twitterとfacebookアカウントでログイン

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格99円(税込)
カテゴリー ビジネス・教育・社会 学習・研究 作者 小泉俊昭
価格 99円(税込)
タグ 子供お金こづかいお年玉教育金銭しつけこずかい小遣い貯金
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

92 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 51ページ (Web閲覧)
80ページ (PDF)
試し読み:5ページ
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
【本書の内容】
お子さんをお金に苦労する子にしたくなかったら、今すぐ毎月の「こづかい」お小遣いをやめてましょう! 高年収の人ほど子供に「こづかい」をあげていない理由は? 
新しい時代の金銭教育はどうあるべきか? 学校では教えてくれないほんとうの金銭教育ガイドブック。
(通常書籍版は、大和書房より発売中 http://www.amazon.co.jp/dp/4479782087)

【目次より】
*毎月のこづかいでお金のやりくりは学べない
*子どもにも必要経費がある
*親の年収と子どものこづかい額は比例しない
*基本は軽くハングリーに
*貯金の意義を間違えて教えない
*「我慢」と「努力」を一緒に教える
*携帯電話を与えるときは、厳密なルールを作り文書化する
*アルバイトは生活態度がきちんとしてから

【著者について】
数々の雑誌編集長を歴任の後、渡米。1998年米国法人メタマックスメディア副社長。
帰国後、ロバート・キヨサキの投資教育用教材「キャッシュフロー」の日本語版権利
取得と商品化を行なう。「日経新聞の読み方スクール」講師、「株式投資の学校」の学
長として経済教育や投資教育の普及活動に務める。
著書に「『株』勉強法」(ダイヤモンド社)がある。ファイナンシャルプランナー、マネーマネジメントコーチ、NIE.E指導委員。

この本には試し読みが 5 ページあります

試し読みを開く

旧バージョンで読みたい方はこちら 

パブーのおすすめ

この本を開く

日常を描きとめたエッセイ漫画です。ご意見、ご感想頂けると励みになります。2014.09制作。

この本を開く

昭和61年(1986年)ごろに撮影した大宮駅西口側の記録写真です。当時既に、新幹線も開通した大きな駅...
300円
算命学余話 #U59

この本を開く

中国古代占星術、算命学を学ぶ人のための一考察。副題は「財をとられるケース」。

この本を開く

夫婦ふたりぐらしの4コマエッセイです。ただひたすらゆるく続く日常を描いてます。

この本を開く

旅先で出会った空の写真に言の葉を添えて。

もっとみる