閉じる


<<最初から読む

105 / 132ページ

試し読みできます

20131123近況飯ゲームエッセイ

 朝食と昼食は煮干しで済ませる。
何をするのも面倒くさい一日だった。

 朝起きてすぐ、あまりにも何もやる気がしない。仕事はお休み
なので支障はないが、食事をするのも面倒くさいというのは久し
ぶり。
 だからといって何も食べずにいると余計にからだに悪いので、
目についた中で一番栄養価が高くて体に良さそうなものを食べた。

 普段から煮干しはおやつに食べるように買い置きしてある、川
島四郎氏の著作を読んだ影響が大きい。他の生命体のほぼすべて
をまるごと食べる全体食なので、カルシウムの錠剤を食べている
よりずっと体にいい、というようなことが書いてあったと記憶し
ている。
 かなり古い著作ではあったけれども、考え方が古いようには思
えなかった。煮干しを食べることによって、カルシウムだけでは
なく、タンパク質もミネラル分もシッカリと補給できる。その上
脂肪分は少ないのだから、煮干しを中心としたタンパク質補給型
の減量法が出版されても良さそうな気がするのだけれど。

 煮干しを食べながら思うことは、これを中心にした減量法が流
行ったとしても、多分儲かる人が少ないのではないかと思う。
 試しに500グラムくらいの容量の物を一袋買って、どの位の期間
で無くなるか確かめてみるとわかると思う。一回の食事機会で食
べることが出来る煮干しは、比較的小柄な成人男性である私だと、
精々5センチくらいの大きさのもの10匹。頑張って食べても、15匹
くらいが限界量だった。
 ここに喉が乾いて水分を摂るのだから、あっという間にお腹
が大きくなってしまう。結果としてなかなか煮干しは減っていか
ない。

 それでも毎日決めた数だけ食べていたら、順調に減っていくだ
ろう。しかし同じものばかり食べていて、飽きることがないのは
味の薄いもの。煮干しは出汁の塊のようなものなので、シッカリ
とした味があって、食べ続けると飽きやすい。このためについ食
べなくなってしまって、また長いことかかってしまう。
 私は最近塩味が薄くて比較的続けて食べやすい煮干しを見つけ
ることが出来た、ただ旅行のお土産だったので普段から食べるに
は無理がある。その次にあっさりしたものは近所で手に入るのが、
幸いなことだと思う。

 煮干しは多分食べ続けても体に悪くはないのではないかと思う、
これからも自分の体と相談しながら食べ続けていきたいと思いま
す。
 何事も程々に食べるのがいいとおもいますよ。

ーー


105
最終更新日 : 2016-06-25 17:31:18

試し読みできます

20131124近況飯ゲームエッセイ

 昼食に炊き込みご飯を食べる。
炊きたてのアツアツだった。

 昔、祖父が生きていた頃には、炊き込みご飯のことは「ごっつ
ぉまま」と呼んでいた。今でも自分の家ではそう呼ぶこともある、
けれど祖父が生きていた時よりは、そう呼ぶ機会が少なくなった
ような気がする。単に食べる機会が減ったからかもしれないが。
 多分、ごっつぉとはごちそうが変化した呼び名だろう、ごっつ
ぉさんなどと他の人に食べ物をおごってもらったりした時に、よ
く使う。まあ親しい人にしか言えないけれど、ごちそうさまでし
たとあまりにも丁寧に言うのもどうかと思う時はこちらのほうが
言いやすい。

 今でも入っている具材によってはごちそうな食べ物だといえる、
鶏肉や根菜類がたっぷりはいったものは、それだけで食事を済ま
せてしまっても満足感があるだろう。
 今日はそこに味噌汁も付けた、インスタントの味噌汁が常備し
てあるので、何か物足りないときにはすぐに味噌汁が飲める。
今の味噌はだし入りで、お湯に溶くだけで味噌汁の味になるのだ
から、一食分ずつパックされているものを使わなくても飲もうと
思えば飲めるだろう。量の調節が難しいから、あまりしないけれ
ども。

 こうして炊き込みご飯を食べていると、しいたけだけで作られ
た炊き込みご飯のことを思い出してしまった。
 あまり好き嫌いが無い方だと自分では思っている私だが、しい
たけはどうにもこうにも好きになれない。大人になって、我慢し
て食べることも出来るのだけれど、食べるとあまりいい気分にな
れないのでもったいないから好きな人に食べてもらっている。
美味しく食べることが出来る人に食べてもらったほうが、しいた
けも幸せだろうと勝手に思っている。
 そんな私の嫌いなしいたけだけが入った炊き込みご飯、あとは
味噌汁と漬物だけの夕食だったことが、祖父が生きていた時にあ
った。私以外の家族は全員しいたけが好きなので、民主的に言え
ばこのメニューは正義ゆえ、従う以外に無かった。

 一口も食べずとも、ご飯を炊いているうちからしいたけの匂い
が台所に充満していた。干したものならばわかるが、生シイタケ
がそんなに匂いを発するはずがないとは、しいたけが好き、もし
くは嫌いではない辺りまでの人の意見だと思う。
食べものではないけれども、虫などを例に取ればわかるように、
それが嫌いな人ほどそのものに対して敏感に反応してしまうもの
だと思う。

 今思い出しても苦しい夕食だった、たぶん今出されても苦しい
と思う。

ーー


106
最終更新日 : 2016-06-25 17:31:18

試し読みできます

20131126近況飯ゲームエッセイ

 夕食にサワラのムニエルを食べる。
あまり食べ慣れていないけれど美味しい一品だった。

 魚編に春と書いてサワラだったと記憶している、まあ旬にばか
り食べられるわけではないけれど、それにしても真冬に入る頃に
たべるのはどうなんだろうと思ってしまった。
 サワラの旬が本当に春かどうか、正直私にはわからない。今日
食べたものも、とても美味しかった。

 いつ食べても魚が美味しいのは、冷凍技術が発達したおかげだ
ろう。今の時代に生まれてよかったなと思わざるをえない。
 その反面、旬がいまいちわからなくなってしまうのは、残念だ
とは思うけれど。

 まあお腹いっぱい食べられるのが、何より幸せです。

ーー


107
最終更新日 : 2016-06-25 17:31:18

試し読みできます

20131128近況飯ゲームエッセイ

 昼食に鍋の残りに野菜を足して、おつゆとして食べる。
昼間でも寒くなった今日このごろにはぴったりな一品だった。

 昨日の夕食は鍋、その残りをそのまま朝食におつゆ兼おかずと
した頂いた。お鍋といえば我が家では、大抵夕食に食べる。
多分他の家でもそうなのではないかと思うのだが、そういえばな
ぜ夕食に食べるもののようになってしまっているのだろう。

 家族が一番揃いやすいのが夕食だからだろうか、体を温めると
いうためならば、朝のその日一日の行動に備えて食べるという食
べ方でもいいような気もするのだけれど。
 用意をするのが大変だから、朝ごはんには向かないの言うのな
らば、夜のうちに材料を切っておけばいいのだし。お鍋は食べ過
ぎてしまって、これから働かなければならないときには向かない
というのならば、単に食べる量を控えればいい。
 これから仕事や勉強に取り掛かる前に、朝の冷えた体を温めて
栄養を補給し目を覚ますためにも、お鍋は良いメニューのように
思う。

 お腹いっぱい食べてしまうことで、その後の行動に支障が出て
しまうことが懸念であるというのなら、休みの日の朝食にしてみ
たらどうだろう。休みの日なら、お腹いっぱい食べてその後寝よ
うがどうしようが、予定を入れておかなければ誰にも咎められる
ことはないだろう。
 家族揃ってお腹いっぱいになるまで食べて、その後ゆっくりと
寛ぐというのはなかなか良さそうだ。ゆっくりしているうちにお
昼になってしまうかもしれないが、休みの日なのだからゆっくり
したらいいと思う。

 以上は後片付けをすることのない人の意見です。多分片付ける
人からしたら、朝っぱらからぐてぐての鍋の後片付けをするのは
嫌なのかもなと思います。たまには後片付けを手伝わなければと
思いました。

ーー


108
最終更新日 : 2016-06-25 17:31:18

試し読みできます

20131129近況飯ゲームエッセイ

 おやつにみかんを食べる。
甘くて瑞々しいいいみかんだった。

 家に段ボール箱でみかんが置いてあるのを見かけると、いよい
よ冬になってきたのだなと思う。そういえば、少し前と今日の朝
には、霜が降りて外が真っ白けになっていた。
 こうなってくると原チャリに乗って朝一番に移動するのが、と
っても苦しくなってくる。とにかく寒くて仕方がない時に、風を
全身に受けながら走らなければならないのだから、辛くないはず
がない。
 今年は寒さ対策に新しくヤッケを購入した、きちんと畳めば上
着のポケットに入るくらいの薄さのものだけれど、効果は抜群だ。
上下揃いで着ると、見た目が真っ黒けになってしまうので、夜走
るのにはあまりよろしくなさそうだが、原チャリに載っているな
らランプ類もあるから大丈夫だろうと思う。

 そんなことよりも、みかんだ。昔はみかんを食べると、歯がき
しきししてしまうので、あまり好きではなかった。
 しかし、大人になってから食べると、子供の頃になっていた歯
のきしきし状態が出てこない。子供の頃は歯の表面がまだ柔らか
くて、みかん果汁の酸のせいで溶けていたのだろうか、子供の歯
は脆いと聞いたこともあるし。
 そう思うと今の歯の状態はいいのだろう、一つや二つ食べたと
ころで全くきしきししない。3つ目は微妙。

 冬はこたつで食べるみかんが美味しいというのは、作られたイ
メージのような気がしないでもないが、自分でしてみてもやはり
美味しい。脚から昇ってくる温かさが、みかんの冷たさで冷やさ
れるのがいいのかもしれない。
 いつまでものんびりとこたつでみかんが出来るように、しっか
りと毎日をすごさなければいけないなと思います。

ーー


109
最終更新日 : 2016-06-25 17:31:18


読者登録

出雲一寸さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について