閉じる


<<最初から読む

23 / 132ページ

試し読みできます
20130225近況、読書録「毒を出す食ためる食」

 昼食にオムライスを食べる。
デミグラスソースが美味しい一品だった。

 ショッピングセンターのレストラン街に新しく出来たオムライ
ス屋で、今回はいるのは初めてだったのだが、メニューがメニュ
ーだけにそれほどハズレを引くこともないだろうと思いながら入
る。
 お昼時だったので、当然のことながらランチメニューがあった。
オムライスとハンバーグのセットメニューで、写真で見た限りボ
リュームもタップリ有りそうだったので、ランチメニューにする
ことにした。

 嬉しいことにソースを複数の中から選ぶことが出来た、5種類く
らい会ったのだけれど、今日は洋食な気分であったので、デミグ
ラスにする。
 ご飯も二種類から選ぶことが出来るようになっていた、鶏めし
とケチャップライスから選べるが、ソースとの兼ね合いを考えて
鶏めしにしておく。

 この店のウリは、ご飯のベースが雑穀ごはんになっているとこ
ろと、たまごや野菜が自然栽培の物を使っている所。
たまごや野菜の味の違いを感じ取れるほど、私は舌が敏感ではな
いのでわからないけれども、雑穀ごはんはなかなか面白い美味し
さだった。
 白米以外の物のお陰で食感がぱらぱらとしていて、ソースを掛
けて食べるオムライスにはちょうどいい具合なのではないだろう
か。オムライスに限らず、チャーハンに使っても、パラパラに仕
上がりやすそうでいいかもしれない。
 一緒についていたハンバーグはかなりの大きさで、オムライス
のほうが小さいくらいだった。味の方もよく、デミグラスソース
をつけて食べると、オムライスと別に白飯が欲しくなる。

 美味しくていいお店だったのだけれど、肝心のオムライスのボ
リュームが少々物足りなく思う。
あと、平日だからだろうけれども、ウェイトレスが一人しかいな
いようで、注文と配膳が全然間に合っていない様子だった。
忙しく仕事をしているにもかかわらず、客から責められるのはか
なり気の毒に思う。もう少し考えて人員を増やしてあげてほしい。
 呼び出しボタンを押しても注文を取りにこれないほど忙しいよ
うでは、結局儲けのチャンスをロスすることになるんじゃないか
なと思いました。

ーーーーー


23
最終更新日 : 2016-06-25 17:31:18

試し読みできます
20130228近況、読書録「知っておきたい日本の神様」

 ゲームをクリアする。
グランディアエクストリーム、少し前に遊んだグランディア3の一
つ前の作品になるのだと思うが、てっきりこちらの方が後発だと
勘違いしていた。
 しっかりとパッケージなどを見ていれば、エニックスとスクウ
ェアが合併する前の作品であることに気がつけたのだが、見落と
してしまっていた。

 戦闘システムはシリーズで共通していて、時間の流れと敵の行
動に合わせて戦略的に戦うことを強く求められるもの。
RPGをプレイする上で多くの時間を割くことになる戦闘を、面白く
楽しく過ごせるというのはとても大きな長所だと思う。
 キャラクターの成長も楽しめる作りになっている、キャラクタ
ーと言うよりは、付け替え可能なスキルを育てて楽しむ方に重点
がおかれているように思う。キャラクターの特色は伸びやすい能
力と、装備できる物の違い、スキルを装備するために必要なブッ
クと呼ばれるアイテムと魔法を使うために必要なマナエッグと呼
ばれるアイテムの装備できる数、これらによって出されている。
あとは個々の必殺技。

 マナエッグの合成で魔法は強くなっていき、持たせる魔法とス
キルの組み合わせで、同じキャラクターでも全く違った戦い方が
出来るようになるが、マナエッグとスキルブックの装備数が決ま
っているので、どうしても限界が出てくる。
 この辺をどう工夫するかにプレイヤーの個性が出て、楽しみが
広がるところなのではないだろうか。

 その他のシリーズと比べるのはどうかと思うが、先に遊んだ3は
シナリオとムービーをたくさん楽しむ作りになっていたが、今作
は戦闘とダンジョンを楽しむ作りになっているように思う。
 このため3と比べると、ダンジョンに滞在している時間が大変長
く、またセーブポイントもダンジョン内に無いため、一回のプレ
イ時間が長くなりがちになる。途中でダンジョンから抜け出せる
のだが、そこに行くまでの時間が長く、少し疲れることもあった。
 目の疲れや肩のこりが出やすい人は、途中で出られる所ででて、
マメにセーブして休むほうがいいかもしれない。まぁどのような
ゲームをするにしても言えることだろうけれども。

 一応シナリオはクリアしたようだけれど、まだなにかやり残し
た事があるような風になっていて、長く楽しむことが出来るよう
です。
 タップリの時間と根気の強い人にはピッタリの一本だと思いま
す。

ーーーーー


24
最終更新日 : 2016-06-25 17:31:18

試し読みできます
20130302近況、読書録「知っておきたい日本の神話」

 グランディアエクストリームをクリアして、後日談に入ったの
だけれども、そろそろきりが無くなってきた感じがあったので、
プレイすることをやめることにする。
 ありとあらゆるアイテムを集めて、ありとあらゆる敵を倒し尽
くすまで遊ぶ人もいるのだろうけれども、私にはそこまでの根気
が無いので、シナリオをクリアしてあと少し遊んだ所で終わりと
しておく。

 こういうあっさりとした遊び方をするようになったのは、きっ
と大人になって自分でゲームを買えるようになったのが大きいと
思う。子供の頃は、誕生日等の特別なときにしかゲームソフトを
買ってもらえることがなく、一度買ってもらったら最低半年はそ
のソフトで遊ばなければならなかったので、否が応にもしっかり
と遊びつくすことになっていたのだろう。
 その時はもっと新しいゲームで遊びたいと思っていたのだけれ
ど、隅々まで遊びつくせたのは、今よりも幸せだったのかもしれ
ない。今はどうしてもあっさりと遊んで終わってしまいがち、仕
事をしなければならなくなっているのだから、仕方ないというよ
りこれくらいでなければ仕事に差し支える。

 少しずつでもいいから同じゲームをやり尽くしてから、違うゲ
ームに移ったらいいのではないかと思われるかもしれないけれど
も、そこはやっぱり飽きが来る。
 仕事をするようになって、ゲームをする時間は減ってしまった
が、その分購買力は高くなっている。そこに面白そうなゲームが
あるのだから、どうしても新しいゲームに目移りしてしまう。
 よくものすごいプレイ動画を動画サイトで見るが、同じゲーム
をひたすら遊び続けられるというのは、かなりの才能だと思う。

 私はそこまで突き詰めることが出来ないので、程々に楽しく遊
びたいと思います。

ーーーーー


25
最終更新日 : 2016-06-25 17:31:18

試し読みできます
20130305近況、読書録「あるべき場所」

 ゲームをプレイする。
「サモンナイト」一番最初のやつ、多分。

 ラスボスを倒してクリア後のお楽しみに突入していた、グラン
ディアエクストリームだが、あまりにも長くかかってしまいそう
なので、思い切って見切りをつけた。遊び終わってネットの評判
を見てみたところ、結構賛否両論入り乱れていて、そういう意味
でも面白いゲームだと思う。
 戦闘を楽しむことに特化した内容なので、評価が分かれるのは
仕方ないかもしれないけれども、特にストーリーに対する評価が
悪かった。本編ストーリーは確かにあっさりしていたので、話を
楽しみたくて買った人には物足りなかっただろうと思う。けれど、
物足りない部分は脳内補填しながら遊べば、まあそれなりになる
気もする。

 まあとにかくプレイ続行を諦めて、次のサモンナイトに進んだ。
可愛らしいキャラクターが活躍するシミュレーションRPGで、分か
りやすく例えると、ターン制のタクティクスオウガといった感じ。
 タイトルにあるように召喚がゲームの肝になっているようだけ
れど、第七話現在使い勝手のいい召喚魔法が手に入っていない。
そのため、物理で殴ることが多くなってしまう。召喚したモンス
ターを戦わせることもできるが、まだいまいち弱いので、使い捨
ての壁くらいにしか使えない。
 楽しく遊べるようになるには、もう少しかったるい感を我慢す
る必要があるようだ。

 遊んでいて気になることは、プレイステーションのゲームなの
で、今の液晶モニターにPS2のD端子で映すと、あらゆる絵がギザ
ギザになってしまうところ。テレビの画像調整でもっとソフトに
調整すればいいのだろうけれど、時間の流れと技術の進歩を感じ
られるので、そのままプレイを進めている。

 成長システムが工夫されていて面白い、というか育てていて楽
しい。ステージが終わった時点で生き残っていたキャラクターで、
その戦闘で手に入った経験値を分配することでレベルアップさせ
る。プレイヤーの好みで一人のキャラクターだけを育てることも
出来るし、平均的に育てることも出来る。
 レベルアップ時のパラメータ成長も、ボーナスを振り分けられ
るのだが、まず一定の成長をした上でボーナス点を足す方式なの
で、かなり偏った育て方をすることが出来るにもかかわらず、弱
点もそれなりにカバーできる。ヘビーな遊び手にとっては物足り
ないかもしれないが、私のようなしょぼい遊び手には丁度いい。

 まだ始めたばかりなので、どうなるかわからないけれど、面白
く遊べています。

ーーーーー


26
最終更新日 : 2016-06-25 17:31:18

試し読みできます
20130306近況、読書録「十七歳だった!」

 夕食に鍋を食べる。
あっさりとしていて暖かい一品だった。

 今日の具材は、
鶏肉
白菜
大根
人参
えのきたけとどれもあっさりとした味わいのものばかり。
 今回は緑の野菜を切らせていたために、見た目も随分あっさり
としていた。

 つけダレもこれといった工夫をせずにあっさりと、行こうと思
っていたのだけれど、少々物足りないのでゴマをすりおろして入
れた上に七味を振って頂いた。
 少々食感がザラついてしまうところはあるけれども、すりたて
の胡麻の香りが香ばしく、あっさりとした具材に変化を付けてく
れてより美味しく頂ける。

 最後の締めにはうどんを頂く、茹でてあるうどんを入れるので、
少し温まったら柔らかくなり過ぎないうちに頂く。
 うどんにもすりごまが絡みついて、味わいにコクがつくような
感じでとても美味しい。

 緑の野菜が手に入りにくくなってきて、そろそろ冬も終わり、
鍋の季節も終わってしまうのかなあと、しみじみ思う。
 年が若い頃の鍋といえば、お肉が具材の中で何よりも重要な事
が多いかもしれないけれど、今は野菜の重要度が高くなっている。
お肉そのものよりも、そこから出た出汁を吸い尽くした野菜を食
べる美味しさが嬉しくなってきているので、野菜が少ない鍋は物
足りなく感じてしまう。

 少々季節が外れたとしても、スーパーに行けば野菜は手には入
るだろう。けれど、無理をして農家の方が作ってくれているとい
うことは、それだけ価格も苦しくなってくる。なかなか手軽に沢
山食べることが難しくなってしまい、自然と少なくなってしまう。
 しかしコノくらいが丁度いいのかもしれない、いつまでも冬の
菜っ葉が安くてに入ると、気候が変わって暖かくなっているのに
鍋を食べたくなってしまい、そのうちクーラーを効かせながら鍋
を食べるようになってしまいそうに思う。

 また来年美味しく鍋が食べられるように、一年間頑張って働か
なければいけないなと思いました。

ーーーーー


27
最終更新日 : 2016-06-25 17:31:18


読者登録

出雲一寸さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について