閉じる


試し読みできます

はじめに

 これまでS社から提供されたiPhone4を使用していましたが、決して満足のできるサービス内容ではありませんでした。
今回、以下の理由で現在の契約を見直すことにしました。

1)Apple社から待ちに待ったiPhone5が発売されたこと。
・4インチRetinaディスプレイの目を見張る美しさ
・軽くて薄くなった本体、そして洗練されたデザイン
・超高速ワイヤレス接続対応とテザリング機能
・パワフルなCPU(A6チップ)
・新型ヘッドホンとノイズキャンセリング機能による高音質対応
・8MピクセルiSightカメラによる高画質撮影
iPhone4には無かったSiri機能とホワイト色

2)高速データ通信回線(LTE)を利用したい。
・これまで3G接続時のスピードの遅さに不満を持っていた。
 結局、ネット接続時はPocket WiFiとノートパソコンの併用が不可欠であった。
・地方へ行くと極端にデータ速度が低下していた。
 また、山間部付近では圏外エリアも多かった。

3)既存契約内容と自分のライフスタイルに合っていなかった。
・主な用途は音楽のリスニングや専用アプリの利用であった。
 仕事用ガラケと2台持ちのため主に通話はガラケであった為、
 iPhoneでの通話はほとんどしていない。
 利用しない通話基本料を長年支払っていることに不満が蓄積していた。
 最近では「LINE」「Skype」アプリを使った無料通話利用者も多いと思う。

4)月々の通信費を抑えたい
・「通話料を省いたデータ通信プランだけに契約を切り替えたい」
 とS社へ申し入れたところ、
 「そのようなプランは無い」とあっさり返されてしまった。
 (休日の繁忙時間帯だったので1時間くらい待たされた結果、数十秒で撃沈)
 A社へも同様の問い合わせをしたが同じ返答だった。
・これまでの月額通信費用はPocket WiFi契約含め約1万五千円くらい。  
 何とか月額通信費を半額以下に抑えられないか検討していた。

5)モバイル性を高めたい。
・外出時は旧iPhone意外にパソコンとPocket WiFi端末を携帯。
 そうなると必然的に各種充電器や予備外部バッテリーなどで鞄がいっぱいにな
 りかなり重さ。(モバイルどころかカサバル・・・。)
 これらの問題はiPhone5のLTE接続で一気に解決することだろう。
       
     これまで携帯していた端末たち
  

1
最終更新日 : 2013-05-04 23:34:26

試し読みできます

目 次

<目次>


1.NTT docomo対応の考察と4つの課題点

2.解決策(1)SIMフリーiPhone5の購入

3.解決策(2)「プラスXi割サービス」の契約

4.解決策(3)ナノSIMカード工作と設定

5.解決策(4)通話対策「03発信端末対応」

6.実機による動作検証

7.トラブルシューティング

8.ライフスタイルを見直して64,620円/年を節約 [NEW]

2
最終更新日 : 2014-01-02 00:48:14

試し読みできます

NTT docomo対応の考察と4つの課題点

 前項の課題点から考慮し、各社契約内容をチェックしてみた。
するとNTT docomoの2台目としてタブレット導入したユーザに適用される格安プランを発見!
「プラスXi割+Xiデータプランにねん」にすると月額基本利用料がなんと2,980円/月があるではないか!
(通常のXiデータプラン フラットは¥7,455円/月)
幸い家族でNTTdocomo利用者もいることから家族名義で2台目タブレット導入に決定。
しかし、ここで以下の沢山の問題が・・・。

<課題点>

(1)NTT docomoではiPhone5どころかApple製品は一つも取り扱っていない。
・S社やK社のiPhone5はSIMロックがかかっているためNTTdocomo回線では利用ができない状態である。

(2)「プラスXi割サービス」に契約締結するにはNTT docomoが提供する他社タブレット機を導入する必要があり大幅な出費が予想される。
・新型のタブレット端末は7〜8万円と高額である。

(3)当時NTT docomoではiPhone5で採用されているナノSIM対応機種が1機種無く、ナノSIMカードの自体も販売もされていなかった。(2012/10時点)
SIMカードの物理的な問題で通常のSIMカード及びminiSIMカードはiPhone5には実装できなかった。

(4)NTT docomoで契約を検討していた「プラスXi割+Xiデータプランにねん」はタブレット端末専用の契約であるため通話ができない。
iPhone5を持っていても通話ができないのでは正直言って格好悪い・・・。



3
最終更新日 : 2013-05-04 23:39:05

試し読みできます

実機による動作検証

 気になる実機で試してみた。

1)iPhone5からの「03」発信の確認。
・3G/LTE(Xi)回線共に発信及び着信ができることを確認できた。
  
 iPhone5からガラケへ電話して動作確認を実施した。
 ガラケにPhone5からの03着信番号がディスプレイに着信表示されていることが分かる。

・音声品質はやはりLTE(Xi)回線の方がノイズが無く安定していた。

2)メール環境について
・メールアカウントについて
 メールアカウントを分けて優先メールだけを確認したいため以下4種類のアカウントがiPhone5で設定することができた
一番利用頻度が高いのはやはりMoperaメールである。
  ①Mopera:銀行の入金、振込確認メールや緊急性を要するメール確認
  ②iCloud:自宅PC端末メールと同期し確認用
  ③Gmail:カレンダー同期によるスケジュール管理、友人とのメール確認
  ④Yahoo:語学メールマガジン受信用

・imodeメールについて
 iPhone5では@docomo.ne.jpのメールは利用できませんでした。
しかし、docomoでは「imode.net」サービスというものがあり、インターネットブラウザからメール送受信ができるようです。ただし、iモードサービスのオプション契約(¥525円/月)が別途必要であることから著者のコンセプトから外れており試していません。
 imode.netのURL:http://imode.net/cmn/m/

SMS(ショートメッセージサービス)について
 タブレット端末契約では基本的にdocomo回線での通話はできないが実際には090から始まる電話番号が付与されている。(docomo側が端末毎の契約を管理するため)
番号があるということはSMSが利用できるのではないか?と、思い試してみたら問題なく利用できました。
このSMSを利用してLINEの登録も行いました。
 

3)LTE(Xi)回線の接続品質について
LTEエリアに入れば安定した高速ネット通信が可能であった。
・iPhone5の電源投入タイミング等で接続性が不安定となることはなかった。
・パソコンを利用したネット接続をテザリングで試みた。
 →問題なく利用する事ができた。これまでのPocketWiFiよりも快適である。
   
  テザリング接続するための「インターネット共用」をオンに設定

4)LTE(Xi)回線スピード測定結果
LTE接続について実際にどのくらいのスピードなのかを実測してみた。

  
  東京駅丸の内付近

  
 新宿駅西口付近

  
 横浜市みなとみらい付近

  
 都内自宅付近

  
 自宅WiFi環境
 



8
最終更新日 : 2013-06-09 21:42:40

試し読みできます

奥付



iPhone5をdocomo(しかも03発信)で低コスト利用方法


http://p.booklog.jp/book/63631


著者 : dokomozoku
著者プロフィール:http://p.booklog.jp/users/dokomozoku/profile


感想はこちらのコメントへ
http://p.booklog.jp/book/63631

ブクログ本棚へ入れる
http://booklog.jp/item/3/63631



電子書籍プラットフォーム : ブクログのパブー(http://p.booklog.jp/
運営会社:株式会社ブクログ



11
最終更新日 : 2013-02-09 10:55:54

試し読みはここまでです。続きは購入後にお読みいただけます。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格300円(税込)

読者登録

dokomozokuさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について