twitterアカウントでログイン

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格238円(税込)
カテゴリー 小説・ノンフィクション ミステリー , ヒューマンドラマ 作者 川口 世文
価格 238円(税込)
タグ 大人向けライトノベルコメディ弁護士事務所スイーツ雑司ケ谷日光
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

ePub

MOBI

3 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 7ページ (Web閲覧)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
【値下げしました!・縦書きePub版・長編小説1冊分+オマケ短編付き!】──「幼なじみは全国区、〝家事手伝い〟は四苦八苦」──弁護士事務所という「家事」を手伝う不動正義、その奮闘と失恋を描いたホーム(法務)&ハートフルコメディ──〝すべての大人たちに向けたライトノベル〟第2弾! パート1を読んでいない方でも大丈夫。

<あらすじ>
父親を継いで弁護士になることができなかった男・不動正義(ふどう・まさよし)。父親で弁護士の不動征四郎(せいしろう)を狙って、あろうことか〝振り込め詐欺〟の電話がかかってくる。なぜか自分を騙そうとした相手の弁護を引き受ける征四郎。やがて事件の背後には「テンイチ」と呼ばれる詐欺グループの存在が見え隠れしてくる。

父親の行動に疑問を抱きながらも裁判の手伝いをすることになった正義は、テレビ局のニュースキャスターになった幼なじみの朝生美也子(あさお・みやこ)と再会。彼女の実家がある日光・今市への旅に誘われてすっかり舞い上がってしまう。しかし、やはり美也子には彼女なりの思惑があって……。

一方、正義の義理の妹・水沢花梨(みずさわ・かりん)は自宅を改造した〈雑司ケ谷スイーツ〉というお店をオープンして新しい人生の第一歩を踏み出したものの、新商品〈どらクレープ〉の完成に頭を悩ませている。恒例の〝兄妹ゲンカ〟は、正義が〈どらクレープ〉を100個売らなければ、愛車ハマーH1をオレンジ色の〝宣伝カー〟に塗りかえるという「賭け」へと発展してしまう。

はたして「〝振り込め詐欺〟裁判」と兄妹の「賭け」の行方は? そして、ニュースキャスター朝生美也子の隠された秘密とは──!?

<最新版特典>
巻末に『三毛猫の女房』の第2話「夏越圭介と謎の引き出物」を収録。〝三毛猫の女房〟こと、正義の悪友・夏越圭介(なごし・けいすけ)の妻の行動に、今回も花梨、謎の女占い師・忌野(いまわの)キワコが翻弄されます。このオマケ短編第2弾もお楽しみに!

コメント一覧

この本へのコメントはまだありません。

facebook コメント一覧