twitterアカウントでログイン

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格100円(税込)
カテゴリー コミック ファンタジー , ミステリー 作者 夏色ノ箱
価格 100円(税込)
タグ 古本屋古書ミステリー
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

3 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 32ページ (Web閲覧)
33ページ (PDF)
試し読み:8ページ
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
とある港町の片隅に開店した古本屋、トリストラム堂。そこに集まる不思議な本たちが巻き起こす事件の数々。「奇書」をテーマにしたミステリアス・ファンタジー、第2話。

トリストラム堂を訪ねてきた基の友人。彼女が持ってきたのは「偽書」と書かれた日記だった。そこには、現実とは思えない不思議な内容が書かれていた。

※次の回から、第一話以外のバックナンバーが有料になる予定です。

この本には試し読みが 8 ページあります

試し読みを開く

旧バージョンで読みたい方はこちら 

パブーのおすすめ

この本を開く

方子さんはどうしようもない方向音痴です。名前が悪かったのでしょうか。当人は至ってお気楽なのですが、周...

この本を開く

幼児向け絵本ですが、大人もどうぞ。ジンベエザメのジンベは海より広いのは何だろうと思いました。コバンザ...

この本を開く

平成時代に台湾に住んでいたからこそ縁があって知り合えた人たちによる文集です。皆さんから台湾に対する思...

この本を開く

熟年夫婦の危機が巷では深刻に……彼らも例外ではありません以前書いたものを落語仕立てにしてみましたお心...

この本を開く

tovo が発行するポストカードサイズの小さなフリーペーパーです。311以降の青森県に住むごくごく普...

もっとみる