閉じる


<<最初から読む

63 / 132ページ

試し読みできます

20130906近況

 先日、ひっぱりうどんを食べた時に思っていた、きっとご飯に
も合うだろうという考えを試すために、具材を合わせてご飯にか
けて食べた。

 鯖の味噌煮缶が無くて、代わりに秋刀魚の味噌煮缶があったの
で、カンヅメはこれでいくことにする。その他の具材は、
納豆
ネギの代わりにミブナの古漬け
沢庵の古漬けを醤油で漬け直したもの
全てが細かく切ってあったので、あとは混ぜて食べるだけだった。

 テレビで見たときは水煮の缶詰が使われていたが、私はやはり
味噌煮の方が合う。醤油の味を楽しみたい方には、水煮のほうが
いいのだろうと思う。
 今回は味噌煮缶の味に加えて、漬物の味がシッカリとしている
ので、醤油で味を整えることはしなかった。納豆についていたタ
レも、味を見てから使おうと思ったが、結局使うこと無く食べき
ってしまった。

 味の方は思っていたとおり、うどんもいいがご飯にもとても合
う。納豆のヌルヌルのお陰でご飯が喉を通りやすく、少しの具材
が残っていたら、ご飯を追加してもするすると食べることが出来
た。
 納豆のタレを入れる必要がないくらい、カンヅメの味と漬物の
味で十二分に美味しく頂ける。ご飯を足したときは、一緒に漬物
も足すと、味が薄くならなくていい感じだった。

 難点は食べ過ぎてしまうところ、納豆のヌルヌルでご飯がどん
どんとお腹に収まってしまい、気が付いた時には苦しくなる直前
だった。もう一つの難点は、匂いが結構なものであるところ。
おなじみの納豆の匂いに加えて、入れている漬物が古漬けなのだ
から、それはそれは日本的な味わいのある深い臭さ。
私は全く気にならないけれども、ダメな人にはかなりきつい匂い
に感じられることだろうと思われる。
 今回は古漬けがあったからたまたま入れてみたのだけれど、私
にとっては大成功だった。漬物が苦手な人は、元のレシピ通りに
ネギを入れるほうが無難なのではないかと思います。

ーーーーー

 


63
最終更新日 : 2016-06-25 17:31:18

試し読みできます

20130909近況

 先日、朝食にサンドイッチを食べる。
すごく単純だけれど美味しい一品だった。

 朝にご飯が無いことが多い私の家では、朝食にはおにぎりを食
べることが多い。しかしいつもそれではいささか疑問が湧いてく
る、おにぎりだけでおかずもあまりないので、非常に黙々と食べ
終えてしまうからだ。
 仕事のあるときは、この様な簡単な朝食がとてもありがたいけ
れども、先日は休みだったので自分で用意することにした。
気分転換は、自分で考えなければ出来ないということだろう。

 使った食材は、
食パン二枚
魚肉ソーセージ二本のみ、後は味付けのための各種ソースだけだ
った。
 作るというほどのことはしているわけではなく、トーストした
食パンに、縦に割った魚肉ソーセージを面積いっぱいに敷き詰め
て、ソースをかけるだけ。入りきらなかったソーセージはそのま
ま先に食べてしまった。
 味の決め手となるソース類は、
お好みソース
トマトケチャップ
マヨネーズの三種類。サンドイッチを作るときは、パンにバター
やマーガリンをぬってコクを出す人もいるだろうけれど、油分控
えめにするために今回は無しにした。
 ソースの配分は大体同じくらいの量になるように、魚肉ソーセ
ージを敷いた溝に入れるようにかけておく。山の部分にかけても、
圧力で溝に入るだろうけれど、パンを重ねた時に外に漏れにくい
ように一応の配慮をしてみる。

 一口食べるととても美味しい、三種のソースが混ざり合って複
雑な味だけれども、甘さ塩加減酸味と程よいバランスの味付けに
なったように思う。ソースを掛けた上にコショウなどの好みのス
パイスをかけると、より一層の楽しみが出来たかもしれないが、
それは次の機会にためしてみることにする。
ソースのマヨネーズの部分をからしマヨネーズにして、先にパン
に塗っておいても良かったとも思う。
 気を使って溝にかけるようにしたソースだけれども、何度かか
ぶりついている内に、結局端から漏れて出てしまった。白い服で
食べるのは、カレーうどん並みに危険な食べ物なのではないだろ
うか。

 自分で何か工夫して食べるのは、やはり楽しいものだなと思い
ました。ソーセージ切っただけであってもです。

ーーーーー


64
最終更新日 : 2016-06-25 17:31:18

試し読みできます

20130911近況

 先日、魚肉ソーセージのサンドイッチを食べた日、昼食もパン
食だった。

 普段土日祝日に出かけるのは、混雑が嫌なので出来るだけ避け
るようにしているのだけれど、休みが重なってしまったので出か
けることとなった。
 出かけた先はショッピングモール、予想していた通りの混雑具
合で、多分夏休みが終わってからすぐの休みだからか子供も多か
った。
 それでも朝一番はそれほどでもなかったが、昼食時となるとひ
どいものだった。

 最初はフードコートで食べようと思い近寄ってみたが、すでに
座るところがないくらいヒトがいて、断念してレストラン街の方
へ移動した。
 しかしそこも当たり前のように混んでいて、各店舗の前には行
列が出来ていて、少なくとも30分待ちという状態。やはり土日祝
日に出かけるのはまずかったと、少々公開しながら少しでも空い
ているお店を探す。

 一通り探して1つだけ並ばなくても入れそうなお店を発見、席も
沢山空いている。お店はタリーズコーヒー、きっと昼食時なので
コーヒーショップは少しまだ混んでいなかったのだろう、昼食が
終わって一息ついた頃に混んでくるのかもしれない。
 うろうろしてお腹も空いてきていたので、すっとお店に入って
メニューを見てみたところ、ピザとドリンクのセットが有るでは
ないですか。コーヒーとお菓子くらいしか無いのかと思っていた
ので、これはありがたいと即そのセットを注文した。

 ボリュームはそれほどでもなかったが、長い長い行列に並んで
食べるよりも、こちらの方がよっぽど良かったと思う。
味はとても美味しかった、ピザにしてはチーズの味があまり感じ
られなかったのは、チーズ好きだと少々物足りないところかもし
れないが、苦手な人にはより美味しく食べやすいのではないだろ
うか。
 しかし、私が食いしん坊だからかもしれないけれども、やはり
量が物足りない。結局アボカドとわさびソースのパストラミホッ
トドッグを追加で頼むこととなった。
こちらも大変美味しい、わさびソースの爽やかさがハムやソーセ
ージのコクを和らげて、とても食べやすかった。

 これといって好き嫌いがないので、どんなお店にでも入れるの
で助かったなと思います。

ーーーーー


65
最終更新日 : 2016-06-25 17:31:18

試し読みできます

20130916近況

 先日、昼食にお茶漬けを食べる。
疲れている体に染み渡る、あっさりとした一品だった。

 少し大きめのお茶碗にご飯をよそうのだけれど、一般的には少
し少なめによそうのだそうだが、私は結構食いしん坊なので普段
通りによそう。ただこうすると、お湯やお茶をかけた時にどうし
ても溢れそうになってしまうので、やはり少なめにしたほうがい
いのかもしれないが、やめない。

 ご飯にお茶漬け海苔をかけて、お湯を注いで食べるのがいつも
の食べ方だけれど、ミブナの古漬けがあったので追加で乗せて食
べる。
 古漬けになっているため酸味が出ているが、これこそが古漬の
味わい。酸っぱくなっているからといって、傷んでいるのではな
く、糠漬けの乳酸発酵による酸味の発生だろうから大丈夫。
食べ慣れていなければ腐っているのと間違えて捨ててしまいそう
だが、それではもったいないと思う。

 お茶漬けに塩味と酸味が加わって、実に複雑な味わいとなり、
とても美味しい。このお茶漬けの美味しさを味わったら、世の中
の漬物が全部古漬になったらいいのにと、思うことさえある。
 しかし、古漬になるにはまず新漬を作らなければならず、作ら
れているのを知っているのに食べるのを我慢するのは難しい。
結局古漬になるまでに大方の漬物を食べてしまって、古漬は貴重
になってしまうのである。

 さてこの美味しい古漬だけれど、どうしても避けられない難点
がある。古漬なのでどうしても臭いが少々強く出ているので、漬
物の容器のフタを開けた瞬間などはちと厳しい。顔に近づけてい
たときは、目に染みることもある。
 この臭いも味わいの一つといえばそうなのだけれど、好みでな
いヒトにはかなりきつく感じられることと思う。
未だ食べたことはないが、滋賀県の名産の鮒ずしなども臭いで有
名だが、慣れるまで我慢すれば美味しいのかもしれない。

 今年も冬になったらミブナがとれて漬物で食べられるだろうか
ら、それまで古漬があればいいなと思い、少しずつ楽しんでいま
す。

ーーーーー


66
最終更新日 : 2016-06-25 17:31:18

試し読みできます

20130917近況

 書類やレシートの整理によく固形のスティックのりを使うのだ
けれど、アレのカタチが丸いのはなんとかならないものだろうか。

 書類やレシートは大抵四角くて、角が尖っているのにもかかわ
らず、ノリの塗るために使う面は円。がんばれば隅っこのほうま
で塗れるのだけれど、どうせなら最初から三角や四角にしておい
てくれたら、もう少し使いやすいと思うのだけれども。

 夕食にひっぱりうどんを食べる。
すっかり定番となった一品だった。

 今回つけダレに入っていたのは、納豆と鯖缶。またもやネギが
入っていなかった、多分作ってくれた家族がねぎに興味が無いか
らだろうが、少し味と香りが寂しくなってしまう。
自分の好みの味に仕上げようと思ったら、やっぱり自分で具材を
調達する所からしなければいけないのかなと思う。
 しかし、自分で食料品を買い込む所から全て面倒見るのであれ
ば、私の家族のすることが全く無くなってしまう。私の負担も大
きくなってしまって、正直つらい。
一人暮らしをしているのなら、やらなければ健康管理もうまくい
かないだろうが、せっかく家族がいるのならそれに甘えていたい
というのが正直な気持ちなのだ。

 完全に自立した大人になるというのは大変なことだなと思いま
す。

ーーーーー


67
最終更新日 : 2016-06-25 17:31:18


読者登録

出雲一寸さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について