twitterアカウントでログイン

カテゴリー 趣味・生活・芸術 健康・医療 作者 戸田克広
価格 無料
タグ 線維筋痛症慢性広範痛症慢性局所痛症肥満BMI
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

19 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 5ページ (Web閲覧)
10ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
FM患者、CWP患者、CRP患者のBMIは各22.9、21.7、21.4であった。一元配置分散分析(Fisher’s PLSD法)ではCRP群とFM群の間でのみ有意差があった。日本人は白人ほど太っていないため、BMIに差がつきにくい可能性がある。減量によりFMの症状が軽減するという報告もある。これらを総合するとCRP、CWP、FM患者は少なくとも太らないことが望ましい。

コメント一覧

この本へのコメントはまだありません。

facebook コメント一覧