ⅴ. 当事者の混同; 借金を誰に返すか
Ⅴ. 当事者の混同; 借金を誰に返すか
Ⅴ. 当事者の混同; 借金を誰に返すか; <事例> 空爆したパイロット
Ⅴ. 当事者の混同; 混同の固定化
Ⅴ. 当事者の混同; 混同の固定化
Ⅴ. 当事者の混同; 人形と虚像
Ⅴ. 当事者の混同; 人形と虚像
Ⅴ. 当事者の混同; 人形と虚像
Ⅴ. 当事者の混同
Ⅵ. 深まる闇
Ⅵ. 深まる闇
Ⅵ. 深まる闇; 複雑化する心理
Ⅵ. 深まる闇; 心を感じる
Ⅵ. 深まる闇; 心を感じる
Ⅵ. 深まる闇; 心を感じる
Ⅵ. 深まる闇; 心を感じる
Ⅵ. 深まる闇; 心を感じる
Ⅵ. 深まる闇; 心の病
Ⅵ. 深まる闇; 心の病
Ⅵ. 深まる闇; 心の病; 心の分裂
Ⅵ. 深まる闇; 心の病; 心の分裂
Ⅵ. 深まる闇; 心の病; 悪への居直り
Ⅵ. 深まる闇; 心の病
Ⅵ. 深まる闇; 心の病
Ⅵ. 深まる闇; アドバイス
Ⅵ. 深まる闇; アドバイス; 霊能力者から
Ⅵ. 深まる闇; アドバイス; 異教徒から
Ⅶ. 愛と信頼
Ⅶ. 愛と信頼
Ⅶ. 愛と信頼; 扉を閉じる; <ストーリー1> 手術
Ⅶ. 愛と信頼; 扉を閉じる; <ストーリー2> 招からざる客
Ⅶ. 愛と信頼; 扉を開ける
Ⅶ. 愛と信頼; 扉を開ける; <ストーリー3> 鹿の餌付け
Ⅶ. 愛と信頼; 開かずの扉
Ⅶ. 愛と信頼; 開かずの扉
Ⅷ. 凶暴化
Ⅷ. 凶暴化
Ⅷ. 凶暴化; 愛の錯覚から
Ⅷ. 凶暴化; 愛の錯覚から
Ⅷ. 凶暴化; 愛の錯覚から
Ⅷ. 凶暴化; 愛の錯覚から
Ⅷ. 凶暴化; 当事者の錯覚から
Ⅷ. 凶暴化; 当事者の錯覚から
Ⅷ. 凶暴化; 当事者の錯覚から
Ⅷ. 凶暴化; 当事者の錯覚から; 空想の巨大化
Ⅷ. 凶暴化; 当事者の錯覚から; 空想の巨大化
Ⅷ. 凶暴化; 当事者の錯覚から; 空想の巨大化
Ⅷ. 凶暴化; 当事者の錯覚から; 空想の巨大化
Ⅷ. 凶暴化; 当事者の錯覚から; 空想の巨大化
Ⅷ. 凶暴化; 当事者の錯覚から; 空想の巨大化
Ⅷ. 凶暴化; 当事者の錯覚から; 空想の現実回帰
Ⅷ. 凶暴化; 当事者の錯覚から; 空想の現実回帰
Ⅷ. 凶暴化; 当事者の錯覚から; 空想の現実回帰
Ⅷ. 凶暴化; 当事者の錯覚から; 空想の現実回帰
Ⅷ. 凶暴化; 当事者の錯覚から; 空想の現実回帰
Ⅷ. 凶暴化; 当事者の錯覚から; 空想の現実回帰
Ⅷ. 凶暴化; 当事者の錯覚から; 空想の現実回帰
Ⅷ. 凶暴化; 世代を超えて
Ⅷ. 凶暴化; 世代を超えて
Ⅷ. 凶暴化; 世代を超えて
Ⅷ. 凶暴化; グローバル化
Ⅷ. 凶暴化; 信頼の回復
Ⅷ. 凶暴化; 信頼の回復
Ⅷ. 凶暴化; 快楽殺人と戦争
Ⅷ. 凶暴化; 快楽殺人と戦争
Ⅷ. 凶暴化; 快楽殺人と戦争
Ⅸ. 祈りと罪
Ⅸ. 祈りと罪
Ⅸ. 祈りと罪; 暗示と言葉
Ⅸ. 祈りと罪; 祈りと罪
Ⅸ. 祈りと罪; 祈りと罪
Ⅸ. 祈りと罪; 祈りと罪
Ⅸ. 祈りと罪; 祈りと罪
Ⅸ. 祈りと罪; 祈りと罪
Ⅹ. 世界を変えよう
Ⅹ. 世界を変えよう
Ⅹ. 世界を変えよう
Ⅹ. 世界を変えよう
Ⅹ. 世界を変えよう
Ⅹ. 世界を変えよう

閉じる


<<最初から読む

22 / 157ページ

試し読みできます

Ⅱ. 汝の隣人を愛せ; 愛を命令されて; 誤解が生まれる場合

誤解が生まれる場合

 次は純真無知氏が愛に関して、誤解や錯覚をする場合だ。これは本書のメインテーマなので章を分け段階を追って詳述する。

 なお、言うまでも無いことだが、誤解・錯覚をしたからといって、この世の終わりではない。もし自分が誤解・錯覚をしていたと気づけば、その時点で改めればすむことだ。
 その場合は、前述の〔誤解をしない場合〕へ移行するとお考えいただければと思う。










この図はルビンの壷 向かい合った二人の横顔(黒い部分)にも、壷(白い部分)にも見える。
22
最終更新日 : 2013-02-22 13:46:58

試し読みできます

Ⅲ. 愛の命令が生む錯覚

Ⅲ. 愛の命令が生む錯覚
 
 この章からは、純真無知氏が愛に関して誤解・錯覚するということを前提にして、彼の心理を考察していくこととする。
 本章ではその第一段階として、比較的簡単な心理からご説明したい。ここで説明したことをベースとして、次章以降段階を踏んで、より複雑な心理へと発展させて行く。

 さて、純真無知氏が誤読してしまう聖書の記述は、次のものだ。

●あなたは隣人を自分自身のように愛さねばならない。(マタイ22:39 )

 錯覚の前提条件として、以下の3つを想定する。

●純真無知氏は上記を読んで、「神に愛することを命令された」と思い込んだ。
純真無知氏は、感情の法則を知らず、誤解・錯覚を避ける十分な知恵もない。
純真無知氏は聖書の内容を全て神のメッセージだと信じ、またイエスを絶対的に敬愛し受け入れている。 

 この条件下で、どのように誤解・錯覚が純真無知氏の心の中に生まれるだろう? 

 もちろん、愛に限らず人の心は目には見えない。心の中に生まれる誤解も目には見えない。目に見えない何かへ迫るためには、想像力が必要だ。
 いうまでもなく筆者には想像に過ぎないものを唯一絶対の真理などと主張する気は毛頭無い。筆者の想像がどれほど人の心に迫れたか、その判断は読者にお任せしたい。

 それでは以下、想像してみよう。




①なぜ純真無知氏がイエスを絶対的に敬愛しているのかについては、拙著「二千年の幻想―聖書論歴史編」をご参照ください。
23
最終更新日 : 2013-02-22 13:46:58

試し読みできます

Ⅲ. 愛の命令が生む錯覚; 錯覚の芽生え

錯覚の芽生え

 お時間にゆとりがある方は、ご自身で聖書を確認していただきたいのだが、イエスの「愛さねばならない」という教えの前後に、どうすれば愛が生まれるか、その方法論は記述されてはいない(注 「愛さねばならない」の前にある「自分自身のように」で方法論としては十分だ、という賢い方を除いての話だ。あくまでも純真で無知な人間の立場で考えている)。
 聖書全体を見渡しても、筆者には愛を作るための方法論を見つけ出すことは出来なかった。もちろん浅学な筆者が見つけられなかったからといって、愛を作る方法論が聖書に無いと言い切ることは出来ない。
 ただ少なくとも純真で無知な人間が容易に理解できるような形での説明は行なわれていないようだ。

 また前述の通り、愛は目には見えない。そして純真無知氏は感情の法則に無知であることが前提だった。
 これらの不幸な偶然が重なった結果、純真無知氏は次のように錯覚してしまうかも知れない。

 愛は、単純な命令で生まれる。

 つまり、「城よ、生まれろ」と命令したら空中に城が出現するかのように、「愛せ」という単純な命令で何もないところに突然、愛が出現するものだと純真無知氏は無邪気に錯覚してしまうかもしれない。
 以降、この可能性にそって考察していく。
 


24
最終更新日 : 2013-02-22 13:46:58

試し読みできます

Ⅲ. 愛の命令が生む錯覚; 錯覚の成長

錯覚の成長

 聖書の章節番号マタイ22:39で「隣人を愛せ」という命令を読んだ純真無知氏が、前述の通り、愛は単純な命令から生まれるものだと錯覚したとする。
 そして聖書を読み進めた純真無知氏は、ほどなくマタイ23:23で以下の記述に出会うこととなる。これもまたイエスの言葉だ。

●偽善者なる書士とパリサイ人たち、あなた方は災いです! あなた方は、―略―律法のより重大な事柄、すなわち公正と憐れみと忠実を無視しているからです。(マタイ23:23)(注 これは新世界訳。新改訳では「わざわい」 新共同訳では、「不幸」)

 イエスはさらに、次のように続ける。

●蛇よ、蝮の子らよ、どうしてあなたたちは地獄の罰を免れることができようか。(マタイ23:33)(注 これは新共同訳。新世界訳、新改訳では「地獄」ではなく「ゲヘナ 」)

 これらの教えを読んだ純真無知氏は、「愛せという命令に違反するのは災いであり、地獄の罰を受ける」と思うかも知れない。

 さて筆者には、これら聖書の記述の「本当の深い意味」は分からない。本当の意味は別にしてこれらの記述を純真で無知な人間が読めば、あたかもイエス/神が愛を命令し、その命令に違反したら罰せられるとは読めないだろうか?
 つまり、これらの記述を読んだ純真無知氏は、「イエス様が愛を命令し、その命令を恐ろしい罰で強制した」とごく自然に思わないだろうか?

 ここで思い出していただきたいのだが、純真無知氏はイエスを絶対的に敬愛して受け入れている。そのイエスが愛を単純に命令し罰で強制したかのように、純真無知氏は聖書を解釈したとする。



①ゲヘナは地獄とほぼ同義のようだ。参考;ウィキペディア「ゲヘナ」
25
最終更新日 : 2013-02-22 13:46:58

試し読みできます

Ⅲ. 愛の命令が生む錯覚; 錯覚の成長

 その時、純真無知氏が(彼の思い込みの中で)イエスをお手本として、「愛は単純な命令で生まれ、その命令は罰で強制するものだ」と誤解してしまったとしても、全く不思議ではないだろう。

 逆に「愛は感情の法則に従って自然に生まれるものであって、単純な命令で強制して作るものではない」などとは、夢にも思わないだろう。そんなことは聖書には一言も書いてはいないからだ。
 「聖書に書いていないことが重要であるはずはない」 純真無知氏は、ごく自然にそう考えはしないだろうか。


愛と善悪

 ここで「愛せ」という命令と善悪の関係についても触れておこう。
 以下の表をご覧いただきたい。もしこの表が純真無知氏の心の中で成立するなら、愛せという命令は善悪の命令と融合し一つのものとなるだろう。

  善悪の判定 善悪の命令
愛すること 愛せ
愛さないこと

 ご説明すると、「善いことをしなければいけない」「するべきことをしないのは悪だ」と信じている人が、「愛することは善だ」と思えば、その人は(意識しようがすまいが)、「愛せ」と命令されたこととなる(こうした心理については、拙著「善悪中毒」で詳しく解説しているのでご参照下さい)。

 別に難しい話ではない。ごく単純な三段論法だ。下図をご参考いただきたい。



26
最終更新日 : 2013-02-22 13:46:58


読者登録

東郷 潤さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について