目次
目次
目次
目次
目次
目次
はじめに
はじめに
はじめに
題字(聖書論歴史編)
聖書論〔心理編〕
Ⅰ. 純真無知氏
Ⅰ. 純真無知氏
Ⅰ. 純真無知氏
page 3
Ⅱ. 汝の隣人を愛せ
Ⅱ. 汝の隣人を愛せ
Ⅱ. 汝の隣人を愛せ; 誤解の可能性
Ⅱ. 汝の隣人を愛せ; 「愛」って何?
Ⅱ. 汝の隣人を愛せ; 「愛」って何?
Ⅱ. 汝の隣人を愛せ; 「愛」って何?
Ⅱ. 汝の隣人を愛せ; 愛を定義する
Ⅱ. 汝の隣人を愛せ; 目に見えるものとの比較
Ⅱ. 汝の隣人を愛せ; 目に見えるものとの比較
Ⅱ. 汝の隣人を愛せ; 愛の実験
Ⅱ. 汝の隣人を愛せ; 愛を命令されて
Ⅱ. 汝の隣人を愛せ; 愛を命令されて; 相手を変える①
Ⅱ. 汝の隣人を愛せ; 愛を命令されて; 誤解が生まれる場合
Ⅲ. 愛の命令が生む錯覚
Ⅲ. 愛の命令が生む錯覚
Ⅲ. 愛の命令が生む錯覚; 錯覚の芽生え
Ⅲ. 愛の命令が生む錯覚; 錯覚の成長
Ⅲ. 愛の命令が生む錯覚; 錯覚の成長
Ⅲ. 愛の命令が生む錯覚; 錯覚の成長; 愛と善悪
Ⅲ. 愛の命令が生む錯覚; 錯覚の成長; 愛と善悪; 聖書の中の処罰例
Ⅲ. 愛の命令が生む錯覚; 錯覚の成長; 愛と善悪
Ⅲ. 愛の命令が生む錯覚; 怯える/逃げる/踏む
Ⅲ. 愛の命令が生む錯覚; 怯える
Ⅲ. 愛の命令が生む錯覚; 怯える
Ⅲ. 愛の命令が生む錯覚; 逃げる
Ⅲ. 愛の命令が生む錯覚; 逃げる; 嘘をつく
Ⅲ. 愛の命令が生む錯覚; 逃げる; 嘘をつく
Ⅲ. 愛の命令が生む錯覚; 逃げる; 嘘をつく
Ⅲ. 愛の命令が生む錯覚; 逃げる; 言葉の意味を変える
Ⅲ. 愛の命令が生む錯覚; 逃げる; 言葉の意味を変える
Ⅲ. 愛の命令が生む錯覚; 逃げる; 心を麻痺させる
Ⅲ. 愛の命令が生む錯覚; 逃げる; 心を麻痺させる
Ⅲ. 愛の命令が生む錯覚; 逃げる; 相手を変える②
Ⅲ. 愛の命令が生む錯覚; 逃げる; 相手を変える②
Ⅲ. 愛の命令が生む錯覚; 踏む
Ⅳ. 純真無知氏たちの世界
Ⅳ. 純真無知氏たちの世界
Ⅳ. 純真無知氏たちの世界; 憎しみの放置
Ⅳ. 純真無知氏たちの世界; 憎しみの放置
Ⅳ. 純真無知氏たちの世界; 憎しみの放置
Ⅳ. 純真無知氏たちの世界; 憎しみの放置; 悪い感情
Ⅳ. 純真無知氏たちの世界; 憎しみの放置; 悪い感情
Ⅳ. 純真無知氏たちの世界; 嫌いな人と関わる
Ⅳ. 純真無知氏たちの世界; 嫌いな人と関わる
Ⅳ. 純真無知氏たちの世界; 嫌いな人と関わる
Ⅳ. 純真無知氏たちの世界; 相手を変える③ - 永続的に
Ⅳ. 純真無知氏たちの世界; 相手を変える③ - 永続的に
Ⅳ. 純真無知氏たちの世界; 相手を変える③ - 永続的に
Ⅳ. 純真無知氏たちの世界; 相手を変える④ - 正しく
Ⅳ. 純真無知氏たちの世界; 相手を変える④ - 正しく
Ⅳ. 純真無知氏たちの世界; 相手を変える④ - 正しく
Ⅳ. 純真無知氏たちの世界; 相手を変える④ - 正しく
Ⅳ. 純真無知氏たちの世界; 愛されたければ
Ⅳ. 純真無知氏たちの世界; 愛されたければ
Ⅳ. 純真無知氏たちの世界; 愛されたければ
Ⅳ. 純真無知氏たちの世界; 愛されたければ
Ⅳ. 純真無知氏たちの世界; 愛されたければ
Ⅳ. 純真無知氏たちの世界; 虚像を作る②
Ⅳ. 純真無知氏たちの世界; 虚像を作る②
Ⅳ. 純真無知氏たちの世界; 虚像を作る②; <補足説明> 愛が目に見えないことについて
Ⅳ. 純真無知氏たちの世界; 力への信仰と競争主義
Ⅳ. 純真無知氏たちの世界; 守銭奴などの発生
Ⅳ. 純真無知氏たちの世界; 守銭奴などの発生
Ⅳ. 純真無知氏たちの世界; 守銭奴などの発生
Ⅳ. 純真無知氏たちの世界; 守銭奴などの発生
Ⅳ. 純真無知氏たちの世界; 修羅の世界
Ⅳ. 純真無知氏たちの世界; 修羅の世界; 男女関係
Ⅳ. 純真無知氏たちの世界; 修羅の世界; 家庭
Ⅳ. 純真無知氏たちの世界; 修羅の世界; 社会
Ⅴ. 当事者の混同
Ⅴ. 当事者の混同
Ⅴ. 当事者の混同; 借金を誰に返すか
Ⅴ. 当事者の混同; 借金を誰に返すか
Ⅴ. 当事者の混同; 借金を誰に返すか
Ⅴ. 当事者の混同; 借金を誰に返すか
Ⅴ. 当事者の混同; 借金を誰に返すか
Ⅴ. 当事者の混同; 借金を誰に返すか
Ⅴ. 当事者の混同; 借金を誰に返すか
Ⅴ. 当事者の混同; 借金を誰に返すか; <事例> 空爆したパイロット
Ⅴ. 当事者の混同; 混同の固定化
Ⅴ. 当事者の混同; 混同の固定化
Ⅴ. 当事者の混同; 人形と虚像
Ⅴ. 当事者の混同; 人形と虚像
Ⅴ. 当事者の混同; 人形と虚像
Ⅴ. 当事者の混同
Ⅵ. 深まる闇
Ⅵ. 深まる闇
Ⅵ. 深まる闇; 複雑化する心理
Ⅵ. 深まる闇; 心を感じる
Ⅵ. 深まる闇; 心を感じる
Ⅵ. 深まる闇; 心を感じる
Ⅵ. 深まる闇; 心を感じる
Ⅵ. 深まる闇; 心を感じる
Ⅵ. 深まる闇; 心の病
Ⅵ. 深まる闇; 心の病
Ⅵ. 深まる闇; 心の病; 心の分裂
Ⅵ. 深まる闇; 心の病; 心の分裂
Ⅵ. 深まる闇; 心の病; 悪への居直り
Ⅵ. 深まる闇; 心の病
Ⅵ. 深まる闇; 心の病
Ⅵ. 深まる闇; アドバイス
Ⅵ. 深まる闇; アドバイス; 霊能力者から
Ⅵ. 深まる闇; アドバイス; 異教徒から
Ⅶ. 愛と信頼
Ⅶ. 愛と信頼
Ⅶ. 愛と信頼; 扉を閉じる; <ストーリー1> 手術
Ⅶ. 愛と信頼; 扉を閉じる; <ストーリー2> 招からざる客
Ⅶ. 愛と信頼; 扉を開ける
Ⅶ. 愛と信頼; 扉を開ける; <ストーリー3> 鹿の餌付け
Ⅶ. 愛と信頼; 開かずの扉
Ⅶ. 愛と信頼; 開かずの扉
Ⅷ. 凶暴化
Ⅷ. 凶暴化
Ⅷ. 凶暴化; 愛の錯覚から
Ⅷ. 凶暴化; 愛の錯覚から
Ⅷ. 凶暴化; 愛の錯覚から
Ⅷ. 凶暴化; 愛の錯覚から
Ⅷ. 凶暴化; 当事者の錯覚から
Ⅷ. 凶暴化; 当事者の錯覚から
Ⅷ. 凶暴化; 当事者の錯覚から
Ⅷ. 凶暴化; 当事者の錯覚から; 空想の巨大化
Ⅷ. 凶暴化; 当事者の錯覚から; 空想の巨大化
Ⅷ. 凶暴化; 当事者の錯覚から; 空想の巨大化
Ⅷ. 凶暴化; 当事者の錯覚から; 空想の巨大化
Ⅷ. 凶暴化; 当事者の錯覚から; 空想の巨大化
Ⅷ. 凶暴化; 当事者の錯覚から; 空想の巨大化
Ⅷ. 凶暴化; 当事者の錯覚から; 空想の現実回帰
Ⅷ. 凶暴化; 当事者の錯覚から; 空想の現実回帰
Ⅷ. 凶暴化; 当事者の錯覚から; 空想の現実回帰
Ⅷ. 凶暴化; 当事者の錯覚から; 空想の現実回帰
Ⅷ. 凶暴化; 当事者の錯覚から; 空想の現実回帰
Ⅷ. 凶暴化; 当事者の錯覚から; 空想の現実回帰
Ⅷ. 凶暴化; 当事者の錯覚から; 空想の現実回帰
Ⅷ. 凶暴化; 世代を超えて
Ⅷ. 凶暴化; 世代を超えて
Ⅷ. 凶暴化; 世代を超えて
Ⅷ. 凶暴化; グローバル化
Ⅷ. 凶暴化; 信頼の回復
Ⅷ. 凶暴化; 信頼の回復
Ⅷ. 凶暴化; 快楽殺人と戦争
Ⅷ. 凶暴化; 快楽殺人と戦争
Ⅷ. 凶暴化; 快楽殺人と戦争
Ⅸ. 祈りと罪
Ⅸ. 祈りと罪
Ⅸ. 祈りと罪; 暗示と言葉
Ⅸ. 祈りと罪; 祈りと罪
Ⅸ. 祈りと罪; 祈りと罪
Ⅸ. 祈りと罪; 祈りと罪
Ⅸ. 祈りと罪; 祈りと罪
Ⅸ. 祈りと罪; 祈りと罪
Ⅹ. 世界を変えよう
Ⅹ. 世界を変えよう
Ⅹ. 世界を変えよう
Ⅹ. 世界を変えよう
Ⅹ. 世界を変えよう
Ⅹ. 世界を変えよう

閉じる


題字(聖書論歴史編)

試し読みできます

聖書論〔心理編〕





 
本書は、全て想像の産物です。

その想像は一冊の書物「聖書」の誤読が善悪の錯覚とあいまって、様々な悲劇を引き起こして来たというものです。

この想像をしたのは人々の心を癒し自信を回復させるためです。誰をも傷つけるためではなく、ましてや新たな差別・憎しみを作るためではありません。

だからもし、あなたにとってこの想像が刺激的過ぎるものでしたら、どうか無理に読み進めずこの本を眠らせてください。

免責条項

本書は、誰の信仰をもどの宗教をも批判するものではなく、むろん聖書も神も冒涜するものではありません。もしご熟読いただければ、本書がむしろ一人一人の信仰の深化・純化に資し、また人々の相互理解を深める可能性を持つことがご理解いただける筈です。しかしながら、本書のテーマは大変デリケートなものであり、本書を読むことで、あなたの心の健康に一時的に重大な影響を及ぼす危険を完全に否定することは出来ません。したがって本書を読むことは読者それぞれが完全な自己責任で行ってください。筆者は、読者が感じる憎しみ・怒り、また、健康への影響その他、いかなる事象にも一切の責任を負うものでは有りません。

 

最終更新日 : 2013-02-22 13:46:57