閉じる


<<最初から読む

16 / 48ページ

ウール99パーセント I'll never ask again 'why don't you fight?'

真偽の程は定かじゃないのに 趨勢鵜呑みの羊さん
その群に紛れた狼の咆哮 ウールに吸収される
感情に溺れて予断混じりの 都合いいstory組み立てて
じぶんこそがヒガイシャなんだと 言い募る羊ども

ヒガイシャ溢れかえってるけど 加害者はとんと見当たらない
狼と羊のあいだに喧しい”Why?"

しゃらくせえ 狼がどれだけ吼えてみたって
しゃらくせえ 羊どもそよりとも動かず
仲間の顔色窺い 他者の欲望に倣う
群に紛れた羊は見分けることができない

いままで巧くいかなかったワケ 近頃やっと解った
それはuniversal protocolがどこかにあるって夢想
誰も気高い生き物なんだと 思い込んでいたけれど
誰も羊の皮を被った狼なんて間違い

羊は狼になれないし 逆もまた然り
そんな魔法 ハリーポッター だってムリだから

だけど 大概にしないと ジンギスカンにしちゃうよ?

ice trigger

破滅を希む夜 throttle開け放つ
angel dustのpusherって誰か識らねえ?
覆らぬ事実 甘美な悪夢
真綿で頸を締めつけられる

眼に映るもの手当たり次第に滅ぼしたい衝動
海の水が喉の渇きに躰纏わせる

その唇 手荒に塞ぎ お前を捌け口にする
三〇枚の銀貨は渡したろう?
血の通った乳房貪り お前を捌け口にする
三〇枚の銀貨で購ったalibi
娼婦にねだった 愛してると云ってくれって
愕いた貌のあと お前そっと耳打ちした

破滅を希む夜 throttle開け放つ
berettaさがして夜の街 駆け抜ける
過ぎ去った時の嵩 その重みに思い馳せ
自らの墓穴 掘り下げる

もう届かない もう還れない もう叶わない とりかえせない
つめたく冷えた鉄爪がユメを壊死させる


be free

形振り構ってないで 愉しみ尽くすことが 勝敗を決する
汗に塗れて追い掛けろ 例え孤立しようが 主人公ペルソナ引き受けろ
逆境になればなるほど心踊るってヤバくねェ? これって所謂マゾっ気?
テメーの理想の実現 道程はかなり遠い 気を休めるにゃまだ早過ぎ

快楽遠ざけ老後を先取りrisk恐れているばかり
理想も持たざる戦わざる者 何ならサル山に帰れ
一体お前幾つまで生きるつもり?
遊び倒せ 決して倦むことなく 働くことも恋することも
遊び倒せ 決して倦むことなく 一切合切遊び
遅かれ早かれ望まざると 老いさらばえて 消え去ってゆくのだから
何なら遊び倒せ 何なら笑い飛ばせ 何なら一切合切 遊び倒せ
煮ても焼いても喰えねェ どんなサイテーなヤツでも 敵役にゃ うってつけ
子供の頃に憧れた 正義の味方気取りで 渾身のstraight見舞ってやれ
中途半端な奴らが我が物顔でのさばる そろそろ一掃してやれ
才能認めたくないちっちぇえバクテリアどもが 出る杭を蝕む

そんなパンチじゃオレは倒せない 紛いものはもう要らない
まだ矢は尽きちゃねえ 刀折れちゃねえ そして何より諦めちゃねえ
他者の欲望なんざ識ったこっちゃねえ


18
最終更新日 : 2013-01-27 00:11:24

女神降臨

 貴女がこの地上に在るだけで嬉しい
 一喜一憂させられる その仕草の一つ々々に

 書き割りならば 云うは易いけど 本音となると云いだせなくて

 永遠なんて決してないんだろうけれど 確かに鼓動が早くなる
 貴女は誰も識らない僕を連れてきて 僕にひきあわせてくれた
 ただ一緒にいたい 貴女の息吹に耳を欹てていたい
 ただ一緒にいたい 貴女の笑顔を傍で見ていたい

 二人が融けあうと 貴女はshyに微笑む
 一緒ならば きっと生き残れそうな気がする

 祈りの虚しさは識っているさ それでも祈らずにいられない

19
最終更新日 : 2013-01-27 00:11:24

Let's break

highwayをかっとばしてオーロラでも観にいこう
とるものもとりあえず come in back seat of my car
バカデカいトレーラー出し抜いてトップに躍りでた
なんかソニックブーム起きそうだし 吹っ飛ばされるなよ

潮の香りが鼻腔擽る 光溢れる海面スレスレ 滑空してゆく鴎の群
無限のなかの有限 水平線に眼を凝らす heartに効くkira^2 no problem oh yeah!

uh... くすんだ夜を衝き破れ
uh... 組み伏されてしまう前に
おそろしく複雑なstep踏んで アイツらの度肝抜いてやろう
ありえない能天気な思考回路で アイツら黙らせよう


スカしてないで愉しめよ あの頃に戻ってさ
裸で生まれてきたんだし裸で去るのだから
一面に散らばった太陽の破片拾いあつめ
値段のつけられないアクセサリー紡がない?

いつまでも居心地のいい 安全地帯にとどまってないで そろ^2 攻めに転じてみれば?
愚痴ってないで起ちあがるのさ 甘んじてないで弾けてしまえ この塞がり 木っ端にしれやれ


読者登録

克典さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について