閉じる


<<最初から読む

34 / 48ページ

人魚の森

冷たく人魚が嗤う 運命を愚弄するが如く
人魚の森へと誘う

生命 尽きることなく 若さ尽きることなく
それは幸せなのか 不幸せなのか

一〇〇年生き一〇〇〇年生き
世情を幾度となく視てきた
それでも人は人魚を求める
欲望の海にその姿を

永遠に孤独 生命ある限り孤独
五〇〇年の歳月を経てやっと巡り逢えた

一〇〇年生き一〇〇〇年生き
世情を幾度となく視てきた
それでも人は人魚を求める
伝説の海にその姿を
(1992)

34
最終更新日 : 2013-01-27 00:16:56

春の女

咽ぶような桜吹雪の中 君の姿をさがしていた
陽だまりの中に君が消えた あの春からもう二年が経つ

長い黒髪が風に靡く
優しい微笑みが風に融ける
僕は君のその眩しさに心奪われていた

いま 君は何処にいるの いま 君は幸せなの
そうだといいね
(1992)

35
最終更新日 : 2013-01-27 00:17:24

蒼い氷

美しい響きをたて 愛は粉砕した
破滅の運命 定められていても
愛した

抱き締めて 唇重ね
愛を感じ 確かめていた

恋愛する度 人はいつも
永遠を信じようとする
(1993)

36
最終更新日 : 2013-01-27 00:17:45

冷たい焔

恋に乱れて 切なさに胸を貫かれ
意識薄れてゆく

愛は永遠に触れて融け
頬 伝う
愛してる……

燃え上がる冷たい焔のように
愛してる……
(1993)

37
最終更新日 : 2013-01-27 00:18:06

流浪

何時まで 何処まで この旅路は

永遠にこの世を彷徨い
本当の愛を確かめながら

運命の悪戯 弄ばれる者達
あてもなく口づけた
(1993)

38
最終更新日 : 2013-01-27 00:18:21


読者登録

克典さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について