閉じる


<<最初から読む

31 / 132ページ

試し読みできます
20130318近況、読書録「上野正彦の「死体学」ノート」

 先日の夕食にハヤシライスを食べる。
溶けそうなくらい柔らかくなった玉ねぎが美味しい一品だった。

 カレーは煮込みがかかった二日目が美味しいとよく言われるけ
れど、ハヤシライスもそうかもしれない。しっかりと煮込まれて、
玉ねぎがほとんど原型を残しておらず、その甘味がたっぷりと楽
しめるようになっていた。
 この前読んだ、アーユルヴェーダを基にした本によると、食べ
物はどんなものでも新しいほうがいいように書いてあったと記憶
している。二日目のカレーが美味しいというのは、ただの勘違い
のように言われていたけれども、それは多分、インドの本場のカ
レーの話かと思う。

 シッカリと煮込まれたハヤシライスだが、二日目のしかも二杯
目ともなると、少しそのまろやかな味付けに飽きが来るのも、正
直な感想。
 そこで今回は少し味に変化をつけるために、二杯目には胡椒を
少々振りかけて頂いた。まろやかなハヤシライスの味わいに、胡
椒のスパイシーさが加わって、また違った味わいになり、より美
味しく頂くことが出来た。

 実は胡椒以外にも、菜っ葉の漬物と煮豆をトッピングしていた
のだが、基の味付けとの調和を考えると胡椒が一番合うように思
う。
 煮豆は全く別々の味が混ざり合っていただけと言った感じで、
不味くはないがどちらに対してももったいないことをした感が否
めない。

 ハヤシライスとマメを合わせるのならば、最初からハヤシライ
スの具材として、茹で上げたマメを入れて煮込めば美味しいので
はないかと思う。自分で作っているのではないので、次作るとき
にお願いすることを忘れてしまうように思うが。
 お肉の代わりにマメを入れるか、お肉の分量の半分をマメにす
れば、カロリーも抑えられてたんぱく質は同じように摂れそうな
気がするので、カロリーが気になる人にも嬉しいメニューになり
そうに思う。

 まあどんな物を入れたとしても、カレーと同じく大体同じよう
な美味しさに仕上がりそうな気がするので、ハヤシライスソース
は便利だなと思いました。

ーーーーー


31
最終更新日 : 2016-06-25 17:31:18

試し読みできます
20130322近況、読書録「こんなものを買った」

 昼食にふきのとうの佃煮を食べる。
強い香りと一緒に苦味を感じるが、それもまた美味しい一品だっ
た。

 今日食べた佃煮は二回目、一回目は一週間くらい前にいただい
たのだけれど、今年はどうも不作のようであまり頻繁に食べさせ
てもらえない。自然の物だから出来不出来があるのはどうしよう
もないが、好きなものは沢山食べたいのが人情というものではな
いかと思う。

 佃煮にされたふきのとう本体で、美味しくご飯を食べるのはも
ちろんのこと、残った煮汁も決して捨てること無く頂く。
ふきのとうの香りがタップリと移った醤油は、それだけでごちそ
うとも言えるのではないだろうか。
 豆腐があったら冷奴にしてこれをかけてたべるのだけれど、今
日は無かったのでご飯に直接かけていただいた。この直接かける
時は、少しずつかけながら食べるのが私は好きなのだが、茶碗の
そこに溜まるほどかけるのが好きな人は、煮汁が沢山出来るよう
に作ってもらうと楽しめると思う。

 ご飯や豆腐にかけて食べるのも美味しいのだが、もっと美味し
いのはとろろ昆布に吸わせて、それでご飯を頂く方法。
とろろ昆布自体出汁の塊のようなものなのに、そこにふきのとう
の香りを付けて食べるのだから、単純でありながらこれほど食欲
を刺激する物が美味しくないはずがない。
 一番の難点は、これだけでご飯を食べてしまうので、一杯は必
ず多めにご飯を食べてしまうところ。食べてしまって苦しくなっ
ても、それはそれで幸せな気分。

 鍋の季節は終わりつつあって寂しいのだけれど、春はオカズが
生えてくる嬉しい季節なので、今は春をしっかりと楽しみたいと
思います。

 ゲームを買う。
無双OROCHI2ハイパー。
三国志や日本の戦国時代の英雄たちを操って楽しむアクションゲ
ーム、いわゆる無双ゲーム。
 かぐや姫で遊ぶことが出来るなんて、なんて素敵なんだろう。

ーーーーー


32
最終更新日 : 2016-06-25 17:31:18

試し読みできます
20130330近況、読書録「落語的学問のすすめ」

ネタバレがあるかもしれません。

ーーーーー

 ゲームをプレイする。
無双OROCHI2ハイパー。
とても寝不足。

 とりあえずストーリーモードでシナリオはひと通りクリアする
ことが出来た、プレイすればするだけキャラクターが成長するの
で、最後のステージでも難易度難しいでクリア出来た。
 使っていたキャラクターの内、一人に経験値を集中して振り分
けたおかげで、最終章に入る前に成長限界まで育てることが出来
たので、あまり苦労すること無くひと通り遊べた。

 最終メンバーは、
魏延レベル99
司馬昭レベル76
かぐや65
運が良かったのだろう、希少な武器の属性が終盤の早くに手に入
ったため、かなり楽に進めた。というよりも、レベルを上げすぎ
ていたのかもしれない。
 魏延がお気に入りなので、仲間に入ってからずっと集中して育
ててしまったため、このようなレベルに。お気に入りを育てるの
は、とても楽しい作業だった。興味の無い家族にしてみたら、画
面に向かってただひたすらボタンを押しているように見えるので、
いつも不思議がられるのだけれども。

 クリアした後、ネットで調べたいい武器属性の手に入れ方をす
るために、小喬を育て上げた。正直あまり趣味ではないが、運上
昇の能力を持っていてまだ使いやすそうだったので、育ってもら
うことにした。
 同じキャラばかりで遊んでいると飽きちゃうので、お供のキャ
ラクターは時々入れ替えて楽しむ。おかげでバラバラにレベルが
上ったキャラクターがわんさかと出てしまった。
こういうのを見ると、時分の気持ちの落ち着きの無さが見えてし
まって、ちょっと情けないような気分になってしまう。

 まだ使用可能になっていないキャラクターもいるので、まだま
だ寝不足の日々が続きそうです。
 とても幸せです。

ーーーーー


33
最終更新日 : 2016-06-25 17:31:18

試し読みできます
20130403近況、読書録「一齣漫画宣言」

 昼食に筍を食べる。
今年二回目のタケノコでまだまだアクが少なくて刺身でも美味し
い一品だった。

 刺身はわさび醤油で頂く、茹でた栗のようなほのかな味わいで、
ご飯のオカズとして食べるのではなくて、季節の楽しみとして頂
く嬉しい一品だと思う。
 わさび醤油ばかりだと口の中が塩っぱくなってしまうので、時
々つけダレを変えて食べてみる。今回はあまり変わったことをせ
ず、あっさりとポン酢につけて食べてみた。元があっさりしてい
るので、なにを付けても大抵頂けるのだが、タケノコの味がわか
らなくなってしまうほどこってりしたタレには付けないほうがい
いかもしれない。

 刺身以外には我が家では定番の煮物、こちらもあっさりと醤油
と出汁、砂糖またはみりんであまり煮過ぎないようにして食べる。
非常におだやかなタケノコの味わいを楽しめる一品だが、やはり
あまりご飯のオカズとしては物足りなさを感じてしまう。

 もう少しすると、あくが強くて硬くなったタケノコが手に入る
ので、そちらはシッカリとアク抜きをして濃い目の味付けで食べ
る。
 炒めものにせよ煮物にせよ、タケノコの味よりも食感を楽しむ
という方が強い。少し硬めになったタケノコは、堅いけれどもさ
くさくとした歯ざわりが気持ちいい。
 美味しさの表現で、やわらか~いという言われ方がされるけれ
ども、ものにもよると思う。柔らかくて甘いという表現の仕方ば
かりが目立つように感じるのは、私が見ている番組が悪いのかも
しれないけれども。

 これからしばらくはタケノコが手に入りやすいので、ゆっくり
と楽しみたいと思います。

ーーーーー


34
最終更新日 : 2016-06-25 17:31:18

試し読みできます
20130409近況、読書録「パンの耳の丸かじり」

 昼食にタケノコの煮物を頂く。
まだまだ柔らかくて食べやすい一品だった。

 まだ時期が早いために、株の部分が少なくてほとんど穂先とい
っていいくらいのタケノコなので、堅いところはない。
 もう少し時期が進むと、手に入るタケノコも大きくなってきて、
それにつれて根っこに近いところはどんどん硬さを増していく。
私は今のところ歯がまだ丈夫なので、少々硬くても美味しく食べ
ることが出来る。しかし、家族の中には歯が悪い者もいるので、
その煽りを受けて堅いところばかり食べることになってしまう。

 確かに少々硬くても美味しく頂くのだけれど、いつもいつもガ
リガリと堅いところばかり食べさせられると、やはり嫌気が差し
てしまう。
 その点今の時期は、どこを食べても柔らかいので、とても有り
難く思う。柔らかさに飽きてしまう前に、硬さを楽しむ時期に入
っていくのもいいところかもしれない。

 自然の摂理からは外れてしまう希望だけれど、堅い時期と柔ら
かい次期が交互に訪れるようなタケノコが出来たらいいなぁと思
う。遺伝子組み換え技術を使えば、出来ないこともないように思
う。
 ただこういうわがままに合わせて、植物を作り変えてしまうと、
それに合わせて困ったことも出てくるだろうなと思う。
年がら年中生えてくる竹が出来ると、タケノコ目当ての虫や獣が
ずっと発生し続けることになるんじゃないかなと、今簡単に考え
ただけでも思い浮かぶ。
 それに、一年中タケノコが食べられるとなると、この春先の楽
しみに対する感動が無くなってしまうのではないだろうか。一年
に一度やってくるからこそ、食べ物の旬というのはうれしいしあ
りがたいのではないだろうかと、改めて思う。

 タケノコが硬くなって食べられ無くなったら、また来年まで頑
張って過ごしたいと思います。

ーーーーー


35
最終更新日 : 2016-06-25 17:31:18


読者登録

出雲一寸さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について