閉じる


<<最初から読む

85 / 132ページ

試し読みできます

20131019近況飯ゲームエッセイ

 朝食にサンドイッチを食べる。
朝からこってりとした一品だった。

 今日は仕事が休み、朝ごはんもゆっくりと用意してゆっくりと
食べることができる。そのため何を食べようかと余計に悩んでし
まい、食べ始めるのが8時を過ぎてしまった。余裕があったらあっ
たで、時間は使ってしまうもののようです。
 悩んで決まったのがサンドイッチ、食パンは2枚使うことにする。
中身には冷蔵庫に残っていた魚肉ソーセージと、小さいウインナ
ソーセージを使うことにする。

 パン二枚は香ばしさを出すためにシッカリ目にトーストする、
普段あまり食パンを食べないので、パンの焼ける匂いがとても新
鮮に感じられる。
 焼きあがったパンの真ん中を少し凹ませ、そこにソーセージを
ならべる。
ソーセージ類はパンに合わせて長さを整える、魚肉の方は包丁
を汚すのも面倒だから手でちぎってしまう、なかなかにワイルド
なのだろうか?開いている隙間に小さい方のソーセージを並べる、
ドンドンと埋まっていく隙間に比例して豪華さが増していく。

 味付けは体に悪そうな感じで攻めていく。まずはお好みソース、
ソーセージの隙間に入るようにかける。次はマヨネーズ、コレは
ソースと直角に交わるようにかけていく、特に意味は無い、見た
目のことと思ったが、もう一枚のパンで挟んでしまうので食べる
時には見えない。最後にトマトケチャップ、家にあるものは甘み
の強い種類なので、お好みソースの甘味を考えてあまりかけない
ように気を付ける。

 出来上がったら即食べる、焼いたパンがまだ温かいうちに食べ
るとより作りたて感があって美味しく感じられる。
 自分で作っておきながらなんだけれども、手作りなのにジャン
クフード感が半端じゃなく強い。野菜類が一切入っていないとこ
ろが、いかにも体に悪いジャンクフードのように見える。
色合いも鮮やかさにかける、野菜は全く使っていないので緑色は
皆無。ケチャップの赤色だけが、こころばかりの彩りとなってい
るが、齧ってしまうと混ざってしまう。

 ああ、体にわるいものを食べているなぁと思わずにはいられな
いが、体にわるいものは大抵美味しいというのも事実。
ジャンクフードはどんなに健康志向が強まっても、無くなること
は無いのだろうなと思いました。
ーー


85
最終更新日 : 2016-06-25 17:31:18

試し読みできます

20131021近況飯ゲームエッセイ

 先日、夕食にお好み焼きを食べる。
少し変わった具を入れた一品となった。

 具の少ない時は、粉とキャベツだけで生地を作って、豚肉をの
せるのだが、今回は他にも色々と入れてみた。
 他所ではどうか知らないけれどうちでは定番の魚肉ソーセージ、
繊維質とカルシウム補強と食感のアクセントにこんにゃく、そし
て更にコクを増すためにちくわを刻んで入れてみた。
そしてここからが今日のメインの追加の具、トロけるチーズを入
れてみた。

 普段と違うことは焼いている途中から分かった、チーズが焼け
る匂いがしていつもとは雰囲気が違う。まるでグラタンを焼いて
いるような香ばしい香りが、ホットプレートで焼きあがりつつあ
るお好み焼きから発せられる。
 目の前で焼いているものは紛れも無くお好み焼きの見栄えなの
だが、漂ってくる匂いは物凄く洋の風情。フォークとナイフで食
べたほうがいいのかしらと思うが、上にかけるのはお好みソース
なのでフォークとナイフは多分似合わない。やはり箸でなければ。

 表面をカリッと焼き上げて、お皿にもってソースとマヨネーズ
をかけていただきす。
 …焼いていた時から想像するよりも、ずっといつも通りの味わ
いだった。あれほど香ばしい洋風の匂いを放っていたチーズが、
予想外に味が薄い。とりあえず溶けて伸びているのだけれども、
チーズが入っているという味があまりにも薄い。
 25センチくらいのボールの8分目くらいの量の生地に、100グラ
ム以上は入れたと思うのだけれど、使ったチーズの味がもともと
うすいのだろうか?今度入れる時は、トロけるチーズではなく普通
のスライスチーズなどを入れたほうがチーズの味は楽しめるかも
しれないなと思った。

 こうして色んな具を入れてよく分かるのは、魚肉ソーセージの
味の強さだった。
 ちくわ、チーズ、豚肉と、味がする具の中にあって、更にソー
スとマヨネーズをかけているにもかかわらず、魚肉ソーセージは
全く自分を変えること無くそこにある。強い。強すぎる。

 昔からよく食べている魚肉ソーセージだけれど、気を付けて食
べ過ぎないようにした方がいいかもしれないと思いました。
なんでもそうだけれども、食べ過ぎると体に悪いものでしょうし。

ーー


86
最終更新日 : 2016-06-25 17:31:18

試し読みできます

20131023近況飯ゲームエッセイ

 昼食に茶漬けを食べる。
いつ食べてもあっさりと美味しい一品だった。

 昼食の時間に間に合わなかったので、少し遅くなってオカズに
ありつくことが出来なかった。いつでも同じ時間に食事が出来る
わけではないので、まあこんなこともよくあること。
 何か作ろうかと思ったけれど、作るための材料を探してみたが
メインのオカズになりそうなものは全て冷凍されていたので、解
凍してから調理すると夕食になってしまいそうだったので、もう
お茶漬けにしておくことにした。

 いつも道理のお茶漬け海苔におにぎりのもとを追加、今日はそ
こにカブの漬物を添えていただいた。
 そろそろ冬野菜も大きくなってきていて、大根の葉っぱは少し
食べづらくなりつつある頃の様子。少し時期をずらして作られて
いるカブは、浅漬にして食べるにはちょうどいい頃合いなのだろ
う。とても美味しかった。
 まだ柔らかくてしかし菜っ葉の歯ごたえはある、カブの部分も
少し膨らんできていて、とても可愛いけれどきちんとカブになっ
ている。カブ独特の香りもしっかりあって、コレが苦手な人はも
う食べられないかもしれない。

 まだまだこれから冬野菜が美味しくなっていくので、また楽し
みな季節が来るのだなと思うとうれしいです。

 夕食にパスタを食べる。
シンプルで美味しい一品だった。

 今日の具材はツナと玉ねぎ。味付けは醤油で整えた和風の味付
けにしてあった。
 いつもはこのまま食べるのだけれど、今日は先日購入しておい
たとろけるチーズを入れて少し洋風にして食べてみた。

 いつもならとてもあっさりしたパスタなのだけれど、チーズを
入れると途端にしっかりとしたコクが加わる。チーズの味はそれ
程強くはないが、先日食べたチーズ入りお好み焼きの時に比べる
と、まだチーズの味を感じることが出来ていい具合。
 味が薄くて物足りないように思う溶けるチーズだけれど、元の
味付けがあっさりしたものに加えるのならば、丁度いい具合なの
ではないだろうか。香りも醤油を邪魔すること無く、チーズの香
りがしていた。

 味の薄さも使いようなのだなと思いました。

ーー


87
最終更新日 : 2016-06-25 17:31:18

試し読みできます

20131025近況飯ゲームエッセイ

 昼食にグラタンコロッケのハンバーガーを食べる。
とろりとしたグラタンコロッケとソースの相性が抜群の一品だっ
た。

 買い物に出かけた先のフードコートで、某有名ファーストフー
ド店で食べた。秋になるとこのメニューが発売されるので、テレ
ビを見ているだけでも季節の変化が確認できて、季節限定メニュ
ーと言うのは具合がいい。
まあしかし、私の住んでいるところは田舎なので、外を見ればす
ぐに山。山を見ている分には、まだまだ秋には遠い色合いだが、
今回の台風が過ぎてしまうと一気に季節が進んで、色づきが良く
なるのではないかと思われる。

 そんなに秋っぽくはないのだけれど、せっかく見つけたのだか
ら無くなってしまう前に食べておこうと思い、注文する。
 受け取って最初の印象は、小さい。宣伝で見ているとゴツくて
厚みがあって、口に入らなさそうな大きさに思えるのだけれど、
実物を手にとって見ると、普通のハンバーガーよりパンのサイズ
も小さく感じてしまった。流石にメジャーを持ってきて計りまで
しなかったから、正確には目の錯覚で小さく見えただけかもしれ
ないけれど、食べ物が小さく見えてしまうというのはいかがなも
のかと思う。小さく見せることで、限定感と高級感を醸しだすと
いう作戦なのか。

 味はとっても美味しかった、グラタンというよりクリームコロ
ッケではないかと思うのだが。上にはソース、下にはタルタルソ
ースだと思う白いソースがあり、どちらもイイお味。
 今度はいつになるかわからないけれど、また食べたい一品でし
た。

ーー


88
最終更新日 : 2016-06-25 17:31:18

試し読みできます

20131027近況飯ゲームエッセイ

 今年初めての鍋は昼食だった。

 白菜が結球して大きくなり、春菊が柔らかく食べ頃になってき
たからだろうか、お鍋を食べることとなった。朝が寒くなってき
たので、昼間から鍋を食べてもそれほど暑くはないだろうと判断
してのことと思う。
 昼食にしたのも、一番人数が揃うのがお昼だからだろう。人数
の少ない鍋は、入れる具も少なくなってしまうので、後のおじや
がいまいち美味しくなくて寂しい物になる。

 入っていた具材は、
豚肉
鶏肉
白菜
春菊
今日は初めての鍋ということで、少し豪華に牡蠣が入れられてい
た。沢山入れると値がかさむので、少しだけしか入っていなかっ
たが、貝類はほんの少し入れるだけでもいい出汁が出て、鍋全体
が美味しくなってくれるのがとてもありがたい。

 やっぱり鍋は良い、どんなに寒くても鍋を食べると体が温まり
真冬でも汗をかきながら食事することになる。
 しかし、やはりまだ昼間から鍋を食べるには少し暖かかった。
アツくて汗だくになってしまい、シャツを着替えることとなり、
熱いので今回はおじやは見送りとなってしまった。
 残念なのは、今日は夕食に参加できないこと。せっかくの牡蠣
の出汁が入ったおじやを、一口も味わうことが出来ないなんて、
鍋をしておきながらこれほど寂しい思いをするとは思わなかった。

 まあしかし、まだ秋もそれ程深まっていな時期から鍋を食べ始
めたら、これからいくらでも食べる機会があるでしょうから、ま
た次の機会を楽しみにしています。次に牡蠣が入るとはおもえま
せんが。

ーー


89
最終更新日 : 2016-06-25 17:31:18


読者登録

出雲一寸さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について