閉じる


<<最初から読む

65 / 132ページ

試し読みできます

20130911近況

 先日、魚肉ソーセージのサンドイッチを食べた日、昼食もパン
食だった。

 普段土日祝日に出かけるのは、混雑が嫌なので出来るだけ避け
るようにしているのだけれど、休みが重なってしまったので出か
けることとなった。
 出かけた先はショッピングモール、予想していた通りの混雑具
合で、多分夏休みが終わってからすぐの休みだからか子供も多か
った。
 それでも朝一番はそれほどでもなかったが、昼食時となるとひ
どいものだった。

 最初はフードコートで食べようと思い近寄ってみたが、すでに
座るところがないくらいヒトがいて、断念してレストラン街の方
へ移動した。
 しかしそこも当たり前のように混んでいて、各店舗の前には行
列が出来ていて、少なくとも30分待ちという状態。やはり土日祝
日に出かけるのはまずかったと、少々公開しながら少しでも空い
ているお店を探す。

 一通り探して1つだけ並ばなくても入れそうなお店を発見、席も
沢山空いている。お店はタリーズコーヒー、きっと昼食時なので
コーヒーショップは少しまだ混んでいなかったのだろう、昼食が
終わって一息ついた頃に混んでくるのかもしれない。
 うろうろしてお腹も空いてきていたので、すっとお店に入って
メニューを見てみたところ、ピザとドリンクのセットが有るでは
ないですか。コーヒーとお菓子くらいしか無いのかと思っていた
ので、これはありがたいと即そのセットを注文した。

 ボリュームはそれほどでもなかったが、長い長い行列に並んで
食べるよりも、こちらの方がよっぽど良かったと思う。
味はとても美味しかった、ピザにしてはチーズの味があまり感じ
られなかったのは、チーズ好きだと少々物足りないところかもし
れないが、苦手な人にはより美味しく食べやすいのではないだろ
うか。
 しかし、私が食いしん坊だからかもしれないけれども、やはり
量が物足りない。結局アボカドとわさびソースのパストラミホッ
トドッグを追加で頼むこととなった。
こちらも大変美味しい、わさびソースの爽やかさがハムやソーセ
ージのコクを和らげて、とても食べやすかった。

 これといって好き嫌いがないので、どんなお店にでも入れるの
で助かったなと思います。

ーーーーー


65
最終更新日 : 2016-06-25 17:31:18

試し読みできます

20130916近況

 先日、昼食にお茶漬けを食べる。
疲れている体に染み渡る、あっさりとした一品だった。

 少し大きめのお茶碗にご飯をよそうのだけれど、一般的には少
し少なめによそうのだそうだが、私は結構食いしん坊なので普段
通りによそう。ただこうすると、お湯やお茶をかけた時にどうし
ても溢れそうになってしまうので、やはり少なめにしたほうがい
いのかもしれないが、やめない。

 ご飯にお茶漬け海苔をかけて、お湯を注いで食べるのがいつも
の食べ方だけれど、ミブナの古漬けがあったので追加で乗せて食
べる。
 古漬けになっているため酸味が出ているが、これこそが古漬の
味わい。酸っぱくなっているからといって、傷んでいるのではな
く、糠漬けの乳酸発酵による酸味の発生だろうから大丈夫。
食べ慣れていなければ腐っているのと間違えて捨ててしまいそう
だが、それではもったいないと思う。

 お茶漬けに塩味と酸味が加わって、実に複雑な味わいとなり、
とても美味しい。このお茶漬けの美味しさを味わったら、世の中
の漬物が全部古漬になったらいいのにと、思うことさえある。
 しかし、古漬になるにはまず新漬を作らなければならず、作ら
れているのを知っているのに食べるのを我慢するのは難しい。
結局古漬になるまでに大方の漬物を食べてしまって、古漬は貴重
になってしまうのである。

 さてこの美味しい古漬だけれど、どうしても避けられない難点
がある。古漬なのでどうしても臭いが少々強く出ているので、漬
物の容器のフタを開けた瞬間などはちと厳しい。顔に近づけてい
たときは、目に染みることもある。
 この臭いも味わいの一つといえばそうなのだけれど、好みでな
いヒトにはかなりきつく感じられることと思う。
未だ食べたことはないが、滋賀県の名産の鮒ずしなども臭いで有
名だが、慣れるまで我慢すれば美味しいのかもしれない。

 今年も冬になったらミブナがとれて漬物で食べられるだろうか
ら、それまで古漬があればいいなと思い、少しずつ楽しんでいま
す。

ーーーーー


66
最終更新日 : 2016-06-25 17:31:18

試し読みできます

20130917近況

 書類やレシートの整理によく固形のスティックのりを使うのだ
けれど、アレのカタチが丸いのはなんとかならないものだろうか。

 書類やレシートは大抵四角くて、角が尖っているのにもかかわ
らず、ノリの塗るために使う面は円。がんばれば隅っこのほうま
で塗れるのだけれど、どうせなら最初から三角や四角にしておい
てくれたら、もう少し使いやすいと思うのだけれども。

 夕食にひっぱりうどんを食べる。
すっかり定番となった一品だった。

 今回つけダレに入っていたのは、納豆と鯖缶。またもやネギが
入っていなかった、多分作ってくれた家族がねぎに興味が無いか
らだろうが、少し味と香りが寂しくなってしまう。
自分の好みの味に仕上げようと思ったら、やっぱり自分で具材を
調達する所からしなければいけないのかなと思う。
 しかし、自分で食料品を買い込む所から全て面倒見るのであれ
ば、私の家族のすることが全く無くなってしまう。私の負担も大
きくなってしまって、正直つらい。
一人暮らしをしているのなら、やらなければ健康管理もうまくい
かないだろうが、せっかく家族がいるのならそれに甘えていたい
というのが正直な気持ちなのだ。

 完全に自立した大人になるというのは大変なことだなと思いま
す。

ーーーーー


67
最終更新日 : 2016-06-25 17:31:18

試し読みできます

20130924近況

 先日、夕食にパスタを食べる。
何とも言えず複雑でコジャレた感じの味わいだった。

 家で食べる時、パスタの味付けの定番はミートソースや明太子
のソースなのだが、今回は少し変化が欲しかったので、ちょっと
変わったソースを買ってみた。
 いつぞや外で食べて美味しかったことを思い出して、バジリコ
とオリーブオイルのペースト状のソースを買っておいた。いわゆ
るジェノベーゼというやつだと思う、パスタの淡黄色に鮮やかな
緑色が目にも美しい一品。

 家でソースと合わせて食べるのは初めてなので、どんな仕上が
りになるのかなとウキウキしながらパスタが茹で上がるのを待っ
ていた。キッチンタイマーは規定の時間でかけてあるのだけれど、
つねに茹で具合を確かめながら、鍋の前に張り付いて。
 茹で上がったパスタをざるにあげて、あまり茹で汁を切りきっ
てしまわない内に鍋に戻し、パスタソースをシッカリとからめる。
 絡めて一本取り出して味見をしたが、少々味が薄く感じられた
ので、もう少し味を足そうと思った。しかし、塩だけで味を整え
たら少しさびしくなりそうだったので、日本人らしく醤油をたら
そうとした。なぜかこんな時に限って醤油差しに醤油がはいって
おらず、まあいいやと麺つゆで代用しておく。

 食べてみたのだけれど、冒頭でも書いたとおり何とも複雑な味
わい。バジリコの香りとオリーブオイルの香りに混じって、ソー
スに入っていた松の実の味と香りだろうか、コレがとても目立っ
ていた。けっして強すぎるわけではないが、松脂の匂いが感じら
れ、酸味も加わっているように感じられる。だからといって、傷
んでいるような不快な匂いや味ではないので、コレがこのソース
の味なのだろう。
 バジリコとオリーブオイルなので、店で食べた時と同じ味にな
るだろうと思っていたが、このソースはまた違った種類の物だっ
たのかもしれない。初めての味なので戸惑ったが、子供の頃から
食べていれば、きっと美味しく食べることが出来るであろう味だ
った。

 今度買うときは、松の実の入っていないものにした方が私の好
みに合うだろうなと思いました。

ーーーーー


68
最終更新日 : 2016-06-25 17:31:18

試し読みできます

20130925近況

 昼食にカレーを食べる。
いつ食べても安心の美味しい一品だった。

 今回食べたカレーはポークカレー、人参やジャガイモがゴロゴ
ロしている具の大きい仕上がり。シッカリと野菜を食べている感
じがして、食べごたえがあった。
 食べていて思ったのだが、いつもと比べて少々塩辛い。作って
くれた家族にルーが塩辛い種類のものなのだろうかと聞いてみた
ところ、私に頼んでおいた買い物がお昼に間に合わないと思って、
コンソメで野菜を煮て、ポトフのようにして食べようと思ってい
たからではないかとのこと。
 なるほど、それなら普通のオカズとして食べることが出来る一
品であるところに、カレールーを足し入れたら、塩加減は強くな
るのは当然のことだと思う。

 いつもより塩辛いために、ついついご飯を多めによそって食べ
てしまう。それにもかかわらず、いつもの同じようにおかわりし
て食べてしまったので、お腹がパンパンになるくらい食べてしま
った。
 これくらい食べてももう食べたくないとは思わないところが、
カレーの美味しさであり恐ろしいところ。ついつい食べ過ぎてし
まって、どうにも体にはよろしくないような感じがしてしまう。

 カレーが太りやすいようなきがするのは、ルーが油で練って固
めてあるからなのではないだろうか。だれでも手軽にカレーを作
ることが出来るルーは、とてもありがたいものだけれども、お肉
の油以上に油分をとってしまうところはなんとかならないものだ
ろうか。単純に食べ過ぎなければいいとはいえ、そこがカレーの
魔力で難しい。
 本場のインドだったら、スパイスを調合する所から料理を始め
るだろうから、油で練って固めることもないだろうし、きっとと
てもカロリーを抑えて美味しく作ることが出来そうに思う。
スパイスも挽きたてで、香りも鮮やかで、そう考えると本場とい
うのはやはり一番いいものを食べているのかもしれない。
 まぁでも、本場のカレーと今多く日本で食べられているルーか
ら作るカレーは、全くの別物だろうから、どちらがいいかは食べ
比べてみないと分からなさそうではある。

 食べ過ぎなければ体には悪いはずがないので、要するに気を付
けて食べれば美味しく食べ続けられるんだろうなと思います。

ーーーーー

 


69
最終更新日 : 2016-06-25 17:31:18


読者登録

出雲一寸さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について