閉じる


<<最初から読む

87 / 132ページ

試し読みできます

20131023近況飯ゲームエッセイ

 昼食に茶漬けを食べる。
いつ食べてもあっさりと美味しい一品だった。

 昼食の時間に間に合わなかったので、少し遅くなってオカズに
ありつくことが出来なかった。いつでも同じ時間に食事が出来る
わけではないので、まあこんなこともよくあること。
 何か作ろうかと思ったけれど、作るための材料を探してみたが
メインのオカズになりそうなものは全て冷凍されていたので、解
凍してから調理すると夕食になってしまいそうだったので、もう
お茶漬けにしておくことにした。

 いつも道理のお茶漬け海苔におにぎりのもとを追加、今日はそ
こにカブの漬物を添えていただいた。
 そろそろ冬野菜も大きくなってきていて、大根の葉っぱは少し
食べづらくなりつつある頃の様子。少し時期をずらして作られて
いるカブは、浅漬にして食べるにはちょうどいい頃合いなのだろ
う。とても美味しかった。
 まだ柔らかくてしかし菜っ葉の歯ごたえはある、カブの部分も
少し膨らんできていて、とても可愛いけれどきちんとカブになっ
ている。カブ独特の香りもしっかりあって、コレが苦手な人はも
う食べられないかもしれない。

 まだまだこれから冬野菜が美味しくなっていくので、また楽し
みな季節が来るのだなと思うとうれしいです。

 夕食にパスタを食べる。
シンプルで美味しい一品だった。

 今日の具材はツナと玉ねぎ。味付けは醤油で整えた和風の味付
けにしてあった。
 いつもはこのまま食べるのだけれど、今日は先日購入しておい
たとろけるチーズを入れて少し洋風にして食べてみた。

 いつもならとてもあっさりしたパスタなのだけれど、チーズを
入れると途端にしっかりとしたコクが加わる。チーズの味はそれ
程強くはないが、先日食べたチーズ入りお好み焼きの時に比べる
と、まだチーズの味を感じることが出来ていい具合。
 味が薄くて物足りないように思う溶けるチーズだけれど、元の
味付けがあっさりしたものに加えるのならば、丁度いい具合なの
ではないだろうか。香りも醤油を邪魔すること無く、チーズの香
りがしていた。

 味の薄さも使いようなのだなと思いました。

ーー


87
最終更新日 : 2016-06-25 17:31:18

試し読みできます

20131025近況飯ゲームエッセイ

 昼食にグラタンコロッケのハンバーガーを食べる。
とろりとしたグラタンコロッケとソースの相性が抜群の一品だっ
た。

 買い物に出かけた先のフードコートで、某有名ファーストフー
ド店で食べた。秋になるとこのメニューが発売されるので、テレ
ビを見ているだけでも季節の変化が確認できて、季節限定メニュ
ーと言うのは具合がいい。
まあしかし、私の住んでいるところは田舎なので、外を見ればす
ぐに山。山を見ている分には、まだまだ秋には遠い色合いだが、
今回の台風が過ぎてしまうと一気に季節が進んで、色づきが良く
なるのではないかと思われる。

 そんなに秋っぽくはないのだけれど、せっかく見つけたのだか
ら無くなってしまう前に食べておこうと思い、注文する。
 受け取って最初の印象は、小さい。宣伝で見ているとゴツくて
厚みがあって、口に入らなさそうな大きさに思えるのだけれど、
実物を手にとって見ると、普通のハンバーガーよりパンのサイズ
も小さく感じてしまった。流石にメジャーを持ってきて計りまで
しなかったから、正確には目の錯覚で小さく見えただけかもしれ
ないけれど、食べ物が小さく見えてしまうというのはいかがなも
のかと思う。小さく見せることで、限定感と高級感を醸しだすと
いう作戦なのか。

 味はとっても美味しかった、グラタンというよりクリームコロ
ッケではないかと思うのだが。上にはソース、下にはタルタルソ
ースだと思う白いソースがあり、どちらもイイお味。
 今度はいつになるかわからないけれど、また食べたい一品でし
た。

ーー


88
最終更新日 : 2016-06-25 17:31:18

試し読みできます

20131027近況飯ゲームエッセイ

 今年初めての鍋は昼食だった。

 白菜が結球して大きくなり、春菊が柔らかく食べ頃になってき
たからだろうか、お鍋を食べることとなった。朝が寒くなってき
たので、昼間から鍋を食べてもそれほど暑くはないだろうと判断
してのことと思う。
 昼食にしたのも、一番人数が揃うのがお昼だからだろう。人数
の少ない鍋は、入れる具も少なくなってしまうので、後のおじや
がいまいち美味しくなくて寂しい物になる。

 入っていた具材は、
豚肉
鶏肉
白菜
春菊
今日は初めての鍋ということで、少し豪華に牡蠣が入れられてい
た。沢山入れると値がかさむので、少しだけしか入っていなかっ
たが、貝類はほんの少し入れるだけでもいい出汁が出て、鍋全体
が美味しくなってくれるのがとてもありがたい。

 やっぱり鍋は良い、どんなに寒くても鍋を食べると体が温まり
真冬でも汗をかきながら食事することになる。
 しかし、やはりまだ昼間から鍋を食べるには少し暖かかった。
アツくて汗だくになってしまい、シャツを着替えることとなり、
熱いので今回はおじやは見送りとなってしまった。
 残念なのは、今日は夕食に参加できないこと。せっかくの牡蠣
の出汁が入ったおじやを、一口も味わうことが出来ないなんて、
鍋をしておきながらこれほど寂しい思いをするとは思わなかった。

 まあしかし、まだ秋もそれ程深まっていな時期から鍋を食べ始
めたら、これからいくらでも食べる機会があるでしょうから、ま
た次の機会を楽しみにしています。次に牡蠣が入るとはおもえま
せんが。

ーー


89
最終更新日 : 2016-06-25 17:31:18

試し読みできます

20131028近況飯ゲームエッセイ

 おやつに黒棒を食べる。
体にもココロにも甘い一品だった。

 仕事で疲れて帰ってきた時に、この黒棒があると夕食前でもつ
い食べてしまう。食べているととてもほっとする、疲れた体に染
みこんでいくようなしみじみとした美味しさだと思う。

 この黒棒という名前は商品名なのか、この手のおかしをまとめ
て呼ぶ一般的な名前なのかわからない。裏書を食べながら見てい
ると、大体どのメーカーも九州の会社で、国産の小麦を使ってい
るところが多いのが特徴。
 九州では昔からある郷土のおかしなのだろうか、周りにからめ
てある黒糖についてまでは何処産か書かれていなかったが、郷土
のおかしならば昔は近くで採れた黒糖を使っていたのだろう。

 黒糖の原料となるサトウキビが栽培できるほど、暖かくない地
域に住んでいる私としては、九州の子供はいいもの食べているな
あと思ってしまう。
 しかし、サトウキビが採れるほど温かいということは、それほ
ど暖かくない地域にはない自然の脅威とも付き合わなければなら
ないのだろう。いつか読んだ「毒蛇」という一冊には、ハブと付
き合う人達の苦労が書かれていた。毒蛇と言えばマムシくらいし
かしらない私としては、この本を読んだだけでハブが恐ろしくて
仕方がない。

 それぞれの地域にはそれぞれの苦労があるのだから、あまりお
気軽に羨ましがっててはいけないのかもしれないなと思いました。

ーー


90
最終更新日 : 2016-06-25 17:31:18

試し読みできます

20131103近況飯ゲームエッセイ

 ここ最近、身内の法事で連日味の濃い食べ物ばかり食べた。
ごちそうなので嬉しかった。

 そういう風に思えたのも二日目まで、三日目になると体のほう
がかなり辛くなってきてしまった。美味しいとは思えるのだけれ
ど、いつもの様に沢山食べたくはならない。少し食べるとお腹が
重たいような感じを受けて、食べられなくなってしまう。
 三日目の夕食、最後の会食の時にはごちそうが続くことのきつ
さを思い知らされる。贅沢な話ではあるけれど、ごちそうはやは
りたまに食べるから美味しい物なんだなと思った。

 そんな風に数日を過ごしたので、今日の昼食にはあっさりした
ものが食べたくて仕方がなかった。
 冷蔵庫をあさって何かあっさりと食べることが出来るものがな
いかと探し、あまり具になるようなものが無かったが、雑炊を作
ることにした。具になるものが無かったのは、あっさりしたもの
を食べようとしていたのでちょうどよかった。

 疲れているであろう胃に元気を与えるために、ネギと生姜をタ
ップリと入れてタマゴを入れて仕上げる。味付けも薄くして、食
べやすくしておく。
 一口食べるとあっさりしているというより薄い、出汁を入れる
量が少なすぎたのだろうが、今日はこの味の薄さがありがたい。
生姜の香りとネギの味があっさりさを強調していて、疲れた内蔵
を元気にしてくれるような気がした。

 家で食べるご飯が、やっぱり何より美味しいなと思います。

ーー


91
最終更新日 : 2016-06-25 17:31:18


読者登録

出雲一寸さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について